鳳 (おおとり)

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  明治43年
登録    昭和 9年
作出者   慈照院波多野某(東京都)
命名者   小西義清(兵庫県)
登録者   小西義清(兵庫県)

鳳 (おおとり) 4.0号鉢

葉全体に胡麻斑を見せ、腰太く葉先は尖り、中ほどから折り下げる。黄白色の覆輪を見せる。葉繰りも良く子上も良い品種。採光は強めにして作る、肥料は普通。

鳳 (おおとり) 3.3号鉢 芋吹き1年生美しい胡麻斑柄を見せ覆輪を現す。

鳳 (おおとり) 3年生 4号鉢 葉に甲竜を現し始める。

鳳 (おおとり) 8年生 5.5号鉢 もと親は『松の霜』から生えたもの。胡麻斑の綺麗な物を「錦鳳」とも呼ばれ少し小型に出来上がる。

『松の霜』から生えたもの。3才くらいの時に甲竜を現し、その後おおくの変遷を経て、胡麻斑の鮮明なものが完成した。中でも『錦鳳』といわれる品種は、斑が鮮明に冴えたもので小型になる。腰太く、葉先は尖り、中ほどから少しふくらみを見せ。葉先は尖り、中ほどから折り下げる。帯黄白色の覆輪を現す。甲竜は低く目立たないが、親木になると葉の中ほどに集まるように現れ、葉繰も良い。採光は強めで施肥は普通。