おもとの用土 パミス 軽石

おもとの用土 パミス 軽石

私たちは底砂をパミスの大、中間にパミスの中と朝明砂・矢作砂などの川砂を混ぜたもの、上に川砂、パミスの小、黒い富士砂などを使っています。(品種などで多少変えています。)

パミスは多孔質でかつ、排水がよいので、園芸で使われます。有名なもので栃木県鹿沼市から産出し盆栽等に使われる鹿沼土。私たちが使っているものはある程度の固さがあるパミスで、数年おもとの用土として使っていても微塵がでることがほとんどありません。ですが、採掘場から豊明園まで運んでもらうまでにパミス同士がこすれて微塵がでます。

袋から出したときはなかなかの微塵の量

微塵を取り除くために水で一度洗い

何回か甕の水にくぐらせるとたくさんの微塵で水が濁ります

干します

よく乾かします。

乾いた後、箱に入れて保存しておきます。私たちはすぐに使ってしまいますが、洗ったものを数年かけて使われる方はしっかり乾かしてください。保存の際にコケ、カビを防ぎます。

 

軽石の良いところは

保水性、排水性が高く、多孔質なので川砂と比べても保肥性もあります。軽いのでおもとの鉢が軽くなり、扱いやすく、使いやすいです。大葉などの鉢の大きなものでは特に楽です。微塵も使っていても出にくく、長期で使えます。

私たちは秋の植え替えの際、水やりが多すぎてよく根が落ちているときはパミスの割合を減らして(例パミス4 川砂6)、川砂を増やします。逆に、水が少なかった場合は、パミスの割合を増やし(例パミス6 川砂4)、川砂を減らします。

川砂だけで植えたほうが芸がしまってよくできますが、その分乾きも早く、繊細な水やりが必要です。

 

軽石(かるいし、pumice、パミス)とは、火山砕屑物の一種で、塊状で多孔質のもののうち淡色のもの。浮石(ふせき)あるいは浮岩(ふがん)ともいう。 ウィキペディアより

 

 

豊明園