イギリス ヒドコートマナーガーデン Garden tour イングリッシュガーデン 2017.4.24

私のイギリスの記録です。2017.4.24

私は、万年青を世界に広めるために、また、海外での万年青や、日本の伝統園芸をしるために、イギリスに少しだけいたことがあります。

そこで、約4万枚ほどの写真をとりましたので、少し紹介できたらと思います。

Garden tour ガーデンツアー風に、写真でご紹介していきます。

 

 

今回ご紹介する、ヒドコートマナーガーデンは、イギリスのコッツヲルド地方にある、ロンドンから北西へ車で2時間 90マイル ≒150キロの距離の、いわゆるイングリッシュガーデンです。

特徴は、25のテーマをもつ庭園を生垣、石垣、壁などで区切ってあるところが面白い特徴です。石の門や、生垣の門をくぐっていくごとに、また、角を曲がるごとに、全く新しい雰囲気の庭園が造られ、次はどんなテーマの庭園なんだろうと、新しい宝箱を開けていくように楽しめる庭園です。

園主のローレンス・ジョンストンはプラントハンターでもあり、

世界中の植物がみることができ、シンボルであるレバノンの杉や、日本のヤツデ、サクラソウ、椿、ホスタ ギボウシ、モクレンなど。日本原産だったり、日本原産のものをヨーロッパが改良したものを多く見ることができます。

この日の写真は、すべて2017.4.24のものです。イギリスでは、ジューンブライドと言って、花が一番美しく、晴れの多い6月に結婚式をあげると幸せになれるといわれています。これはイングリッシュガーデン、お庭巡りをするのもその時期がベスト。この時にいったある日は、晴れ間もありますが、曇りになったり、小雨がふったり、ヒョウや雪も降る、天気のすべてを一日で味わうような、変わった天気でした。イギリスの天気は変わりやすいといいますが、その通りでした。

ジューンブライド(June bride)とは? どんな由来・意味があるの?

ジューンブライド(June bride)」とは、古くからヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えのこと。意味や由来については諸説ありますが、ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。また、かつてヨーロッパでは、農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、祝福ムードいっぱいだったからという説も。

 

ジューンブライド(June bride)となる6月は、日本では梅雨の季節にあたりますが、海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節。特に海外挙式を考えているカップルにとっては、最高のウエディングシーズンと言えます。

 

この私のイギリス研修には、奇跡の星の植物館という淡路島にある先進的な植物園の館長である辻本プロデューサー、フィデリティ財団、ナショナルトラスト、公益社団法人日本おもと協会三河支部 など多くの方の支援を受け、行かせてもらえることができました。

多くの方のご恩返しを、万年青を通して出来たらと思い、このYoutubuもやっています。

 

レッドボーダー

 

ヒドコート・マナー・ガーデン(Hidcote Manor Garden)は、イギリス、コッツワルド地方にある、いわゆるイギリス式庭園・イングリッシュガーデンの一つ。 イギリスのヒッドコットバートリムという小さな村の郊外に位置している。

ヒドコート・マナー・ガーデンは、1907年にアメリカ生まれでパリ育ちのイギリス陸軍軍人だったローレンス・ジョンストンが、退役後の定住地としてテューダー朝時代のマナーハウスを改装した際に、ジョンストンの知己であった園芸家ノーラ・リンゼイの助力によって造営された。ジョンストンは自分の死後にリンゼイに庭園を贈与するつもりだったが、先にリンゼイが逝去したため、1948年に自然保護団体ナショナルトラストに寄贈され、以来同財団によって管理されている。

ヒドコート・マナー・ガーデンはアーツ・アンド・クラフツ庭園のスタイルを継承し、総面積10エイカーの敷地を直線と曲線を組み合わせた生垣で区分し、25の異なる庭園をつないだ構成をもつ[1]。それぞれの庭は基本的にイギリスのコテッジ・ガーデンをイメージさせるが、フランス庭園の要素やジョンストンのプラント・ハンターとしての成果である外来種の植物を積極的に導入した点で、従来のアーツ・アンド・クラフツ庭園と異なる[1]。 庭は箱型生垣のほか、シデ、イチイ、石壁が使われ、多様な特徴やテーマを有する一連の戸外の「空間」という形態をとっており、コテージガーデンの集大成といわれる。 各区画の間には開放的な芝地である「シアター・ローン」や、長い眺望軸線を兼ねた「ロング・ウォーク」など、変化に富んだ視覚が楽しめる遊歩道が配置されている。

ヒドコート・マナー・ガーデンの特徴のひとつとして、生垣の上半分を整形的に刈り、下半分を全て刈り取った竹馬庭園(stilt garden)と呼ばれる剪定法がある。目の高さからは隣の区画は見えないが、足下が開放されているために閉塞感がなく、同時に向こうの区画への期待感を高める効果がある

冬は寒く、多くの植物が枯れてしまうので、こういったムロ?が作ってある。ここで、挿し木や苗をつくったり、冬の寒さで枯れてしまうものの避難場所になっている。

 

さすが貴族!というテニスコート

温室もある

蒀即萬年青 妄仚様に中国における万年青をまとめていただきました 大発見!!!!!

最初から最後まですべて大発見

万年青は中国では7000年以上の鉢植えの歴史の大本だった

蒀即萬年青

蒀即萬年青,在中華文化中歷史悠久,河姆渡新石器遺址,約7000年前的第四文化層上發掘出兩枚刻花陶片,出土一枚陶片上刻了五片大葉的植物,不管是型態細節都是萬年青的特徵。此為中華盆栽之濫觴。

英訳

蒀 is Evergreen(OMOTO) and has a long history in Chinese culture. At the Hemudu Neolithic site, two carved pottery pieces were excavated on the fourth cultural layer about 7,000 years ago. One pottery piece was unearthed with five large leaves of plants. The details of the form are the characteristics of Evergreen. This is the origin of Chinese potted plants.

和訳

蒀は万年青であり、中国文化で長い歴史があります。ヘムドゥ新石器時代の遺跡(河姆渡遺跡)では、約7,000年前に4つ目の文化層に2つの彫刻が施された陶器が発掘されました。 1つの陶器の作品は、5つの大きな植物の葉で発掘されました。フォルムのディテールは万年青の特徴です。これが中国の鉢植えの原点です。

河姆渡遺跡 ヘムドゥ新石器時代の遺跡

長江下流の新石器時代中期、紀元前5000年頃の稲作が明らかな農耕遺跡。長江文明の中心遺跡として重要。

 河姆渡(かぼと)遺跡は、長江の下流域の杭州湾南岸の沖積低地に位置する稲作農業(水稲)を基盤とした紀元前5000年頃~3300年頃(約8000~5000年前)新石器時代中期の遺跡であり、大量の稲籾、稲殻、籾殻などが平均して20~50cmにわたって堆積し、最も堆積の厚いところでは1mに達していた。1970年代に行われたこの発掘で、長江下流域に稲作の起源をもとめる説が強まった。現在では長江中流域の湖南省彭頭山遺跡から、河姆渡文化よりも古い、紀元前7000~6000年頃に遡る栽培種の稲が出土し、長江中流域稲作起源説が強まっている。<竹内康浩『中国王朝の源流を探る』世界史リブレット95 2010 山川出版社 p.17-18>

稲作農業の起源

重要なことは、長江下流域で河姆渡遺跡で稲作農業が発達した前5000~4000年という時期は、華北において仰韶文化が栄えていた時期と同時期であり、そちらはヒエ・アワを中心とした畑作農業であったことである。これによって、従来は黄河流域の仰韶を中心とした黄河文明が中国文明の源流として強調されてきたが、それとは別に、稲作農業を基盤として発展した長江文明の存在が明らかになった。最近では黄河流域の文化と長江流域の文化をあわせて中国文明として捉えられるようになっている。<NHK 世界四大文明展『中国文明展』2000年による>

 

 

古い文学にも、万年青は登場する

在文學中西晉左思的《蜀都赋》中就有“郁葐蒕以翠微”而這個指的是覆盆子和萬年青,代指茂盛如雲霧般生長在山壑間。

英訳

In the literature of the Western Jin Zuo Si’s “Shu Du Fu”, there is “Yu Ping Lian Yi Cui Wei” and this refers to raspberry and OMOTO(Evergreen), which refers to the luxuriant growth in the mountains and gully like clouds.

和訳

西晉左思の「蜀都赋 / 周杜福」の文学には「郁葐蒕以翠微 / 玉平蓮一翠偉」があり、これはラズベリーと万年青を指し、山と雲のようなガリーの豊かな成長を指します。

万年青(おもと)の別名は?意味は?

漢方での万年青

而在中藥醫典上萬年青也可作為清熱藥的中藥材使用,在《本草新編》記載將萬年青的根莖和葉作為藥用,可有強心利尿、清熱解毒、涼血止血的功效,藥性為苦、甘、寒,有小毒。可用於防治白喉、白喉引起的心肌炎、咽喉腫痛、以及小便不利等疾病。不過萬年青有一定的毒性,會產生洋地黃苷樣作用。

英訳
In the Traditional Chinese Medicine Code, OMOTO can also be used as a Chinese medicinal material for clearing away heat. It is recorded in the “New Edition of Materia Medica” that the rhizomes and leaves of OMOTO are used for medicinal purposes. It is bitter, sweet, cold, and slightly poisonous. It can be used to prevent and treat diphtheria, myocarditis(心筋炎) caused by diphtheria, sore throat, and poor urination. However, OMOTO has a certain degree of toxicity and can produce digitoxin-like effects.

和訳

漢方では、万年青は熱を取り除くための漢方薬としても使用できます。「本草新編 / 新薬マテリアメディカ」では、万年青の根茎と葉が薬用に使用されていることが記録されています。万年青は、心臓と利尿を高め、熱と解毒作用を取り除き、血液を冷やして出血を止める効果があります。苦くて、甘く、冷たく、少し有毒です。ジフテリア、ジフテリアに起因する心筋炎、喉の痛み、排尿不良の予防と治療に使用できます。ただし、万年青にはある程度の毒性があり、ジギトキシンのような効果をもたらす可能性があります。

※『本草新編』は『本草秘録』とも呼称される。清代の陳士鐸によって著された。宮集、商集、角集、徴集、羽集の5巻によって構成される。

※清 中国とモンゴルを支配した最後の統一王朝。1616年 – 1912年

※ジギトキシン 背が高く釣鐘状の花を穂のように咲かせるジキタリスからとれるジギトキシン(Digitoxin)は、強心配糖体の一つである。心不全、心房性不整脈患者に適用される。アガサ・クリスティの『死との約束』ではジギタリスを用いた殺人が行われる。

細胞膜に存在するNa+/K+ATPaseを阻害することにより心筋細胞内のカルシウムイオン濃度を増加させ、心筋の収縮力を増大させる(陽性変力作用)。

カルシウム注射薬およびスキサメトニウムとの併用は禁忌。重大な副作用としてジギタリス中毒(強心配糖体を参照)。

※ジフテリア ジフテリア菌の感染によって起こる、主として呼吸器の粘膜が冒される感染症。菌の繁殖部位により、咽頭 (いんとう) ジフテリア・喉頭 (こうとう) ジフテリア・鼻ジフテリアなどの病型がある。心筋や末梢 (まっしょう) 神経が冒されることもある。感染症予防法の2類感染症の一。小児がかかりやすいが、予防接種の普及で減少。日本では三種混合ワクチン(DPTワクチン)、二種混合ワクチン(DTワクチン)に含まれている。定期接種の普及している国では症例は稀だがそうでない国では流行がある。

ジフテリア菌の発見は1883年。エミール・フォン・ベーリングと北里柴三郎血清療法を開発。その功績でベーリングは第1回ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

 

到了明清時期

英訳

To the Ming and Qing dynasties

和訳

明・清王朝へ

《靖江寶卷》中有話:「錢氏說『老太師,不能空口去說白話,把禮儀帶了去。』這遭就配了千兩金子千兩銀,珍珠瑪瑙亮晶晶,綾羅綢緞廿四匹,康桃安棗十二斤。再加上——茶花對果一槓擔,又用四支萬年青。」後文又有「二人來到東書廳一看,金漆旺旺,地下放光。天井駁得四瀉水,磨磚鋪地一樣平。金魚缸中來戲水,荷花缸上畫麒麟。牆邊栽個虎耳草,盆景栽個萬年青。」

英訳

There is a saying in “Jingjiang Treasure Scroll”: “Qian said, “Old lady, you can’t speak the vernacular without talking, and take the etiquette.” This time, it was matched with a thousand taels of gold and a thousand silver, pearl agate, shiny pearls, and silk and silk. Four horses, 12 catties of Kangtao and Anzao. In addition-Camellia to fruit and a pole load, and four perennials / OMOTO.” Later, “The two came to the East Book Hall to see it. The golden lacquer is flourishing, and they are placed underground. Light. The patio is flooded with water, and the floor is as flat as polished bricks. Play in the goldfish tank, and draw a unicorn on the lotus tank. A saxifrage is planted on the wall, and a bonsai is planted with Evergreen / OMOTO.”

和訳
「Jingjiang Treasure Scroll / 靖江寶卷」には格言があります。「銭氏は、「おばあさん、話せずに方言を話すことはできません。エチケットを取ることはできません。」今回は、何千もの金の尾と千の銀、真珠の瑪瑙、光沢のある真珠、絹と絹にマッチしました。馬4頭、カンタオとアンザオの12匹の猫。果物と棒に加えてツバキ、そして4つの万年青。」その後、「2匹が東書堂にやって来て、黄金の絵の具が繁栄し、地下に置かれました。ライト。パティオは水で満たされ、床は磨かれたレンガのように平らです。金魚の水槽で遊んで、蓮の水槽にユニコーンを描きます。壁にはサキシマゲが植えられ、盆栽には万年青が植えられています。」

證明了萬年青已在民間作為節氣觀賞植物

英訳

It proves that Evergreen / OMOTO has been used as an ornamental plant for solar terms in the folk

和訳

万年青が民俗の太陽用語の観賞植物として使用されていることを証明します

中国最後の統一王朝、清と万年青の関係

且在清朝時因國號的關係。

英訳

And in the Qing Dynasty because of the relationship of the country name.

和訳
清朝には国名の関係から。

中国最後の統一王朝、清と万年青の関係

清 1616年 – 1912年

萬年青同“萬年清”,有萬年大清之意,所以特別受清皇室及貴族的喜愛。而華北地區寒冷冬日僅一色雪白,庭園中草木凋零,所以常在室內擺設萬年青,全年長青且又有大紅果實妝點下是顯得特別喜氣。

英訳
Wannianqing is the same as “Wannianqing”, meaning Wannianqing, so it is especially loved by the Qing royal family and nobles. In North China, the color is only white in cold winter days, and the plants in the garden are withered. Therefore, the evergreens / OMOTO are often displayed indoors. They are always green all year round and decorated with red fruits.

和訳
万年青は万年清代が続くを意味する「万年清」と同じで、特に清王家や貴族に愛されています。中国北部では、寒い冬の日は白く、庭の植物は枯れてしまうため、万年青は室内に展示されることが多く、一年中緑で、赤い果実で飾られています。

萬年永清

第七十六代衍聖公の万年青のように万年、清代が栄えるように願った写真

第七十六代衍聖公 孔令貽,照片中他身旁一盆霓裳萬年青

英訳

Kong Lingyi, the 76th generation of Yan Sheng Gong, in the photo is a pot of neon clothes beside him

和訳
写真のヤンシェンゴンの76世代であるコングリンジーは、写真の横にある虹のように美しい万年青の盆栽の一鉢です

※霓裳 《「霓」は虹のこと》 虹のように美しい裳 (も) 。

 

清の宮殿に飾られる宝石で作られた万年青

在清宮中常有造辦處所製,或大臣進貢的寶石盆景,其中主題就有萬年青,通常是以桶狀盆來發揮,”一桶萬年青“寓意清朝”一統萬年“

英訳
In the Qing palace, there are often gem bonsais made by places or tributes from ministers. Among them, the theme is Evergreen / OMOTO, which is usually played in a barrel-shaped basin. “A bucket of Evergreen / OMOTO” means the Qing Dynasty’s “dominance for thousands of years.”

和訳
清の宮殿には、場所や大臣からの賛辞によって作られた宝石の盆栽がよくあります。その中で、テーマは万年青で、通常は樽型の盆鉢。「ひと桶の万年青」とは、清朝の「数千年の支配」を意味します。

一統萬年

寶符國瑞掛屏

有御詩一首

靈草恒青冬夏鮮,謂當有水洼其邊

文征畫合梓材語,惟曰保民欲萬年

戊戌嘉平之吉

英訳

Baofu Guorui Hanging Screen

There is a poem

Lingcao is always green in winter and summer, and it is said that there should be puddles beside it

Wenzheng painting combined with Zicaiyu, but it is said that the people will be saved for thousands of years

Jiapingzhiji

和訳

Baofu Guorui掛け軸

詩があります

靈草(万年青)は冬と夏は常に緑で、横に水たまりがあるはずだと言われています

深センの絵画とジカイユを組み合わせたものですが、人々は何千年もの間救われると言われています

ジャーピンジジ??

戊戌嘉平之吉 戊戌という干支

 

皇帝と万年青

嘉慶帝身旁炕桌上一盆“一統萬年“

英訳

There is a pot on the table next to Emperor Jiaqing, “Ten Thousand Years of Unity”

和訳

嘉清皇帝の隣のテーブルには「万年の統一」という万年青の鉢があります。

 

緙絲紅子萬年青

英訳
Kesi Hongzi Evergreen / OMOTO

鈞窯方盆裡的山石、靈芝、萬年青

万年青(おもと)の別名は?意味は?

おもとの植え替え コテ・さじの使い方

おもとの植え込み道具
コテ ・さじ
全長25.5㎝ さじの幅約3.5㎝
イメージ 1
 
おもとを植える際砂利を狙った位置に流し込む際に使用。さじ。
柄の部分についている涙滴型の板はコテといい表面に水苔を置いた際に浮き上がった水苔を押し付けて綺麗に整えるための物。
イメージ 2
 
コテさじ
おもとを植える際砂利を狙った位置に流し込む際に使用。さじ。
イメージ 3

 

おもとの植え替え
植え込みが済むと水の中に浸けます
イメージ 2
 
おもとの植え込み道具
コテ ・さじの使い方
全長25.5㎝ さじの幅約3.5㎝
コテの部分でかまぼこ型になるように表面を抑えて整えます。
イメージ 3
おもとの植え込み道具
コテ ・さじ
砂の表面を整えた後水苔をのせます、この時に水苔を抑えて形をきめる。
イメージ 4
 
 
植え込みの完成
イメージ 5

おもと 動画 Youtube

おもと 動画 Youtube

索引

 

 

 

 

【万年青の育て方 トラブル編】万年青を枯らす理由④初心者・中級者の枯らす原因、理由

【万年青の豊明園】【Why Beginners and Intermediates kill OMOTO?】

【万年青の育て方】8月の注意点 ホースの水、芯の水、調子が悪いときの植え替え

【万年青の豊明園】【Points of OMOTO in August】

 

【夏の万年青の豊明園】豊明園の、園の風景です。夏の一日。

【A day of summer at OMOTO Houmeien】【OMOTO Master Houmeien】【Garden tour】

 

●動画解説 【万年青の柄】【曙柄 アケボノ 中透け】について 一年の色の変化、曙柄の出し方、注意点、価格と相場、品種について

【万年青の豊明園】【What is Akebono・Sun Rise Color?】

●【万年青のふやし方】おもとの株分け・割り子の方法

ランセット【万年青の豊明園】【Propagation : How to multiply OMOTO by Division】

【開運の引越しおもと】徳川家康公の開運のシンボル、花言葉、種類、育て方、植え替えについて

【万年青の豊明園】【Lucky Plants OMOTO】

 

 

【万年青の用土】万年青の育て方 土、赤玉土、砂利の特徴 水やり、肥料持ち、病害虫 美術品のおもと

【万年青の豊明園】【Difference between Soil and Gravel】

【万年青の種類】大葉、中葉、小葉とは?羅紗、薄葉って何?

【万年青の豊明園】【OMOTO 3 major groups】大葉羅紗、千代田、千代田羅紗、獅子、羅紗獅子、胡麻、胡麻羅紗、一文字、羅紗、縞甲竜

【万年青の育て方】万年青の実生の鉢上げ、植え替え 苗床、獅子の根も獅子、置き場所、注意点

【万年青の豊明園】【How to plant OMOTO seedlings】

【交配してふた月後の万年青の実付き】育て方、失敗の原因、実の詳細 交配からふた月以上たった後の実の状態

【万年青の豊明園】【Crossing and Fruiting 2 months later】

 

【交配してひと月後の実付き】実付きのよいもの、悪いもの 最初の交配からひと月以上たち、交配がほぼ終わり

【万年青の豊明園】【Crossing and Fruiting a month later】

お客様の質問から【葉芸の変化って何?】羅紗の魅力 白雲閣の葉芸の変化、1年生から7年生

【万年青の豊明園】【What is “Change of Hagei”?】【Hakuunn-kaku】

徳川家康公の万年青 六所神社の万年青彫刻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万年青を枯らす原因、理由 初心者、中級者、上級者 他の植物をやっている人

万年青を枯らす原因、理由 初心者、中級者、上級者 他の植物をやっている人

ついついやってしまう失敗

前の記事 万年青が枯れる原因、理由と枯らさない方法

植物を好きな方で、植物を枯らしたことがない人はいない

万年青は日本に自生している植物で、かつ、万年、青いという名前の通り、常緑の多年草、寿命も樹木と同じほど長いです。なので、枯れないと思われている方もいらっしゃいますが、そこは植物、生き物にはいつか死があります。人による、枯れる理由を15年お客様と自分の万年青たちをみて、いくつか傾向があるのでご紹介します。

創業120年を超えるノウハウを持った私たちでも万年青を枯らすこともありますし、50年、80年と万年青を趣味にしている大ベテランや長老でも枯らしたことがあります。植物を好きな方で、植物を枯らしたことがない人はいない、これもまた事実。是非、枯れたことから何かを学んでいきたいと思います。

初心者の枯らす理由

初心者の枯らす理由は、やはり右も左もわからないこと。丈夫な品種を選んでも、水やりのタイミング、肥料のタイミング、植え替え、置き場所など、万年青に最適な場所が、自分のお棚のどこなのかがまずわからないからです。私たちもこのHP上に多くの情報、いろんなケースを載せて紹介していますが、お客様の場所、日当たり、風通し、万年青の状態はどれも違います。えいやとやってみて、1年育てばだんだんと勘がついてきて、ここまではよいな、と分かります。

ベテランも初めての場所では初心者と同じ

では、賞を取るような30年以上のベテランが新しい場所に引越して、最初からうまくできるか、というと、全く違います。基本はできているのでそこそこの出来にはなりますが、今までの場所のようには、まずうまくいきません。どんなに上手な人でも、その場所に少しづつ合わせて最適化していきます。

私たち万年青の豊明園も、初代の頃は愛知県のJR岡崎駅のすぐ近くで商売をしていましたが、今の場所に豊明園2代目3代目が引越してきて、一年目は葉が焼けるわ冬は寒くて凍るわで大変だったそうです。そういった失敗をへて、ひよけから風当たり、置き場所を少しづつ変えてきました。

 2-3年目の初心者の枯らす理由

限界を見極めようとする、気候の違い

おもとを一年育ててみるとだんだんと分かってくるので、もう一歩肥料を多く置いてより上手に作ろう、という考えもでてきます。水やりももっと葉をださせたいということで、水も多くなったり、様々に万年青の限界を知ろうと思います。ここで枯らしたり、根腐れなどを経験して、これ以上はだめかもと分かってきます。

 万年青栽培は毎年一年生

また、一年目と次の年で気候が変わっていく年があります。万年青栽培は毎年一年生という格言もある通り、気候が変わればベストな水やりや肥料も変わっていきます。夏の暑さ、梅雨や長雨、冬の寒さ、風、季節外れの高温など、毎年異常気象の昨今です。どれも、一番良いものを目指さず、7分目、8分目を目指してやりすぎに注意して作れば、上手にいくでしょう。

中級者

酸いも甘いもわかってきます。万年青をよく作る楽しさも味わい、また、万年青がうまく作れなかったり、もしかすると倒してしまう悲しさ、悔しさも味わうでしょう。ですが、失敗の経験から、ここまでやってはだめかなという基準もできてきます。

ここまでくると、枯れる前兆、根が傷む前兆をかすかに捉えれるようになります。植物の「これはやめてくれ~!」というサインをキャッチできるようになって、対策ができます(たいていは私たちが何かをやり過ぎているのでそれを減らしたり、やめたりします)。

 好きな品種は強い?弱い?

初心者の時もそうですが、自分の好きな品種が弱い品種ですと難しくなります。日本に自生している万年青の品種の90%は丈夫ですが、いくつか水やりや肥料は控えめにした方が良いものもあります。中級者になりますと自分の好きな品種をやってみたいと難しい品種にチャレンジすることもあるでしょう。丈夫な品種、枯れにくい品種ならOK!弱い品種ですと今までのように思ったようにいかず、失敗することがあります。

 品種に合わせたお棚作り

自分の集める品種が強いのか弱いのか、ということを経験すると、万年青によって自分の棚や水やり、仕事の合間に世話ができるかなどがよくわかってきて、ある人は自分のお棚でよくできる品種をそろえるようになったり、お棚の中でも日当たりの良いところにこの品種、悪いところはこの品種と場所分けもできてきます。

逆に、特に丈夫といわれる品種でも、自分の棚だとなぜかできない、また、弱い品種と聞くのに、自分の棚ではなぜかできる、ということがあります。これこそ、棚に合わせて品種を考える面白さです。

ちょっと長くなりそうなので、上級者のからす理由はまた別に用意します。

初級者、中級者のまとめ

初心者はまずは基本通りにやってみましょう。ベテランでも初心者でも、初めての場所はえいやとやってみないとわかりません。

小さな失敗、大きな失敗をすることで万年青の限界が分かるようになります。

気候は毎年違うので、万年青栽培は毎年一年生です。

自分の好きな品種は一般的に、弱いのか、強いのかを知りましょう。

強いもの、弱いものでも、自分のお棚に合う合わないがありますので心得ておきましょう。

 

●動画解説 【万年青の育て方 トラブル編】万年青を枯らす理由④初心者・中級者の枯らす原因、理由

【万年青の豊明園】【Why Beginners and Intermediates kill OMOTO?】

 

今まで、万年青が枯れてしまう理由、枯らさないためには、ということで、肥料、水やり、薬害や、初心者さん、中級者さんだからこそやってしまう失敗についてみてきました。それぞれ動画がありますので、興味のある方は見てみてください。

今回は、初心者さん、中級者さんの失敗の原因の次、上級者さんの失敗の原因についてご紹介します。

上級者

中級者、上級者になれば、自分のお棚で殖えた万年青も多くなります。どんなお棚でも、どんな品種でも、自分のお棚で殖えた万年青は枯らしにくいです。私たち豊明園でも、枯らしてしまうときは、新しく他所の棚から買い付けをしたときに枯らすことがあります。逆に自分のお棚では、万年青の豊明園伝統のスパルタ作りで私たちの辛い水やり、薄い肥料に慣らしてあるので枯らすことはありません。

なので、上級者になれば、もうちょっとやそっとのことでは枯らさないと思うでしょう。

昔の方法に固執

今まで自分のお棚で枯らしていない、うまくいっているからこそ、逆に昔の方法に固執してしまって、失敗することがあります。ここ10年ほどの気候の変化によって、昔の水やり、肥料などのベストの時期ややり方も変化していますが、ベテランさんほど昔との変化が大きく、対応しずらくなっています。万年青の状態、気候をみながら軌道修正していきますが、昔からの手癖をかえるのは簡単ではありません。やはりここでも万年青栽培は毎年一年生ですね。

じゃあそんなときはどうするか?

習慣を変える

手癖はなかなか変えれない、ということについて。初心者さんなら、水やりの時間や肥料のタイミングなどは毎回考えてやっているので今の気候に合わせれますが、5年、10年過ぎると習慣になっているので、自動的にこの時間なら水やり、この時期に遮光ネットをかけて、防風ネットをかけて、肥料をやってと体が動いてしまいます。それ自体はいいことなのですが、気候がここまで変わると逆にその経験が邪魔をしてしまいます。

例えば、最近、夏の暑さがひどくなってきていますが、昔と同じ水やりでは多すぎたり、昔は夏の休眠期がなかったのに、今は休眠するおもとがでてきたり、5月の日よけも、今までは1枚で良かったものが、日差しが強くなってきて、2枚は必要になってきたりといった気候と管理の変化です。

用土、鉢を変える

また、手癖や自分の万年青の育て方の習慣はなかなか変えられないし、ストレスになるので、用土や鉢を変えて、今までの水やりのまま、水持ちのよいものから悪いものにしたり、肥料のもちのよいものから悪い用土に変えたり、鉢を通気のよいものに変えるなど、そちらを変えていった方が、ベテランさんには手癖、習慣はそのままで、気候に対応しやすいでしょう。

 希少種、超レア、歴史保存種、難しい品種

自分のお棚に合う品種だけをやれば失敗しないものを、日本に数本しかないものや、超希少種(希少種は性質が弱いので希少種になっているものもある)、歴史保存種など難しいものを育てたくなります。育てたことのある栽培者がいない、つまり説明書のない万年青を、万年青と話しながら(!?)育てていくのはやっぱり面白い。その挑戦の面白さは万年青を始めた初心者さんと面白さは同じかもしれませんね。

また、人によっては、これを自分で育て、殖やさないと万年青界にとって大きな損失だ!と大げさに考えてプレッシャーで調子を崩してしまう人も。大袈裟ですが、希少種で素晴らしい品種ほどこれはあり、過去の文献には最高の品種や、みんなが待ち望んだ新品種が1本も増えずに、、という記事は多く見つけることができます。

 高級品 気に入ったもの

高級品は希少価値が高いので、値段も高いですが、同じく説明書がないので難しいです。高級品の魔力で、高いと思うとついつい水やりも多く、肥料も多くなり失敗してしまうことがあります。これは、100万円などの高級品ではなくても、自分のお棚の一番高いものや、一番気に入っている品種も同じく、水やり、肥料が多くなってしまいます。ベテランになればなるほどこの心理を分かっていて、大好きな品種なのに、わざと横目でしかみないようにして、可愛がり過ぎないようにします。

 

上級者 まとめ

自分で増やしていったおもとは枯れない

自分のお棚で、気候がどう変化しているのか知って、水やりなどの習慣を変えるか、用土、鉢などの万年青の環境を変えて、気候に対応しましょう

高級品、気に入ったものは絶対に水やり、肥料を忘れないので、あえてスパルタ作りを意識しましょう。

ゆくゆくは、日本に自分しかもっていない、説明書のない万年青を、万年青と直接話をしながら、作り上げてみましょう。

 

他の植物をやっている人

他の植物の育て方の癖

他の植物をやっている(いた)人は、それぞれの植物の育て方の癖を持っています。盆栽ですと、夏の朝晩の水やりだったり、菊ですと、暦通りの育て方、伝統園芸の古典ラン(東洋ラン、富貴蘭、セッコクなど)をされる方は水やりの頻度が少ない、施設で夏や冬の管理が必要な海外の植物、ランですと温度管理など様々です。

万年青と他の植物の育て方で違うところ

ほとんどの場合、やはり植物の勘所を押さえてらっしゃるので、万年青もぐんぐん育っていきます。また、その植物で用土などの資材に凝った方ですと、すぐに自分のお棚にあった、かつ、自分の水やりに合った用土、鉢、などを揃えて上手に育てられます。

風通しなどの環境で一概には言えないのは分かった上で、ここで、万年青の育て方が他と違うところを紹介します。

盆栽の場合

盆栽ですと、夏の朝晩の水やりが万年青の育て方と違うところかもしれません。盆栽のように浅い鉢に、細い根の多い樹木を育てているので、水切れは致命傷になってしまいます。逆に、万年青は真夏に休眠をして水やりを減らすこともあるので、育て方が全く逆です。

その理由は、万年青と盆栽で、鉢と植物の大きさの違いを見ればよくわかります。万年青の方が、植物に対して鉢が大きく、その分、水も保つので、盆栽の方が万年青を楽しむとき、夏に水やりが多くなりすぎてしまうことがあります。夏の高温と休眠期は、万年青を枯らす原因 水やり に詳しいので省略しますが、万年青の年中を通して枯らす原因の1位が夏場の水のやり過ぎなので、夏場の水やりさえ気をつければ、皆さん展示会でも上位に入っている方も多いです。

 

菊の場合

日本の伝統園芸の海外の人気

菊は日本の伝統園芸でも特に海外の方に人気があります。私がアメリカに研修にいたときにこぞって日本の菊栽培をアメリカの人が真似をして、またアメリカ式に楽しんでいました。盆栽や、他の日本の伝統園芸は今、海外で非常に人気が高まっています。

菊の育て方 短日植物と暦

菊は特に暦を大切にされるお客様が多いです。短日植物である菊は、暦、太陽の日の長さを感じ取って秋に花を咲かします。なので、暦通りに作業をしていくと素晴らしいものができるように【江戸時代から!】マニュアルができているので、皆様暦通りに育てていきたいのです。

逆に、万年青は観葉植物、葉を見る植物で、花や実も楽しみますが、多くの人にとって葉がメイン。なので、昭和のころの万年青の育て方の本をみて育てていると、今の気温の高さや環境の変化に対応できずに、万年青では失敗してしまいます。

その年の気候、特に現在の夏の暑さに対応して、今の管理を臨機応変にすることで、上手に万年青を育て上げることができます。特にきっかりとした性格の方が多いので、気候に対応してコンスタントに良作、最上作へとステップアップしやすいです。

伝統園芸のランの場合

富貴蘭、セッコクですと水苔巻きが主流なので、水持ちは非常に良い。したがって、水やりの頻度も少ないです。また、東洋ランでは水持ちの良い用土を用い、遮光をしっかりとするので、やはり水やりの頻度は少ないです。

万年青栽培で一番失敗する、夏の水のやり過ぎで失敗される方は本当に少ない。なので、両方育てる方も今は特に多くなってきました。盆栽、菊は日を欲しがりますが、これらの伝統園芸では日よけネット、遮光ネットを使うのでそれらも代用でき、同じ場所で育てられます。

水持ちがいいので、水やりの頻度が少ないため、夏には失敗しませんが、逆に、春秋の新根の伸びるころの水やりも少ないため、新根が降りにくいことがあるかもしれません。そこに注意するぐらいですね。冬、富貴蘭では完全にカラカラにすることもあるでしょう。万年青はそこまでしてしまうと水切れによる葉焼けが起こるので、そこを気をつけます。

海外の植物の場合

今、非常に多くなっていますね。植物マニアの方で、特に凝った方ですと施設もプロ並みのものを揃えて楽しんでいる方も多いでしょう。温度管理、湿度管理にシビアなもの、夏に水を切ってしまうもの、など日本とは全く違う場所の自生地に合わせて環境から作りこんでいくので、非常に丁寧に事前準備をされます。自分の棚に合うのか、育てられるのかがよくわかっている方も多く、自生地 はこのような場所ですよと言えば、すぐに準備ができます。万年青の場合は日本に自生しているのでそこまでシビアな温室管理は必要ありませんので、あとは育てている植物との環境の相性になってくると思います。

 

 

 

前の記事 万年青が枯れる原因、理由と枯らさない方法

万年青が枯れる原因、理由②水のやり過ぎ 枯れないようにするための方法、対策

万年青を枯らす原因、理由 初心者、中級者、上級者 他の植物をやっている人

万年青のトラブル編  豊明園リンク集

万年青 葉枯れ おもとの葉色が変わる  

万年青の葉落ち 自然の葉落ち

万年青が枯れる原因   

万年青の病害虫 病気、虫について リンク集

 

おもとの相場、値段

イメージ 3
明治・大正の元老 山県有朋の別荘 無鄰菴 
山県有朋(やまがた ありとも)
素晴らしいお庭
おもとと深いかかわりのあった、山縣有光男爵が昭和3年頃、豊明園にご来遊されています。
山縣有朋公爵の孫で、オモトをこよなく愛好された方です。
根岸松の図物語
先日、海外からお客様が来日され、おもとを鑑賞されました。
太陽、光陽、萬陽、新生殿、剣舞、玉姫や獅子の面白い実生、
千代田系など、ぱっとみて美しい物、綺麗なものが人気なようでした。
白鶴、白鷹、瑞雲海など古くとも、今は珍しい、美しい木に関心がありました。
おもとの相場 おもとの値段
http://www.houmeien.co.jp/DSC092061.jpg
都の城(みやこのじょう) 3年生 鉢 6.0号
作出者  (県) 作出年度 不明
登録者 日本萬年青連合会
おもとの値段は、主に需要と供給で決まっていきます。数の少ない物は高く、多い物は安くなっていきます。
そうなので、数の多い、上の「都の城」のようなものはおもとの中でも価格は安くなっていきます。
羅紗でも、「瑞泉」や「福宝殿」は良く殖える木なので、価格は安く買えます。
「瑞泉」は昔は100万円しましたが、段々と数が増えるうちに、今の値段に落ち着いてきました。
古い木でも、「瑞泉」のように人気のあるものは値段が付きますが、多くの品種が値段も付かず、忘れ去られた木もあります。
品種自体に人気がないと、殖えても値段が付かないからです。逆に、この「瑞泉」や、「新生殿」、「お多福」、「玉輝冠」などの古くからある木で、落ち着いた入門者用の値段になっている物は
安くなってもやはり人気があります。安くなっても人気のある木というものは、
品種自体の価値が高く、その値段以上の芸を見せてくれると思います。また、そんな人気のある品種は、誰でも、初心者でもわかり易い特徴をもっていて、初心者でも見分けが付く品種がほとんどです。
大抵の木は、やはり数が殖えていくので、最初は1000万円などの値が付いていても、だんだんと需要と供給の関係で買い安い値段になっていきます。
人気があると、値は下がりにくく、おもとの大旦那が現れる事で今までより上がることもあります。
※富国錦の大旦那の話(始めよう、万年青に載っています)
また、少し難しい木や、図もの、などは値段の変化が少なかったり、その時の相場に左右されるものもあります。
「地球宝」や「残雪」などは、図物で、図の良い物は以前よりずっと高くなっているものもあります。図物景気のようなものもあり、少し下がったかな、と思うと、それを狙っていたかのように図性のよいものを買いあさる方もいて、値がまた上がっていきます。
上手な方では、10倍から100倍ほどにして儲けられる方もいます。
おもとには多くの品種があるので、大きな大葉系の人気、美しい、綺麗な薄葉系の人気、渋い羅紗系の人気や、大型羅紗系の人気など大きな流行があります。
太陽の人気で、今は縞甲系、錦麒麟系が値が上がってきています。
獅子系は今よい品種物でも実生も安いので、買いですね。
図物も全体に良い系統が安いです。
どの木でも、その木との出会いは一期一会。その木を逃せばそれ以上の木は何10年も見つからないということもざらにあります。惚れた木との出会いを大切にしてください。
安くても良い木がおもとには沢山あるので、好きな品種を楽しまれるのが一番です。
おもとの相場流行

おもとに相場があるのか、といわれることがあります。おもとの値段についてはその品種がもっている品位、風格、品質に加え、数の少なさ、希少価値といったもの、時代時代の流行もあります。
もちろん、同じ品種、例えば新生殿の苗にしても、特上苗なのか、中苗、小苗なのか、苗自体の大きさや根芋、葉きずの状態、覆輪や今までの作や作者によって500円のものから6000円のものまで、かなり大きく違ってきます。(2000~5000円か)

時代の流行は皆さんの好みで決まっていきますが、特に新しく始められる方がどんなものが好きなのか、ということでも流行の変化を感じることができます。

品位、風格、品質はそのおもとの経緯や丈夫さ、芸の独自性や面白さ、姿や形の美しさなど本質的なことなので変ることはありませんが、希少性は意外と変化していきます。

変化していくとは、例えば、昔は沢山あった愛国殿や愛玉殿、麟晃冠などの品種が値段の安さや流行の変わり目などで数が少なくなっていき、いざその品種の良さに気付く新しい人が出て欲しい人が増えてきますと、需要は大きいが数が少ないということで値が大きく上がっていきます。

また、おもとは数に限りのある世界ですので、自分で希少価値を出すこともできます。買占めです。ある人は愛玉殿を日本中から数千本と買い占めて、自分で処分してしまいました。そうしましたら数が少なくなった愛玉殿がまた見直され、
値も10倍ほどになったと聞いています。好きな品種がまだ100~200本と数が少ないと分かれば、50~100本買い占めてしまえば大きく相場が動いていきます。
ある人は小さな株式市場ですね、なんていったりします。

買占めという言葉を聞くとなんかあくどいことをやっているな?なんて思われるかもしれませんが、事実は真逆で、その品種の素晴らしさに気付いてほしい、好きだからそこ集めたい、そんな気持ちから買い集めていかれるので、広くおもと界から尊敬を集めます。

最近では獅子系統、千代田系統が人気が上がりかけていますが、獅子系統は初心者さんが、特に千代田系統は数人が中心になって盛り上げていこうと楽しんでおられます。

新人さんも増えてきて、新生殿、天光冠、お多福の図、四君子、富士の雪、残雪など、流行に関わらず、おもとの長い歴史で常に人気の高い別格全盛品も、また見直されてきています。

おもとの育て方 8月 岡崎市

万 年青 夏 岡崎市 豊明園 8月の栽培管理

 

気温と地域で変わる休眠期・水やり

気温と地域 休眠期との関係

暑い地域 最低気温が25℃以上

8月は暑さが一番強く、また長く続く月です。太平洋側でも特に暑い場所では8月は常に最高気温35℃以上、最低気温も25℃から下がらない地域もあるでしょう。このような地域ではほとんどの万年青が夏の休眠期に入ってしまい、葉や根の生長を止めてしまいます。生長せずに呼吸だけをしている状態なので、水も生長期と比べると頻度が少なく、肥料も切ってしまう方がほとんど。盆栽では真夏は朝晩水をかけて、という方もいらっしゃるようですが、万年青は休眠期に入っているので水をやっても吸い上げず、蒸れ、水のやり過ぎによる根腐れの原因になってしまいます。

ここで注意しているのが、真夏でも元気のよいもの、若いものは生長を止めない鉢があること。休眠期に入っている鉢とまだ生長している鉢では水の乾きがかなり違ってくるので、どちらに合わせるのかが肝。休眠期に合わせると水が少なく生長を止めてしまいますし、生長期の鉢に合わせると休眠期は秋の植え替えの際には根はかなり腐っているでしょう。一鉢づつ水やりができればベストですが、生長しているものを揃えてそちらだけは水の乾きを丁寧に見ていくことがいいのではないでしょうか。

 

涼しい地域

逆に、昼間は同じように暑くなっても、夜間はエアコンを入れなくても大丈夫という地域もあると思います。そういった地域では夜間の気温が万年青の生長期のベストな気温になっています。生長しているうちは夕方しっかりと水やりをして、根、葉の生長を止めないようにしましょう。そういった地域ではついつい肥料が多くなりがちで、肥料で根を傷めることがあります。昼間はかなり暑くなるようでしたら、肥料も控えめにしていった方が安全です。

 

休眠期と温度、湿度

気象庁の過去の気象データから、東京8月の日の最低気温24.18℃最高気温31.56℃、平均気温は27.34℃(2015-2019の5年平均)、暑いときは、最高気温が1995年33.7℃、2010年33.5℃のような特に暑い年もありました。また、湿度は79.2%と80%の湿度があります。

岡崎では、

降水量
(mm)
平均気温
(℃)
日最高気温
(℃)
日最低気温
(℃)
平均風速
(m/s)
日照時間
(時間)
128.1 27.0 32.3 23.0 1.5 206.4

 

私たちの外棚、温室では風が止まるときがあり、そんな時は40℃にもなるほど高温になり、おもとより先に人が参ってしまいます。また、湿度も100%近い過ごしにくい日が多くなります。

万年青は、経験則になりますが、気温が30℃を超えだすと、かつ、湿度が85%を超えてくるとだんだんと休眠期に入るような気がしています。気温が高くても湿度が低かったり(冬、春の乾燥した日の日差しの強い日)、湿度が高くても気温は低い梅雨のようなときは万年青は動きやすいです。高温と多湿の両方揃うことで、万年青は休眠期に入るようです。また、最低気温が25℃以上の日が続くと万年青にもよくないように感じます。

生長していない、休眠期に入ったと思ったら、まず水やりを控えめにしてください。

 

8月3日 日差し、よしづで調整しています。

気温が上昇して、真夏日や熱帯夜になりますと、オモトは成育が停滞して、休眠状態になります。この時期はできるだけ涼しい環境にして管理します。

 

8/20からの気候の変化

ここから、真夏のただ暑い時期から、秋へ変化していきます。8/20前後を境に、だんだんと根の吸い上げもよくなり、新根、根毛も活発になり、乾きがよくなります。この時期から乾かせすぎると新根の動き、根の動きが悪くなるので気をつけます。

病虫害も、季節の変わり目で出始めます。まだ目に見えて変化、被害はありませんが、ここで消毒をしておかないと、9月に大きな被害になるので、殺菌剤、殺虫剤をしておきます。

 

潅水

8月24日 オモトの抜き水、鉢底から水がでるまで。

夕方の潅水になります。月の前半は渇き気味にして管理します。15日をすぎると少し気候がかわり渇き具合が早くなります。

夕方の水やり

暑い時期では、朝の水やりの水が、昼間の日差しで暖まり、鉢の中が煮えてしまうことがあります。そんな場合は、早朝の5時ぐらいに水をやり、日が強くなる8時までには水がしっかりと切れているようにしたり、夕方に水をやって、逆に鉢の温度をさげてやることもよいと思います。

雨をあてるか?

8月の雨で、どしゃ降り、大雨、長雨は少しは万年青に当てますが、あとはビニールを引いて、長く雨に当てすぎないようにします。小雨でしたら、一日中当てることもあります。

雨はしっかりと鉢の中の水、空気が入れ替わるので、私たちは大切にしています。

採光

8月12日 よしづやダイオネットで遮光

日光は朝のうちほんのひとときだけあたるようにし午前8時頃までにはよしづやダイオネットなどて日覆いをします。日差しの強い場合は2重にする場合もあります。

逆に、冷夏や雨がちの夏では、日を良く採ってやりましょう。そんな年では万年青は日照不足になり、徒長の原因になってしまいます。

8月25日 福の光(ふくのひかり)採光の仕方で柄の出方がかわる。

通風

8月13日 ダイオネットで遮光、窓を全開して通風をはかる。

強い日差しをさえぎっても、オモト棚に風が通らなくなってしまったのでは、なんにもなりません。遮光と相まって、通風の効果が上がるように配慮し、真夏を涼しくしてやります。

施肥

アク水 ワラ灰

夕方の潅水時に灰汁水を混ぜてやります。月4回程度行います。

液肥、微量要素、竹酢液

極々薄い2万倍ほどの液肥・スーパー1や、微量要素のマルチケーミン、竹酢液も月に2度ほど行います。

液肥はその年の気候によって回数を減らしたり、増やしたりします。濃度は薄いままです。

オモト病害虫の予防と駆除

8月25日 農薬散布。葉の表・裏側・前面に霧状に散布、付着させます。

高温多湿が、オモトにとって致命傷といわれる青にえ・芋腐りと根おちの原因になります。オモトの栽培棚を涼しくしてやることや、鉢を渇き気味にすること。また灰汁水を与えることが芋腐れや根おちをさせないためにのなによりの予防法です。

まず、薬で抑えるより、健康的につくることで、健全に生長。肥料が多い、水が多すぎる、と夏の暑さや病気に弱くなってしまいます。

 

下葉の変化

8月

8月14日 下葉の葉色ががわる、新根が出て葉を破っているため赤く葉が変わります。

 

 

8月10日 芋吹き、元気よく新根が伸びています、砂から持ち上がってしまいました。植え替えして直します。

 

万年青の実

8月11日 BO10 実が大きくなり、実にも縞柄がわかります。

8月28日 種が膨らみ、皮が破れる。日照が強いと表皮が堅くなりその時、雨などがふり湿度が高まると、中の種が膨らみ皮が破れます。8月中頃から雨に当てないようにすると防げます。

 

実生について

8月24日 千代田実生 柄がよくわかります。

 

8月27日 実生、はきり分かるようになり選別します。

 

おもとの生長

8月12日 元気にしています。白い粒はカリ分の補給

8月26日 雨上がり

 

植え替えについて

植え替えのベストな時期は春と秋の生長期の少し前です。

なぜ少し前かというと、植え替えをすると万年青が新しい用土に慣れるまでに時間がかかり、その分、生長を止めてしまします。

8月はさすがに早すぎるので一般のお客様にはおススメしていません。秋の植え替えなら、9月の彼岸か、最近の暑さを考慮して10月ごろがよいでしょう。

豊明園では万年青の数が多いので8月終わりから秋の植え替えを始めます。植え替えの刺激で秋の新根が降り始め、下葉が非常に落ちやすくなります。その代わり、9-10月の秋の生長期には根も十分あるので、生長もしっかりとします。

植え替えは、美術木で葉数のあるものは展示会の直前、数日~1週間前がベスト。

若木など新根が降りやすく、また、多少葉が落ちたところですぐに新しい葉がでてくるものでは生長期に入るところか、少し前に植え替えしてもよいです。ですが、一番安心で、安全策なのは春、秋の生長期。

 

冷夏の場合

私たち万年青の豊明園の愛知県岡崎市では、夏は9割は暑さと湿度、風が止まることへの対応ですが、極まれに冷夏も訪れます。そんなときはまず日照も足りないので、日よけのタイミングも変わってきます。よく日に当て、健康的に育てること。また、肥料も涼しいのでやりたくなると思いますが、やりすぎず、ごく薄い1万倍以上の肥料を、日の良く出た日に。もしかすると、夕方の水やりにしなくても朝の水やりで対応できてしまうかもしれません。普段は万年青の休眠期を気をつけますが、夏中生長する場合は、水を切らさないようにしましょう。風が通るようなら、扇風機なども無駄になります。

いきなりガラっといつもの暑さに戻るといけないので、肥料のやり過ぎは気をつけましょう。

 

8月の万年青の育て方 注意点

7月に同じ。 万年青の育て方 7月 おもとの採光・水やり・通風

ホースの水、薬害、肥料のやり過ぎ。この8月の注意点に書いてない注意したいことも書いてあります。

8月の育て方で、失敗するもとは、夏の暑さ、直射日光の強さと気温の高さという環境です。

夏の暑さ ホースの水、鉢の中の水

夏の暑さで、ホースの水が熱くなっていて、それを万年青にかけて傷めてしまう、また、万年青にかけた水が熱い日差し、高い気温で鉢の中で高温になってしまい、鉢が煮えてしまうことがあります。

ホースの水は、水やりをする前にしっかりと水を出して、冷えた水になっているのを確認することで、問題ありません。

水やりの水が鉢にたまり、その水が煮えてしまうのを避けるために、暑い昼間や、その前に水をやるのは控えます。本当の早朝5時や、夕方、夜に水やりをして、日差し、直射日光が当たる前に水がしっかりと切れているようにしましょう。ここでしっかりと水が切れているというのは、カラカラに乾燥させる、という意味ではなく、適度な水の量、という意味です。

液肥、薬剤は使い切る

極々薄い液肥などをやられる方は、温度の高さですぐに腐っていきます。傷んだ水を上げるとやはり万年青によくないので、液肥は使い切って、きれいに洗います。また、農薬、他のものも、夏場は特に使い切り、清潔にすることを心がけます。盲点なのは、ホースの中に液肥などが残っていること。液肥をやったホースは、綺麗な水で流しておきましょう。じょうろなども同じ。

芯の水

同じく、水やりに関わることですが、万年青によっては、水をやったあとに、葉の芯に水がたまるものがあります。そういったものでは、夏の暑さで芯の水が熱くなり、新芽が傷む、病気になることがあります。水をやったあとに芯の水を筆やティッシュペーパーで取り除くことや、水やりの時に葉や、芯に水がたまらないように鉢の用土にだけかけることで防げます。水やりの時の注意点の他にも、強い直射日光が芯に当たるのを防ぐために遮光をする、建物の陰におく、風を通して、涼しい場所にすることもお勧めです。

また、芯に溜まるのが、水以外にも、液肥、薬剤などがあるので特に注意します。

夏の植え替えのしにくさが、手遅れになることも

この時期は、何か変だな、と思っても植え替えしにくいのも難点の一つです。春や秋なら、何かおかしいと思ったときにすぐに植え替えをして、芋根、用土の状態も調べることができます。夏場がそれが躊躇してしまいます。何も状態が悪くなく、ただ葉が黄色くなっているだけで植え替えをして、下葉がもっと葉が落ちる、ということを避けるためですが、ここは直観に従って、おかしいと思ったら植え替えや、根芋のチェックをして、調べることをお勧めします。調べてみて、結局状態がよいなら、その万年青が数枚、葉を落とすだけで自分の経験になります。やはり水が多くて根が傷んでいるなど原因が分かれば、それからの水やり、環境などを変えて、よくすることができます。

 

8月の育て方 注意点のまとめ

・ホースの水をしっかり確認すること

・直射日光や日が強くなる前に、鉢の水がきちんと切れていること

・液肥、薬剤は使ったら、使い切る事

・葉の芯に溜まった水、液肥、薬剤に注意すること

・夏場の植え替えは、葉が数枚落ちるリスクと天秤にかけて、大事になる前に躊躇なくすること。

 

●動画解説 【万年青の育て方】8月の注意点 ホースの水、芯の水、調子が悪いときの植え替え

【万年青の豊明園】【Points of OMOTO in August】

 

●動画解説 【万年青の育て方】8月の管理の基本 植え替えは×、万年青の休眠期、8/20 日よけ、病害虫、冷夏

【万年青の豊明園】【How to Grow OMOTO in August】

次の記事 万年青の育て方 季節の管理について

おもと春の管理

万年青の育て方 3月 オモトの採光・植え替え・種まき

万年青の育て方 4月 おもとの採光・肥料・芋吹き

万年青の育て方 5月 万年青の採光・肥料・交配

万年青の育て方 葉焼け オモトの日焼け

万年青の種まき おもとの繁殖 3月種まき

 

おもと夏の管理

おもとの育て方 6月 万年青の採光・水やり・肥料

万年青の育て方 7月 おもとの採光・水やり・通風

万年青の育て方 8月 オモトの採光・水やり・通風

万年青の置き場所  6月 自作棚

万年青 の育て方 夏から秋の管理       オモト・採光・水やり・根っ子

夏の栽培 注意点 芯の水が煮える オモト直射日光

 

おもと秋の管理 

万年青の育て方 9月  万年青の採光・水やり・肥料・台風

おもとの育て方 10月  おもとの採光・水やり・通風・展示会

万年青の育て方 11月  11月オモト・採光・施肥・根っ子

岡崎 万年青の根っ子      10月の根っ子

万年青の管理  水苔・植え替え

 

おもと冬の管理 

万年青の育て方 12月岡崎 オモト潅水・採光・防風・防寒

万年青の育て方 1月 岡崎 オモトの実・寒さ対策

万年青の育て方 2月 岡崎 オモト冬の管理・根・肥料・水やり

冬の寒さ対策       12月凍る場合の寒さ対策

おもとの耐寒性      アメリカ・ロングウッドガーデン

おもとの耐寒性      寒さに強い植物

 

 

曙 (あけぼの)

曙 基本情報

分類    大葉系統  曙系  江戸おもと
作出年代  藩政時代
登録    昭和40年
作出者
命名者
登録者    日本萬年青連合会
作出地    鹿児島県

曙 (あけぼの) 鉢 7.0号

葉長50㎝、葉幅9㎝内外の大型種。古くから鹿児島地方に存在していた品種。葉は緑色で光沢があり、葉の中央部はふくらみ、葉先はすらりと尖っています。卵黄色の斑が葉の中央より下部に現れ、採光が強いと白色の中透けとなって良く残ります。採光が弱いと、中透けは出にくくなります。

 

NHK趣味の園芸 で放映された『曙』あけぼの

曙 (あけぼの)

(太鼓胴蔦花楽鉢) 江戸 中・後期

NHK趣味の園芸 で放映された『曙』あけぼの

大江戸花競べ 十二選 第7回
万年青(オモト)雅なる”葉芸”の競演  講師 豊明園 水野豊隆

2019年10月27日 日曜 午前8時30分から3回再放送

撮影場所 愛知県岡崎市 岡崎城・岡崎公園・豊明園

大葉おもとは、別名「薩摩おもと」とも呼ばれており、現在でも九州地方でさかんに栽培されています。江戸時代に各藩がその地方独自の産業を発展させてきましたが、薩摩藩が独自の産業、藩の美術品としておもとを門外不出のものとしたと伝え聞いています。そのため、今でも鹿児島ではおもとはとても大切にされ、武家屋敷などに植えられています。

曙 (あけぼの) 2年生

大型種で農緑色の葉に卵色の曙色現す。性質は強健で作りやすい品種。採光を強く採ると写真のような色に出来上がります。又日光が不足する場合緑の葉が多くなります。露地植え可 実付き良い品種。

次の記事 曙柄

ホームセンター、園芸店で販売されているおもと

あけぼのおもと・宝船おもと

豊明園2代目水野淳蔵

だんだんとおもとの趣味者さんが増えてきました。
入門品種から高級品まで楽しむ方が大勢見えます。

引越しおもとや、お正月の生け花でも使われるおもと。
そのおもとは、観葉植物として『緑の宝石』のように楽しまれています。
 
豊明園2代目
26年2月20日永眠
水野淳蔵(幸三) 大正11年11月19日
日本おもと連合会理事長の職を2期6年にわたって務めました
水野淳蔵が理事長職に至った間の業績としは
おもと界功労者の表彰制度
おもと業者組合の結成
日本おもと連合会会員の4千5百人突破などがあります
昭和47年にはヨーロツパへ花卉園芸の視察団の一員としてオランダ・西ドイツ・スイス・フランス・イギリス各国の園芸業者、園芸試験場や庭園・生花市場などを国の代表として視察しました。
昭和53年にはまだ国交が樹立していない中国へ、日中愛蘭萬盆栽協会の第一次友好訪中団として視察いたしました。
豊明園2代目として100年の歴史をつくってきました
たづさわった万年青
五万石(ごまんごく)・四君子(しくんし)・白鶴(はくつる)・瑞雲海(ずいうんかい)
太陽(たいよう)・丹渓(たんけい)・旭洋(きょくよう)・光陽(こうよう)
金龍閣(きんりゅうかく)・翠峰(すいほう)・白麟(はくりん)
家康(いえやす)・華厳(けごん)・豊明海(ほうめいかい)・瑞豊殿(ずいほうでん)
寿岳(じゅがく)・金鳳(きんぽう)豊旗(とよはた)
命名権の仮登録制度受付番号1番は長春閣(ちょうしゅんかく)
おもと本を発行
根岸松の図(ねぎしまつのず)物語(平成14年発行)
おもとの歴史(平成16年発行)・を出版しました
寿岳(じゅがく)
胡麻斑系堂々とした葉姿
イメージ 1

奇跡の星の植物館

奇跡の星の植物館 おもとの展示

イメージ 1

イメージ 2

奇跡の星の植物館

和物の展示
おもと

淡路島の淡路インターの から車で10分、淡路夢舞台という場所があります

緑と花の複合施設で、
この植物館や、百段園という百段の花壇、
ウェスティンホテル、
総合会議場もある

奇跡の星の植物館
入館料600円

淡路島は昔からリゾートだったのでしょうか
美しい施設もたくさんあります

イメージ 3

兵庫県立
淡路花さじき

今が一番いい時期なのか、
テレビ局もきて美しい景色をとっていました
観光客が多すぎて、
駐車場がない

イメージ 4

イメージ 5

アメリカの留学生たちが作った
和物とデザインの融合

おもとを非常に気に入って、
タコツボに入れていました
毎日足を運んで自分で管理

完全な和の庭園やデザインは
京都や日本のどこでも和の庭園を探せばあります

ちょっと違った切り口で和物をつかい
海外の人に人気がありました

イメージ 6

人形浄瑠璃と花見
人形浄瑠璃がやられるそうです

他の植物館にはあり得ない展示、
オリジナルな展示が
日本中だけでなく、
世界からの人を呼んでいるようです

イメージ 1
江戸時代の歌舞伎役者 三代目尾上菊五郎
三代目尾上菊五郎は菊屋万平(きくやまんぺい)菊と万年青を好んだことから、植木屋松五郎(うえきやまつごろう)盆栽を好んだことから、と大の植物好きの200年前の歌舞伎役者でした。
彼の関係した浮世絵には万年青や松、松葉蘭など多くの植物との浮世絵が現代に残っています。
相方の役者がおもとと呼ばれ、何かあるのかと思ってしまいます。
この展示は淡路島奇跡の星の植物館でデザインされたものですが、当時の200年前の植木夜店の様子をみてみましょう。
三代歌川豊国 「四季花くらべの内 秋」1853年 約165年前 をそっくりと再現されています。
実はこの絵だけでも重要な意味をもち、当時、世界でもこれほど園芸が盛んで、将軍から庶民まで楽しむ園芸「文化」が育っている日本は驚嘆に値します。
絵の中に万年青が多くあるのも私としては嬉しいところです。
イメージ 2
徳川家康公が楽しんだといわれる伝説のおもと、永島や、珍奇おもと、江戸のおもとを中心に。菊五郎のための浮世絵が左にありますが、こちらでは小万年青、今の羅紗おもとを紹介しています。富貴蘭と比べても小さいので、かなりの小型万年青でしょう。
これらの浮世絵やそれを再現したディスプレイで200年前の日本の園芸文化の高さや、どんなものが流行だったのか、どんな鉢で、どんな用土で楽しんでいたのか、床の間で楽しんだのか、玄関先で楽しんだのか、などいろんなことが想像でき、興味が尽きません。考えさせられる面白い展示です。
奇跡の星の植物館写真 辻本氏写真
イメージ 2
マツバランやセッコク、風蘭とともに萬年青。江戸の中頃からは万年青と書かれることが多くなりました。万を萬として、萬年青として書物にもでてきます。
手前は世界が認めた、日本の育種の凄さ 菊
日本人のとことんまで追求していく、少しマニアックな特徴と植物の育種、品種改良は相性が良かったのか、江戸時代の園芸文化は世界一のレベルと言われています。

イメージ 1

奇跡の星の植物館
多肉植物が人気ですね

おもとは日本の多肉植物と
言われています

子供教室

イメージ 1
奇跡の星の植物館
夏休みの親子科学教室
この日のテーマは食虫植物
子供たちは真剣に、不思議そうに見入っています
アメリカのロングウッド庭園でも、イギリスのナショナルトラストの庭園でも、子供たちへの教室は行われています。アメリカでは、ランを一緒に描いたり、匂いをかいだりする教室、大人向けのランの講座、ネット上の講座などたくさんあります。
子供たちにちょっとでも興味を持ってもらえるように、あの手この手で教室を開いています
イメージ 2
子供たちもいろいろで、怖がってなかなか触れない子や、やんちゃにどんどん進んでいっちゃう子、興味のある事にはとことんなんでなんでといってくる子などやってるこちらが面白いです。