金剛海 (こんごうかい)

分類    薄葉系統  縞甲系
作出年代     昭和29年
登録    昭和54年
作出者   谷口徳三郎 (福島県)
命名者   内野舜二 (神奈川県)
登録者   増島松蔵 (神奈川県)

中型種。若木のうちは葉幅はやや広いが、親木になると樋葉となつて狭くなる。葉姿は品の良い中立ち葉となり、やや葉先の尖った、純然たる地変わり縞甲竜である。やや黄色みのかかった覆輪を現し、葉全面に細かい櫛ですいたような雅糸竜があらわれ、葉の中央には高い甲竜も現れる。性質は強健、採光は十分に、施肥は普通。

金剛海(こんごうかい) 4年生 3.8号鉢