岳陽 (がくよう)

分類    羅紗系統
作出年代    昭和58年
登録      平成16年
作出者   水野雅章(豊明園3代)
命名者   水野雅章(豊明園3代)
登録者   芦田潔(神奈川県)・水野雅章(豊明園3代)
作出地   豊明園

小型種で葉繰り良く、盛り上がる地合いに彫りの深い起伏激しい総雅糸竜でゆず肌地、肉厚の雅糸竜が魅力、性質は普通品種。
実親「三河大宝」に「太陽」を交配して作出しました。

「太陽」から作出された品種で、折下げ良く、覆輪が深く回り、「太陽」から受け継いだ黄金色の雅糸竜、玉竜を現す至芸の逸品。他の羅紗品種との相違は、葉の厚さが少し薄く、優美さと雅味ある趣に仕上がる。性質は普通。採光は強め、肥料は普通。繁殖は主に芋吹きなので未だに数少なく、棚入れ希望者の多い品種。

岳陽 (がくよう) 1年生 芋吹き

岳陽 (がくよう) 登録時の写真 苗から親木まで5本揃えて登録

イメージ 1

 

おもと品種 『岳陽(がくよう)』
東京・神奈川からお客様が来て下さいました。みなさんとても気さくで明るい方で、おもとをほんとに楽しんで見えます^^
話題に上がったおもと。新しい品種で、姿良く、厳しい芸に魅了されます。
全国大会、萬風展や、萬遊会で認められ、人気の品種です。東京や神奈川では、ベランダでおもとを楽しむ方が多いですが、Aさんは、水道水、日は西日のみ、ベランダという環境でも普通以上に、というより、とても立派にできるということをもっと宣伝しなきゃならん、とおっしゃていました。