華宝 (かほう) 

分類    羅紗系統
作出年代  不明
登録    昭和30年
作出者    不詳
命名者    服部弘(京都府)
登録者    服部弘(京都府)

葉長10㎝、葉幅4㎝内外の大型種。濃緑色の浮き地に白い覆輪を掛ける。当才、2才の頃は、剣葉系統を思わせるやや葉肉の薄い地であるが、芸を始める頃より葉肉を増して、鈴虫剣、本剣、甲竜、雅糸竜、と多彩な芸を現す。性質は強健で採光は強く、肥料は普通に、繁殖は良い。

華宝 2年生 濃緑色の広い葉に二面竜・剣葉・熨斗葉を見せてきました。性質は強、肥料強め。

華宝 3年生