大黒殿 (だいこくでん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和初期
登録    昭和年
作出者    不詳(愛知県)
命名者    鈴木某(静岡県)
登録者

大黒殿(だいこくでん) 4年生 鉢3.8号 姿形が整い十二単のように襟合わせが美しい丈夫な品種です。覆輪は純白く苗の時から現われます。繁殖は良く作り易い品種。

大黒殿(だいこくでん) 3年生 鉢3.5号

生長すると、葉元の【襟組】の美しさが素晴らしい。おもとには、万年、青々とという素晴らしい意味が込められています

端正な葉姿を、純白の覆輪が縁取り、上品。性質は丈夫で、子上げ良く、よく殖えるので、初心者さんから楽しめます。葉先はとがる。葉が、一年に3枚から6枚ほどでて、すぐに賑やかな葉姿に。楽しみな木ですね。

大黒殿(だいこくでん) 2年目の子供、首元を持ち手でわれます。植え替えと株分け、新根が勢いよく出ています。この時期(5月18日)の植え替えはおもとを抜いてすぐ植え付けします。姿が美しい、姿本位の品種。

大黒殿(だいこくでん) 3年生

 

大黒殿(だいこくでん) 5年生 鉢3.8号