太白山 (たいはくざん) 本高隈

分類    大葉系統 虎系
作出年代  享保11年(1726)以前か
登録    昭和40年
作出者   川越家が見出す
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

太白山(たいはくざん) 2年生 鉢約12.5cm

「太白山」とも、「高隈山」「本高隈」とも呼ばれ、高隈系統の代表品種。高隈系統の先祖か、現在では数少なく希少になってきた。鷲高隈はより立ち葉だが、こちらの木は素直な姿、扇のような姿をみせる。葉長は60cm~70cmになります。葉は裏骨強く、紺性強め雪白の虎を現し、暗むことはほとんどない、強い直射日光には注意するが、春から夏の朝日を採ることで柄がよくでる。

「高隈」系の代表品種で、宮之城町舟木の平八重喜内氏(97才)のお話では、「大正15年、宮之城線工事に際し、川越家の旧屋解体のとき、倉庫の中の家系図の記録の中に享保11年(1726年)「高隈」を持ってきたとあります」