積雲 (せきうん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和30年頃
登録    昭和61年
作出者    日比野喜義 (愛知県)
命名者    江田進 (東京都)
登録者    積雲推奨会

中型種。『日比野実生』とよばれていた頃から品質には定評がある。肉厚の葉には高く粗い雅糸竜と細かい雅糸竜を見せる。葉の縁を彩る覆輪にビリが大きく波打ち、本種であることを一目で理解させる。淡い地合いはやや粗く、柚子肌で艶消しである。力強さと淡い色合いが、不思議なほどに調和のとれた絶品でもある。性質は普通。採光・施肥はやや弱め。全体が淡い黄色みのある葉のため葉焼けを起こしやすいので要注意。子上げ芋吹きも良好だが、芯がたまに止まることがある。

積雲(せきうん) 2年生 鉢 3.3号  柚肌の艶消しの地合いに深覆輪を見せます。
性質は普通子上しやすい品種。