金峰山 (きんぽうざん)

分類    大葉系統  覆輪系
作出年代  昭和55年頃
登録    平成9年
発見者    不詳 (鹿児島県)
命名者    森山喜代可 (鹿児島県)
登録者   森山喜代可 (鹿児島県)
作出地    鹿児島県

小久保高嶺(島津家藩士清水町小久保家で培養された品種)の根代わり。

大葉覆輪系統の最高峰で「小久保高嶺」から変化した品種。葉長40㎝、葉幅8㎝内外。葉姿は受け葉になり、濃緑色の美しい葉で、成長するに従い覆輪が段々と深くなり、根元から葉先まで幅広い大覆輪を見せる。株全体を見ても力強さを感じる容姿である。大葉覆輪の良さを、余すところなく現している逸品である。性質は強健で子上も良い。採光・施肥ともに強めが良い。これから大葉系の代表品種。

葉に艶があり深い大覆輪を見せる、大葉覆輪系統の王様。

葉元から覆輪の幅が広い。