天童 (てんどう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和40年
登録    昭和61年
作出者     森嶋豊一  (愛知県幡豆郡)
命名者     牧野博  (埼玉県)
登録者     牧野博  (埼玉県)

 

中型種。実生の収集家として有名であった小田井律樹氏が培養し始めての子を登録者に棚割りした。その後順調に殖えて命名した。全体の葉姿と若きの頃の愛嬌あるところが、その名の由来である。艶消し地の粗れ地で、白い覆輪がその輪郭を鮮明にする。熨斗葉、雅糸竜、鈴虫剣、剣葉などを現す。性質は強健、繁殖は芋吹きによって殖やす。

天童(てんどう) 芋吹き2年目 鉢3.0号 濃緑色の葉に熨斗葉、二面竜を見せ、薄い覆輪を現す。

天童(てんどう) 3年生 鉢3.3号 覆輪が深く入り熨斗葉の芸も一段と厳しく見せる。