萬年青図譜 栗元瀬兵衛鯤 

『萬年青図譜』

明治のビッグネームによる格式高い内容

社団法人 日本おもと協会会長                                                       文 今泉 敬

わが国の伝統園芸の歴史や文献江戸・明治期の文献などについては、伝統園芸の雄・おもとに関する書を取り上げました。おもとに関する代表的な文献といえば、明治十八年三月に出版された篠常五郎編集の『萬年青図譜』上・下二巻を挙げることができます。
編者の篠常五郎(1860~1917年)は東京・根岸にあって、おもとの名品『根岸の松』作出で知られる「篠肴舎」の当主でした。父祖の代から引き継いだ3000坪にも及ぶ広大な敷地で、旧大名をはじめ当代一流の人々を顧客に迎え、おもとの巨商としてゆるぎない地位を確立し、活躍した人物です。

『萬年青図譜』は扉を開くと、維新の元勲・三条実美と東宮侍書・長三洲の題字があり、次いで静岡県令・関口隆吉と報知新聞主筆・栗本鋤雲が序文を寄せています。まさに当時の政府高官や碩学という、多彩な顔ぶれです。さらに品種名についても、嚴谷一六、長三洲、山岡鉄舟が分担して揮毫するという、これまた格式の高い編集内容となっています。なお本文の図版は、あざやかな多色刷りで、当時の最新技術を駆使した印刷になっています。
今回、『萬年青図譜』の、とくに三条実美公の題字と栗本鋤雲翁の序文に焦点を当てることにしました。これらの解読を通して、いくぶんでもおもとに対する新しい認識を持っていただければ幸いです。

 

 

栗元瀬兵衛鯤 万年青の歴史より

萬年青図譜の序文を執筆した人

始め幕府の医官 後に士籍に列して箱館奉行、軍艦奉行、外国奉行、勘定奉行へ累進し、歴任され、明治維新後は郵便報知新聞の主筆を務める 萬年青図譜の序文を執筆

「根岸松」題字は長三州書 

おもと 根岸の松  篠常五郎は、東京の根岸にすんでいて、その根岸からこの根岸の松という名をつけました。それだけに愛着のある品種だったのでしょう。

 

富士の雪 根岸の松 萬年青図譜

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。
引越しおもとや、お正月の生け花でも使われるおもと。
そのおもとは、観葉植物として『緑の宝石』のように楽しまれています。
おもとの紹介
イメージ 1

おもと 富士の雪(ふじのゆき)

萬年青図譜より   篠常五郎 著
江戸時代からの、素直な姿のおもと。このおもとの魅力は、その姿にあります。
美しい立ち姿に、雪にみたてた白い虎柄を現します。このおもとに魅了された趣味者はいつの時代も多く、それだけに多くの系統があります。そしてまた、淘汰され、良いものが残っていきます。

萬年青圖譜
『天光龍』てんこうりゅう
題字は、明治天皇の侍従をつとめた子爵山岡鉄舟の書です。
1882年 明治15年 天光龍の価格は12000円 当時のお米で4285表
イメージ 1
篠常五郎が著した『萬年青図譜』
篠常五郎は江戸から明治大正にかけてのおもと界を代表するおもと商です。

『根岸の松』『富士の雪』その他に、『永島』『日月星』『残雪』などが載っています。

面白いエピソードに、
明治26年5月、明治天皇がお求めになったおもと、
『於多福(おたふく)』『折熨斗縞』の2品をお預かりして
管理したと伝えられています。

 

題字
三条実美公(1837~1891年)は、幕末から明治前半の著名な大政治家です。公卿出身で、右大臣・太政大臣・内閣総理大臣などを歴任し、長く明治政府の最高位にあった人です。
題字は、気品のあるおだやかな書「保萬年」すなわち「萬年を保つ」と訓読できます。また、書頭の関防印は「遷善」。後段の落款は、白抜きの字が
「藤實美印」で、藤の文字は名門・藤原氏の出を意味します。その下の朱字は「梨堂翰墨」で、梨堂は実美公の号になります。

萬年青図譜   篠常五郎
豊明園おもとの歴史から
http://www.houmeien.co.jp/newpageomoto254.htm

 

明治十八年には、三条実美、栗本鋤雲、山岡鉄舟ら超一流の人たちの力を得て『萬年青圖譜』と『萬年青培養秘録』を発刊載掲しました。
また、『萬年青銘鑑』には題字をはじめオモトの寸描と和歌、漢詩など・当時の貴顕や著名な書家文人に揮毫してもらい・他に類のない文化の香りの濃い立派なものオモトそのものの価値まで高めました。
明治二十八年五月、明治天皇がお求めになったオモト「折尉火斗縞」と「於多福」の二品を、お預かりし管理したと伝えられています。
明治三十三年、『増訂萬年青圏譜』を出しオモトの認識を高めました。

萬年青培養秘録

萬年青の歴史 本

福包を作った、松平(大河内)伊豆守信古 間部下総守詮勝の次男 

吉田城藩主 松平(大河内)伊豆守信古

 

福包 (ふくづつみ)

松平(大河内)伊豆守信古(おおこうち のぶひさ) 間部下総守詮勝の次男

 

東海道53次 吉田城

三河吉田(豊橋)7万石の藩主だった、松平(大河内)伊豆守信古は万年青を肌身離さず愛玩し、とても大切にしたという記録が残っています。また、万年青の実生を作ったことでも有名な人で、実生家、ブリーダーとしての大先輩です。安政年間に「鍬形」というオモトの実を蒔いて、「福包」を得られ、、

明治18年肴舎篠常五郎著 『萬年青圖譜』に掲載された
品種「福包」 題字 岩谷一六書。

江戸時代優雅に萬年青を楽しんだ大名が、三河吉三(豊橋)七万石の最後の藩主・松平(大河内)伊豆守信古である。吉田(豊橋)藩松平氏は、もと三河の国宝飯郡長沢村からでたので長沢松平氏と称したが、その嫡流が絶えたため、同じ三河の国額田郡大河内村から出た大河内氏か跡を継ぎ、大河内松平氏といわれるようになった。この家を有名にしたのは、徳川三代将軍家光のとき、三十年間にわたって老中職を勤め、人をして智恵伊豆といわしめた松平伊豆守信綱を出したからである。

大河内信古は、安政六年(1859)から年(文久二1862)にかけて寺社奉行であった。萬年青との関わりについては、現在でも稀に見ることの出来る珍種「福包」が、この人の作出とされている。

おもと史探訪 福包

江戸時代、ひとくちに三百諸侯といわれた大名家、そのなかには萬年青を愛で、そして楽しんだ大名が数多くいた。これら、萬年青を愛した諸侯および幕臣の幾人かを、いまに遺されている書物に訪ね、萬年青との関わりを探りいくらかでもあきらかにしたい。徳川家も大名のひとりであるとするならば、その十一代将軍家斉は、まず筆頭にあげなければなるまい。徳川家斉は、安永元年(1772)一橋治済の子に生
まれ、天明七年(1782)将軍となる。

その政治は、松平定信をして寛政の治を致し、定信引退後は自ら政を執り、文化・文政の時代を成し、天保八年(1837)まで実に五十年の長きにわたった。

家斉か゛自ら進んで萬年青を楽しんだかどうかはわからないが、明治十八年三月、肴舎篠常五郎が編輯兼出版した『萬年青圖譜』に当時、報知新聞の主筆であった栗本鋤雲(もと幕府医官・六世瑞見栗本瀬兵衛のち医籍を改めて士籍に列し、箱館奉行、軍艦奉行、外国奉行、さらに勘当奉行、を歴任)つぎの一文を寄せているから、家斉が全く萬年青に関心がなかったとはいえない。すなわち、栗本小萬年青此種ハ今報知新聞の主筆栗本鋤雲翁か゛祖先の培養に成る者なり曾て翁か゛小記を得たれハ之を左に揚げて図解に代ゆとある。

このころ優雅に萬年青を楽しんだ大名が、三河吉三(豊橋)七万石の最後の藩主・松平(大河内)伊豆守信古である。吉田(豊橋)藩松平氏は、もと三河の国宝飯郡長沢村からでたので長沢松平氏と称したが、その嫡流が絶えたため、同じ三河の国額田郡大河内村から出た大河内氏か跡を継ぎ、大河内松平氏といわれるようになった。この家を有名にしたのは、徳川三代将軍家光のとき、三十年間にわたって老中職を勤め、人をして智恵伊豆といわしめた松平伊豆守信綱を出したからである。

大河内信古は、安政六年(1859)から年(文久二1862)にかけて寺社奉行であった。萬年青との関わりについては、現在でも稀に見ることの出来る珍種「福包」が、この人の作出とされている。

増訂『萬年青圖譜』 福包之記

萬年青は一種の霊草なり青々の色長く改めす萬年青の名空しからすと云ふへし其世に行くはるること年巳に久し余弱冠の比より深く此を愛し常に座右に置き又園中に出して寒暖晴雨の度を候し朝暮培養に怠らす故に年々に繁茂を加へ新芽を生し嘉實を結ぶこと多し但し其数多しと伝へとも奇種名品は得易すからす特に此福包と名つくる一種は自ら他に勝れるを同好の諸君細観ありて佳評を賜はゝ幸なり   谷口亭主人誌

福包(ふくづつみ)

安政年間江戸谷口亭主人の鍬形といふ萬年青に結びし実を蒔きて生せしたものなり此谷口亭ト云フハ旧三州豊橋ノ主従四位大河内候ナリ戸谷口亭主人の小記を得たれハ之を左に掲る。さらに、この「福包」から実生作出した萬年青に信古は、「小包」「宝牡丹」の雅名を与え世に問うてもいる。

このほか、肥後熊本五十四万石・細川家十二代細川韻邦も萬年青を好んだ。

萬年青の歴史

万年青 福包

豊明園

徳川11代将軍家斉公 万年青を楽しんだ将軍 万年青の歴史より

 

おもと永島(ながしま)

徳川11代将軍家斉公は万年青を楽しんだ将軍、また園芸を楽しんだ将軍として知られています。

「栗元小おもと」という小型のオモトを文化の末(1818) 巣鴨辺りの旗下士の家の永島の子より変生したるを請い得たる

また、その実弟 田安家三代 徳川三卿もおもとを楽しみました。

豊明園

播磨明石6万石 藩主 松平左兵衛直韻 万年青の歴史より

 

江戸残雪(えどざんせつ)

 宗石の虎(そうせきのとら) 宗碩の虎

播磨明石6万石 藩主 松平左兵衛直韻

芝高輪の下屋敷で変化した「明石産の立葉おもと」が草木奇品家雅見にのる

文政12年(1829)年に江戸四谷に住んだ幕臣水野忠暁が編集した『草木錦葉集』にその名を見ることができます。

おもとは歴史の生き証人 「江戸残雪」えどざんせつ
今ではほぼ鹿児島にしかないといわれる江戸残雪。古くに薩摩藩の武士が皆おもと好きで、江戸から持ち帰ったと言われている。貴重でかつ希少、日本の心を映すおもと。
鎌倉、室町から江戸の武士文化は、おもとのすっとした凛々しさとマッチしたようで、武家文化とおもとは様々な言い伝えが残っています。また、薩摩藩のある鹿児島では、武家の家にはおもとがあると言われ、おもとは武士の心、いつ主君のために命を賭しても構わないという心に寄り添う植物です。

 

万年青 豊明園

万年青の歴史 永島次郎太郎墨林

万年青を楽しみ、世に広めた人       万年青の歴史より

 

永島 (ながしま)

500石取の幕府御家人であった永島次郎太郎墨林は、万年青の歴史だけでなく、日本の植物や園芸でもとても大きな役割を果たした人です。

文政10年(1827)刊の草木奇品家雅見(江戸青山 種樹家金太が編集)によれば、永島先生は東都四谷に住み 享保(1716-36)の頃の人なり、とあり、今から300年ほど前のおもと趣味者です。家康がおもとを江戸城に持ちこんでから100年ほどたったときでしょうか。

草木奇品家雅見の素晴らしいところは、品種と素晴らしい写実的な絵、解説まであったところで、その万年青がどんなおもとなのか、品種の特徴や、産地(江戸産なのか、名古屋や明石など)、だれが楽しんだのか、様々なことを教えてくれます。

永島次郎太郎墨林は、家康が江戸城に持って入ったとの伝説の残る【永島】の変化種を好み、永島連というおもとサークル?、おもとを趣味とした集まりをつくりました。永島連は斑入り、矮性種の植物を好んだ大名、武家、豪商、文化人など裕福な人が集まりました。彼らが今のおもとの園芸文化の基礎をつくったのでした。

ヨーロッパの人にとってそれらの矮性種や斑入りを園芸として楽しむのは20世紀に入ってからで、どれだけ日本の園芸が独自の進化を遂げていたのか、わかると思います。また、ヨーロッパのプラントハンターにとって、日本が非常に魅力的に映ったのも当然といえます。

 

種樹家金太 うえきや-きんた

1791-1862 江戸時代後期の園芸家。
寛政3年生まれ。江戸青山の植木職。文政10年斑(ふ)入りなど草木の奇品をあつめた図録「草木奇品家雅見(かがみ)」3巻を刊行。築山造庭をよくした。文久2年8月死去。72歳。姓は増田。通称は別に金太郎。号は繁茂,繁亭。

 

 

国立公文書館 HP 旗本御家人Ⅲより

41. 奇品家雅見(草木奇品家雅見)
(きひんかがみ・そうもくきひんかがみ)

『奇品家雅見』は、形状が特異な草木の図譜。斑入りや枝垂れほか、江戸および近郷の「好人」(愛好家)が所有する奇品約500点を載せ、あわせて所有者の名前と住所、逸話などを紹介しています。文政10年(1827)刊。

江戸の青山で植木屋を営んでいた金太(増田繁亭 金太は通称)の編。金太は「水野翁」(水野忠暁)の手もとにあった反古(斑入りなど奇品の資料)をもとに本書を作成しました。掲載されている写生図は、関根雲停ほか画。

展示資料は、全3冊。内務省旧蔵。

http://www.archives.go.jp/exhibition/digital/hatamotogokenin3/contents/41/index.html

 

 

《草木奇品家雅見》(読み)そうもくきひんかがみ

世界大百科事典内の《草木奇品家雅見》の言及

…安楽庵策伝の《百椿集》(1630)をはじめ,ツツジ,キク,サクラ,ボタン,ウメ,アサガオ,ハナショウブ,ナデシコなど花の専門書が出版され,さらにモミジ,カラタチバナ,オモト,マツバラン,セッコクなど葉を観賞の対象とした多数の品種を成立させた。それらは世界に類をみず,増田金太の《草木奇品家雅見(かがみ)》(1827)と水野忠暁の《草木錦葉集》(1829,13冊中6冊は未完)に集大成された。ヨーロッパで観葉植物が普及するのは20世紀に入ってからであるが,江戸園芸は積極的な交配による品種改良こそなかったが,変異性のある実生の選抜と枝変りの発見により,すでに多数の品種を成立させていたのである。…

 

永島(ながしま)

おもとの地植え

おもとの地植え

私の住んでいる愛知県の多くの家では、おもとの植木鉢やおもとの地植えを見ることが出来ます。古くから引越しの際にオモトを最初に持っていきなさい、最初にオモトを植えなさいと言い伝えが残っているからです。地植えでは水やりはせず、雨水だけです。自然のおもとと同じ状態ですね。日は日陰になる場所がよいでしょう。

趣味者さんの中には、木を太らせるために地植えにされる方もいらっしゃいます。上の写真はこの地植えで木に勢いをつけ、鉢上げをする予定です。オモトが土に触るので病気になりやすいのと、根が棒根になって、枝根になりにくいのが欠点ですが、面白い育て方で、昔からの育て方です。

第51回おもと実生展示会 羽根神社

実生会の様子

審査の様子

当歳(今年の春から夏に種から伸びてきた、一年目)の生えを審査しています。葉の厚さ、しかみ、縞具合、葉の形、また鉢との合わせなど多くを審査していきます。

こういった実生から、新しいおもとの流行が出てくるので楽しみです。

 

日時 2018年9月9日 (日)

展覧時間 12時~14時
場所 岡崎市 羽根 稲荷神社 社務所
地元では羽根神社と呼ばれています
444-0813 愛知県岡崎市羽根町字西ノ郷4

JR岡崎駅から徒歩5-10分

 

参考品席

実親も多い

 

入賞作品

部門ごとに上位5位まで入賞し、このひな壇に上がれるのはそのうち3位まで

お客様の生え実生

どれもよいので審査は大変!

 

入賞作品 4、5位

ここに入れないと落選、ということになってしまいます。

全国から素晴らしい実生が集まるので、5位入賞するのも至難の業

 

1.2.3位のひな壇

羅紗、胡麻斑、獅子、千代田、千代田羅紗など多くの部門があります。

それぞれ、当歳(1才)の部、2歳以上初根付きの部と分かれています。

 

万年青の趣味の中でも特に深みがあって面白く、若い人に始めてもらいたいところです。品種交配ほど時間のある若い方が有利な趣味はありません。

時間をかけてじっくり交配していき、新しい100年残る品種を作っていきましょう!

 

2019年度は9/8 開催

第52回全国万年青実生展示大会

日時 令和元年 2018年9月8日 (日)

展覧時間 12時~14時 ※予告なく終了時間が早まることがあります
場所 岡崎市 羽根 稲荷神社 社務所
地元では羽根神社と呼ばれています
444-0813 愛知県岡崎市羽根町字西ノ郷4

 

JR岡崎駅から徒歩5-10分

東名高速岡崎ICから車で20分

 

豊明園

 

 

8/12-16 栽培記録

8/12-16 栽培記録

8/12 しっかり水やり

8/13 水やりなし

8/14 雨がふる 外棚は雨がかかり、水やりなし

温室もなし

 

8/15 雨が昼間に少々 外棚雨がかかる 水やりなし

10:00 遮光ネット

夕方 第一温室 第二温室

湿度高いので、もう一日我慢しようということで、すべて水やりせず

 

8/16 外棚 雨かかる

夕方 第一温室 第二温室 しっかり水やり

昼間は強い日差しもあり、気温は今までのような38~40℃というようなことはないが、湿度は非常に高い

 

先日、大阪からのお客様がお見えになりましたが、岡崎の湿度は非常に高いようです。まだおもとを初めて数カ月とのことでしたが、本をみてどれも違ったことをいっている、本当に知りたいことがわからない、とおっしゃっていました。

お客様もきちんとわかっていらして、本の書かれた年代によっても気候、気温がかわっていますし、場所によっても岡崎のように湿度が高い場所とそうでもない場所では水やりの間隔は1~2日変わってくるでしょう。

一番は失敗の少ない栽培法で1年やってみて、そこから作をよくするために日、水、肥料を変えていくとよいと思います。場所や用土を替えると今までの経験があまり生きてこないので、変えるときは慎重に変えます。

非常に古いじょろ

 

 

 

おもとの豊明園

 

 

 

鹿児島大会
10/13-14
 
92回三河おもと名品展 お知らせ
おもと銘品 180点展示
日時 30年(2018) 11月3日()  4日() 
     展覧時間  3日():午前9時~ 午後5
4日() :午前9時~ 午後3時半まで
場所 おかざき農遊館 展示室
    愛知県岡崎市東阿知和町字乗越12番地
     (0564)46-4700

今まで見つかっている古くからの万年青彫刻 北から

栃木 日光東照宮

埼玉 妻沼聖天山歓喜院

埼玉 三峰神社

東京 上野東照宮

静岡 久能山東照宮 1617年元和3年)徳川家康の命で建立

愛知 六所神社  (1636年徳川家光の命で建立

京都 北野天満宮 慶長12年(1607年)に建立

北野天満宮 地主神社 末社 大門社

福岡 英彦山神宮  元和2年(1616年) – 細川忠興による再建

約400年前からのおもとの彫刻について

国宝妻沼聖天山歓喜院 – のおもと彫刻

日光東照宮の眠り猫を彫った、左甚五郎の彫刻があることでも有名

上野東照宮のおもと彫刻

江戸のおもと彫刻 三峰神社 – 豊明園

徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社のおもと彫刻

家康がなくなったとき最初に建てられた久能山東照宮のおもと彫刻

非常に古い歴史のある福岡 英彦山神宮のおもと彫刻

京都 北野天満宮摂社 地主神社 おもとの彫刻 2つ

京都 北野天満宮 末社 大門社 おもとの彫刻

おもと彫刻 日光東照宮 ( ガーデニング ) – おもと日記 

日光東照宮 おもと彫刻 ( ガーデニング ) – おもと日記 

身延山久遠寺

古事記、万葉集などに万年青、もしくはれいろとしてのっているものを見つけた方は是非お知らせください。源氏物語や伊勢物語など日本が世界に誇る文学の中や絵巻物の中にもありましたらお教えください!

おもとの豊明園

http://houmeien.co.jp

家康公とおもとのふるさと 岡崎

8/10-11 豊明園 栽培記録

8/10-11 豊明園 栽培記録

 

8/10 6:30 遮光ネット 7:00 遮光ネット二重に

夕方 水やりなし

 

8/11 6:30 遮光ネット 7:00 遮光ネット二重に

夕方 第一温室 外棚、第二温室 すべてしっかり水やり

名古屋はまた38℃だが、岡崎は13:00に32℃になり、下がっていく

夕方には風がよい 今までと比べて過ごしやすい日