金剛獅子 (こんごうじし)

分類      薄葉系統 獅子系
作出年代    昭和10年
登録    昭和53年
作出者   (愛知県三河地方)
命名者   寺田純康 (千葉県市川市)
登録者   日本萬年青連合会

金剛獅子(こんごうじし)10年生 5.5号鉢
艶けしの胡麻斑で白覆輪を見せる品種。葉巻きは柔らかく大きく巻く。葉芸は二面竜、ビリ芸を見せる。性質は強健品種。

獅子系の中型種。胡麻斑の甲竜獅子というべきもの。葉は淡い黄色みを帯びた地で、細かい鮮明な胡麻斑で覆われ、甲竜を現す。獅子芸はおおきな円を描いて巻き込み、腰はやや高くなる。性質は丈夫で繁殖は普通。 千葉県市川市の寺田純康 氏が入手し、増殖、昭和20年代になって覆輪がかかったのを機に命名する。