天人冠 (てんじんかん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和10年代
登録    昭和44年追認
作出者    佐藤某(三重県)
命名者    寺田純康(千葉県)
登録者    日本萬年青連合会

小型の部類に属し、二面竜、熨斗葉に、白覆輪を現す。葉肉があって、濃紺緑色り艶のある地合いが特徴的で、緻密な硬い地肌をしている。葉姿は腰折れ良く、葉の中央からの折下げもある。襟合わせ良く、左右の葉繰りが整い姿を崩さない。特に、葉縁に現れるビリ打ち竜は整然として美しい。白い覆輪は二面竜系特有で浅いが、輪郭を強調している。性質は強健だが、子上げは少なく、芋吹きで殖やす。

天人冠 (てんじんかん)  4年生 鉢3.3号

濃緑色の葉に二面竜と折熨斗葉を見せる。葉のふちに見せるビリ竜に特徴があります。性質は強健、二面系統の代表品種。

おもとの芸  天人冠 (てんじんかん)

熨斗葉(のしば)  ビリ打ち竜

天人冠 (てんじんかん)  5年生 鉢3.8号