吉祥 (きっしょう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和43年頃
登録    昭和60年
作出者    水野淳蔵(愛知県)
命名者    宮川茂夫(福井県)
登録者    宮川茂夫(福井県)

艶消しの地は濃緑色で葉肉厚い。白い覆輪が深く現れるので、雅糸竜の葉は全面が白くなり、表面は柔らかな浮き地となる。葉姿は葉先が鋭く、葉長が短く引き締まり、芸は熨斗葉、雅糸竜、剣葉も現す。葉は全体に立ち葉で力強い。性質は強健であるが、子上は少ないので、芋吹きにて増やす。『吉祥』という名称の由来は吉兆にかけたか、吉祥天のふくよかな容貌を連想したのだろうか。

艶消し地は濃緑色で葉肉厚い。重厚な白い雅糸竜を見せる。
葉先は鋭く、葉繰りの良い品種

吉祥(きっしょう) 2年生  鉢 3.0号

 

吉祥(きっしょう) 5年生 鉢3.5号
葉全体を白覆輪で覆い重厚な姿に出来上がる。