芸州 (げいしゅう)

分類    薄葉系統  縞甲系
作出年代     昭和45年
登録    昭和58年
作出者   不詳 (愛知県)
命名者   多賀弘 (広島県)
登録者   多賀弘 (広島県)

 

芸州(げいしゅう) 6年生 4号鉢  縞甲系としてはやや小型種。独特の強い紺性の地合いで、きわめて葉繰りが良く、折下げの良いきれいな葉姿である。やや細目の葉幅で葉先が鋭く尖り、白色の覆輪を深く現す。まれに玉竜も現す。その名が示す通り、広島地方で広く愛培されていた。性質は強健で、採光は強めにして、施肥はやや弱めにする。繁殖はきわめて良好で栽培しやすい品種である。

芸州(げいしゅう) 6年生 4号鉢濃緑色の鋭い葉に総雅糸竜を現す、葉繰り良い品種。丈夫で育てやすい品種。採光はやや強めにして管理

芸州(げいしゅう) 4年生 3.8号鉢