月光冠 (げっこうかん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和10年代
登録    昭和25年
作出者    野田角太郎 (北海道)
命名者    榎本敏一 (神奈川県)
登録者    榎本敏一 (神奈川県)

「出世鏡」と「大車」の交配によって作出された品種で、「玉輝冠型」のひとつである。中型種。葉色は濃緑色で年がたつに従って白い糊をひき、覆輪が徐々に深くなり、甲竜、雅糸竜をあらわす。首元から葉先にかけて穏やかなふくらみを持ち、先端は尖っている。葉繰り良く、左右の均整がとれ、姿勢の良い美しい品種である。羅紗系統の中では普通の採光にする。施肥も普通で良い。性質は強健で、子上げも芋吹きも良く、育てやすい品種である。

月光冠(げっこうかん) 6年生 3.5号鉢
濃緑色の艶消し地で葉繰りが良く姿の乱れない美しい品種。性質は強健で作りやすい品種。

 

月光冠(げっこうかん) 3年生 3.3号鉢 少し芸を見せ始め、覆輪が深くなる。