春雪 (しゅんせつ) 

分類      薄葉系統 獅子系
作出年代    昭和50年頃
登録    不詳
作出者   (愛知県)
命名者   水野輝男 (愛知県)
登録者   不詳

春雪(しゅんせつ)3年生 葉長13㎝、葉幅3㎝内外。矢筈縞甲獅子。艶消し地で、葉肉は厚くボリュームがあり、成木になるにつれて、雅糸竜が現れる。肉厚の葉のわりに巻が良く、円を描くように綺麗に巻き込む。採光を十分採ると矢筈柄がきれいに現れ、採光が弱いと矢筈柄が消え青くなる。しかし翌年また採光を十分採ると矢筈柄が戻ってきます。性質は強く、繁殖は良い。採光・施肥ともに強めが良い。初心者から手軽に楽しめる品種である。

春雪(しゅんせつ)6年生 濃緑色の葉に白い矢筈柄を見せ低い雅糸竜竜を現します。大柄に入る矢筈柄葉の裏から見ると矢羽の模様が良く分かります。性質は強健で作りやすい品種。新芽の伸びる時期に日光を充分に採ると柄が出やすい。

春雪(しゅんせつ)6年生 矢筈虎斑を現す獅子。性質は強健で作り易く株立ちになりやすい。出芽の時、午前中の日光を充分当てると柄の白さが増します。濃緑色の葉に白い柄を見せます。葉の裏から見ると矢羽の模様が良く分かります。日作りに作ると葉が厚くなり巻具合が硬くなる。性質は強健で作りやすい品種です。

春雪(しゅんせつ)3年生 葉肉厚く全体に雅糸竜を見せる。出目の頃より午前中の採光を充分にすると白く美しい柄になります。白い矢筈柄が美しくなります。繁殖は良い強健品種。

春雪(しゅんせつ)7月6日写真白い矢筈柄の美しい品種。
気温の高い時期柄が現れやすい。良く柄を出すには春先より日光を他のおもとより余分(1~2時間)に取っています。

 

春雪(しゅんせつ) 7月20日写真
丈夫で葉肉の厚い品種、他のおもとより強めに太陽光を採っています。矢筈系等は一番美しい時期。