黄金鳳 (こがねほう)

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  昭和10年頃
登録    昭和 年
作出者  (愛知県三河吉田)
命名者   沢田松太郎 (愛知県)
登録者   日本おもと連合会

胡麻斑系の中型種。葉長15㎝、葉幅3㎝内外。葉肉はやや薄く、垂れぎみになる。黄色の鮮明な胡麻斑を散りばめ、これを黄色みがかった大覆輪が縁どり、たいへん美しい品種。葉芸は甲竜、シカミ竜を現す。性質は丈夫で、繁殖は普通。昭和10年頃愛知県三河地方で生えたもので、豊明園初代水野淳治郎が見つけ出し、愛知県半田市の沢田松太郎氏が求めて命名する。