東亜冠 (とうあかん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和8年頃
登録    昭和16年
作出者   不詳(愛知県)
命名者   沢田松太郎 (愛知県)
登録者   沢田松太郎 (愛知県)

東亜冠(とうあかん) 7年生 鉢 4.0号 濃緑色の葉に艶消し地の柔らかい地合い、覆輪が全体に白くかかる。雅糸竜、二面竜を現す、腰太く葉数も多い魅力ある品種。子上げ良く性質は強健で作り易い。

東亜冠(とうあかん) 5年生 鉢 3.8号  日作りで作ると葉先鋭くなり覆輪も深くなります。 葉の表面も白く美しくなり貴品の姿に変身。

羅紗系の中大型種。濃緑色の地色は澄み、その紺性は弱く、艶消しの地合いを持っている。覆輪は純白で深く現れる。平葉が多くまれに熨斗葉、二面竜、剣葉などを見せる。首元は太くなり、腰折れ良く、暖かい折下げのある姿は落ち着きがあり、左右の葉繰りは乱れることがなく整然とした姿になる。性質は強健で採光を強め、肥料は中が良い。