妙峰 (みょうほう)

分類    羅紗系統
作出年代  不明
登録    平成9年
作出者    豆板某 (兵庫県)
命名者    服部弘 (京都府)
登録者    山下喜司 (大阪府)

妙峰 (みょうほう)  5年生 鉢3.8号  昭和45年頃、兵庫県池田市在住の趣味者から、京都三光園服部弘氏が十数本程に殖えた実生を買い入れ、当地の地名にちなんで『妙峰』と命名する。立ち葉で、葉元は広く、葉先は鋭く尖り、葉一面に総雅糸竜を現し、少し黄色みを帯びた覆輪は深くかかり黄金色に輝き、綺麗である。性質は強く、葉繰はやや悪いが、容姿端麗である。採光はやや弱いほうが良く施肥は普通が良い。

妙峰(みょうほう)2年生 3.3号鉢 葉先尖り肉厚の葉に総雅糸竜を見せます。葉全体を覆う黄色の大覆輪が魅力です。性質は強健。