雪光冠 (せっこうかん)

分類    羅紗系統
作出年代  大正時代
登録    昭和9年
作出者    雪島源八郎 (静岡県)
命名者    雪島源八郎 (静岡県)
登録者    日本萬年青連合会

中型種。幅の広い肉厚の葉が、整然と左右にバランス良く並ぶ。総雅糸竜を現す葉芸からは雄大な感じを受けるが、地質は滑らかで女性的でさえある。紺性はやや弱く、覆輪は淡く黄色みがかっているため、滑らかでしっとりとした味わいがある。性質は普通。採光・施肥ともに普通。子上げは少なく芋吹きは良好。じっくりと作ってみたい数少なくなった銘品である。

雪光冠(せっこうかん)1年生 3号鉢 濃緑色の葉、葉縁に薄く白い覆輪を見せる。

中型種。葉は濃緑色で青みが強く、なめらかな地肌をしている。年若いうちは背の高い雅糸竜が荒々しく出るが、年を経て細かい竜を出し、総雅糸竜となって純白の覆輪が竜さきまでかかる。性質は普通、子上げ良い品種。