白雀 (しろすずめ)

分類    薄葉系統  群雀系
作出年代    昭和10年代(1935年)
登録    昭和27年
作出者   不詳
命名者   水野淳治郎(豊明園初代)
登録者   日本萬年青連合会
作出地   愛知県 

濃緑色の葉に純白の虎斑が入る、性質は強健で作りやすい品種です。
午前中、採光を強く採ると柄が現われやすい。庭植えにも最適品種。豊明園 初代 水野淳治郎が生前、オモトに生涯を賭けました最後の品種手がけた品種で、一目みて特徴がはっきりとして美しい。このおもとをみておもとを始める人も多い品種で、美しい虎柄と、丈夫で美しい大好きなおもとです。

白雀 (しろすずめ)

白雀 (しろすずめ) 鉢6号 葉幅2㎝、葉長10~15㎝の中型種。強い紺地の厚葉に、純白の虎をみせる強健品種。群雀系統の代表品種で、春から夏の芽の伸びる頃、しっかりと採光をとり、肥料をやると流れるような虎が現れ美しく出来る。主に子上げで殖やす。地植えでも良く育ち、入門者でも失敗することなく、お祝いおもととしても喜ばれる。