壽冠 (じゅかん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和36年
登録    平成7年
作出者    加藤庄市 (愛知県)
命名者    関戸稔 (埼玉県)
登録者    関戸稔 (埼玉県)

壽冠 (じゅかん)  4年生 鉢3.5号 艶消し地の重厚な地肌に雅糸竜・熨斗葉・剣葉を見せる。実親は「カキガラ錦福」より作出されました。当才の時より加藤実生として注目を集めていました。

おもと 壽冠(じゅかん)熨斗葉、盛り上がる雅糸竜、剣葉を現す小型種。今現在これほど芸に伸びしろのあるおもとはなく、棚入れ希望者が殺到している最高貴品。柔らかい艶消し地の当歳より注目を集めた。豊明園にて修行していた加藤庄市氏作出の貴品。実親『カキガラ錦福』は小型羅紗作出には不可欠になっている。性質は弱め。採光は普通、肥料は少なめ。芋吹きで殖やす。銘鑑の横綱の位置にあり、まだ数が数えるほどしかなく、羅紗の芸の素晴らしさを味わえる。