臥牛獅子 (がぎゅうじし)

分類      羅紗系統 獅子系
作出年代    昭和63年
登録      平成18年
作出者   清宮芳英(千葉県)
命名者   米倉慶蔵(福岡県)
登録者   米倉慶蔵(福岡県)多賀弘(広島県)

葉肉の厚い獅子葉で、牛の角のように力強く巻く姿は小型ながらボリュームを感じる。銘鑑には羅紗として登録されるほどの羅紗芸の良さで、羅紗獅子の王様。若い頃はあまり巻かず羅紗と見分けが付かないが、本芸を見せ変化してくる過程が面白い。性質は強健、芋吹きで殖やす。採光、肥料は普通。

中小型の羅紗系獅子で、濃緑色の強い紺性の良い地合いは緻密である。葉肉は至って厚く、ゆったりと巻く姿は、これぞ羅紗獅子と言わせる。幅広の葉に雪白の覆輪は、葉の縁を明瞭にし、葉の表面を櫛で引いたような低い雅糸竜や、甲竜を現す。性質は強健で、採光は普通、施肥も普通。子上げは少ないので、芋吹きで殖やす。愛好家なら一度は手掛けてみたい品種。