金鳳 (きんぽう)

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  昭和46年
仮登録   昭和 60年
作出者   水野淳蔵 (豊明園2代)
命名者   水野淳蔵 (愛知県)
登録者   水野淳蔵 (愛知県)

 

品種 金鳳 (きんぽう) 5年生 鉢 3.8号

葉全体に胡麻斑を見せ、腰太く葉先は尖り、中ほどから折り下げる。黄白色の覆輪を見せ二面竜も現す。葉繰りも良く子上も良い品種。採光は強めにして作る、肥料は普通。

品種 金鳳 (きんぽう) 5年生 鉢3.8号 中型種で厚い葉肉で葉繰り良く、美しい胡麻斑に黄覆輪がかかる。性質は普通。実親「金剛錦」に「福寿龍」を交配して作出しました。

金鳳 (きんぽう) 鉢 3.0号 1年生胡麻斑に黄覆輪を見せる姿が美しい。

ゴマ斑をもち、黄金の胡麻を葉に散らし、独特の地合いがあります。採光を強めに管理すると葉姿が良くなり、特に覆輪が深くなり、胡麻斑も美しくなります。