貫禄 (かんろく)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和年代
登録    昭和年
作出者     不詳(愛知県)
命名者     田淵徳(香川県)
登録者      (県)

イメージ 7

 

貫禄(かんろく)

戦前尾張地方で生えた実生で、香川県高松市の故田淵徳氏が入手、培養増殖し、昭和35年に命名する。本種は、葉幅3cm、葉長8cm内外の羅紗系統のなかでも中型種で、首元は太くなり、ずんぐりとして重量感が感じられる。濃紺緑色葉に、雪白の覆輪が深くかかり、見応えのある品種である。

葉幅は広く葉先は尖り、葉繰り良く二面甲竜、熨斗葉、たまに鈴虫剣を現す。性質はやや強く、繁殖は普通である。採光・施肥は普通が良い。

しっかりと日をとって出来ています。芸は渋いが、そこに魅力がありますね。