麟晃冠 (りんこうかん)

分類    羅紗系統
作出年代  大正8年頃
登録    昭和年
作出者    不詳 (静岡県)
命名者   神田樽太郎 (奈良県)
登録者   神田樽太郎 (奈良県)

 

麟晃冠(りんこうかん) 4年生 鉢 3.3号 葉長7㎝、葉幅3㎝内外の中型種。葉肉の厚い葉は淡い緑色で艶のある地合いをしている。白の覆輪が深くかかり、のりをはいたようになる。葉芸は熨斗葉を主体とし、本剣も出し、二面竜が現れる。姿勢の良い品種。性質はやや弱く、繁殖は普通。大正8年頃、静岡県で生えたもの。のち、奈良県の神田樽太郎氏が求め大正14年頃に命名、紹介する。

麟晃冠(りんこうかん) 4年生 鉢 3.3号葉肉の厚い葉に折り熨斗葉と剣葉を見せる。性質は強い中小型種。