天照宝 (てんしょうほう)

分類       縞甲系統 図物系
作出年代  昭和32年
登録年度  昭和年
作出者    (吉原市)
命名者    榊原清一 (東京都)
登録者    榊原清一 (東京都)

光沢のある濃紺緑色の葉に二面竜、甲竜、剣葉を見せる。葉幅広く葉先は鋭く尖ります。性質は普通、繁殖は子上げ。

天照宝(てんしょうほう) 鉢外形約14㎝ 図の無いものは非常に古く、歴史ある品種。
大葉の中で珍しく、甲竜がのる、丈夫で強い芸を示す品。実もつくので、交配親としても今期待がかかる。
 濃緑色の葉に白い大覆輪、甲竜、剣葉、鈴虫剣を見せる。変わり縞甲竜に雪白の図が現れた物、姿独特で面白い。