羅紗王 (らしゃおう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和17年
登録    昭和41年
作出者    宮田徳次郎 (愛知県)
命名者    宮田年一 (愛知県)
登録者    宮田年一 (愛知県)

羅紗王(らしゃおう) 4年生 鉢 3.5号 作出者の手によって生まれた実生。その後登録者に渡って長らく『年実生』の名で親しまれてきた。昭和30年頃になって覆輪も完成した。葉長8㎝、葉幅1.5㎝内外の細葉、中型種である。濃紺緑色でやや粗れた地合いは艶消しとなり、細葉ながら重厚な葉肉は葉先に向かって鋭く伸び、腰低く、腰折れの良い独特の容姿が特徴である。整然とした襟組みと総雅糸竜が葉先に向かって流れ、地合いと相まって味わい深い。性質・繁殖普通、やや弱めの採光が良い。

羅紗王(らしゃおう) 2年生 鉢 3.0号 濃紺緑色の葉に白い覆輪を見せシカミと雅糸竜を見せる。

羅紗王(らしゃおう) 4年生 鉢 3.5号
濃紺緑色の肉厚の細葉に総雅糸竜を現します。性質は中で作り易い品種。