萬寿鳳 (まんじゅほう)

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  昭和48年
仮登録   昭和 60年
作出者   山田良典 (熊本県)
命名者   五十嵐良夫 (新潟県)
登録者   五十嵐良夫・斎藤正 (新潟県) 平野吾知(愛知県)多賀弘(広島県)

葉長8㎝、葉幅3㎝内外の胡麻斑系の中型種。『金剛錦』×『大宝』の交配により作でされる。中立ち葉のバランスの良い葉姿に、鮮明な胡麻斑が美しく、深い白覆輪と見事に調和し、胡麻羅紗の魅力を最大限に生かした代表品種。低い雅糸竜に甲竜、跳ね竜、玉竜などの葉芸は多彩である。性質は普通で、子上げが良く、繁殖は良い。採光は、やや強めにするほうが胡麻斑が鮮明になり、葉芸も強くなる。施肥は中程度が良い。

萬寿鳳(まんじゅほう) 1年生 3.3号鉢