松の誉 (まつのほまれ)

分類    薄葉系統   千代田系
作出年代  昭和19年
登録    昭和29年
作出者    蔦木清太郎 (三重県)
命名者    大野信哉 (和歌山県)
登録者    大野信哉 (和歌山県)

 

松の誉(まつのほまれ) 4年生 鉢 4.0号 『千代田の松』から生えたとされている。葉幅が中ほどから広くなるため全体が丸く見える。葉肉は厚く和羅紗地といわれている。しかみがあるが葉芸はあらわれない。紺覆輪で斑は青みを帯びている。打ち込み斑で最近斑の鮮明なものが多く見られる。苗の頃から特徴があり、丸みのある豊かな葉姿は全国的に人気が高い。性質は強健で作り易い。

和羅紗地のふっくらした丸葉に白斑を現し紺覆輪を見せる。性質は普通、繁殖は芋吹き法。