帝錦  (みかどにしき)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和35年
登録    昭和53年
作出者    諏訪某(愛知県三河)
命名者    高田与三郎(滋賀県)
登録者    高田与三郎(滋賀県)

帝錦(みかどにしき) 5年生 鉢4.0号 実親『大宝』の実生である。昭和38年に命名者の手に渡り、命名、紹介された。葉長12㎝、葉幅4㎝内外の大型種。淡い緑色の浮き地は、時として粗れることがある。笹の葉を少し伸ばしたような広い葉も出る。雅糸竜、剣葉、熨斗葉などの葉芸を現し、広い葉が途中から鋭く尖る葉にも特徴がある。全体に明るさを感じさせる品種である。性質は強健で、採光・施肥は普通で良い。繁殖は普通である。

帝錦(みかどにしき) 4年生 鉢3.8号 4年目からぐっと魅力的な芸を見せる。

帝錦(みかどにしき) 5年生 鉢3.8号
葉巾広く雅糸竜、剣葉、熨斗葉を現します。白い深覆輪を現します。羅紗系統の中ではボリュウムのある種類。性質は強健で作りやすい品種です。

帝錦(みかどにしき) 6年生 鉢4.0号 羅紗地系。中型種。葉は淡い緑色で、覆輪は黄色みを帯びている。葉幅はやや広め。甲竜・二面竜・剣葉・雅糸竜を現し本剣をだす。性質は非常に丈夫で、繁殖は普通。少し折れ下がる葉が魅力的。