敷島 (しきしま)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和39年
登録    平成2年
作出者    杉山真一郎 (愛知県)
命名者    丹下和郎 (愛知県)
登録者    丹下和郎・平野吾知 (愛知県)

敷島(しきしま) 6年生 鉢 3.8号 『大宝』より生まれた品種である。葉長6㎝、葉幅2.5㎝内外。葉色は紺性強く、葉肉の厚い地合いに白い覆輪を深く現し、やや広めの樋葉の葉形と丸止めの葉先に折り熨斗、甲竜、雅糸竜、そして重厚な短い剣葉も現す品種。姿よく折り下げた左右の葉繰りは乱れることがなく、端正な葉姿になる。性質は普通だが、採光・施肥ともに控えめにする。品数は少なく、入手希望者は多い。

敷島(しきしま) 1年生 鉢 3.3号 1年目から葉姿整いはっきりとした深覆輪が魅力的。

敷島(しきしま) 2年生 鉢 3.5号

濃緑色の厚い葉に白い覆輪、甲竜を現わし葉姿の美しい。
性質は強健で作りやすい品種。

葉繰りよく、左右対称に形が整う。