宝生殿 (ほうせいでん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和3年
登録    昭和12年追認
作出者   大岡某 (愛知県)
命名者   恒川保太郎 (愛知県)
登録者   日本萬年青連合会

宝生殿(ほうせいでん) 4年生 鉢 3号  実親『大宝』から生まれた。昭和8年に命名者が譲り受けて命名し盛大な披露宴を催して全国に棚割りされた。葉長4㎝、葉幅2㎝内外の小型種。濃紺緑色の紺地で、葉先は尖って葉肉は厚く、首は太い。雅糸竜、剣葉、鈴虫剣など多芸である。黄色み帯びた覆輪が輝き、襟組みも良く、落ち着いた小型の代表品種。小型のため培養が難しいとされていたが、至って強健である。採光は普通で施肥は多少強め。繁殖はほとんど芋吹きである。

宝生殿(ほうせいでん) 3年生 鉢 3号

濃紺緑色の葉に剣葉・折熨斗葉を見せる小型希少品種
性質は中、採光を強く採ると剣葉が出やすい。