第14回 おもとを楽しむ会
ご案内




  

 14回おもとを楽しむ会 のご案内

おもと銘品 180点展示
日時
 27418()  19() 
    
 展覧時間  18():午前9時〜 午後5時 

19() :午前9時〜 午後4時まで
場所 おかざき農遊館 展示室
    愛知県岡崎市東阿知和町字乗越12番地
     (0564)46-4700





内容 徳川家康公が江戸城へ入る時に床の間に飾った、不老長寿のめでたい縁起の良い植物と言われているオモト(万年青)の展示即売や栽培相談 5000円相当のおもと5名様抽選会 1914時から

お客様のご厚意で50本おもと苗無料配布!








主催  公益社団法人日本おもと協会

主幹  公益社団法人日本おもと協会三河支部・三河おもと同好会

後援 中日新聞社・栃の葉書房(趣味の山野草)

優秀作品月刊趣味の山野草に掲載予定です

☆春の農遊館では出品規定なしなので、自由に出品できます!

4/13までに事務局の豊明園まで持ち込んで頂けますと助かります。

豊明園にて保管いたしますので随時持ち帰りできます。

4/19()午後4時返却もできます。








19日午前取材予定


大会事務所/豊明園 

444-0813 

愛知県岡崎市羽根町鰻池165

TEL(0564)51-4714 

FAX(0564)55-1706
























まんまこと
畠中 恵 さん作
1959(昭和34)年、高知県生れ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学卒。漫画家アシスタント、書店員を経て漫画家デビュー。その後、都筑道夫の小説講座に通って作家を目指し、『しゃばけ』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。人気の「しゃばけ」シリーズの他、『まんまこと』『つくもがみ貸します』『こころげそう』『アコギなのかリッパなのか』『アイスクリン強し』『こいしり』などで幅広い読者の支持を得ている。


万年、青いやつ
呑気ものの麻之助に縁談。そこに万年青の鉢をめぐる争いがもちこまれる。万年青好きの“連”のお披露目会のあと、のこされたひと鉢は一体誰のものなのか。大家、松野屋七郎兵衛、店子袋物師安助、両者一歩も退かぬ構え。
江戸情緒あふれる第三話。



文化庁長官表彰
 
青木慶祐
公益社団法人日本おもと協会名誉会長
 
永年にわたり、おもとの名作者として活躍するとともに、
日本おもと協会の役員・会長を歴任しておもと文化の普及・啓発に
尽力するなど、我が国の芸術文化の振興に多大な貢献をしている
 
 
森進一(67)さん、コロッケ(54)さんら35人と
世界文化遺産に登録された富岡製糸場(群馬県富岡市)を操業停止後も処分せず、05年に市に寄贈するまで保全してきた片倉工業(東京都)の1団体が表彰されました。
 
 
山野草、おもとを取り上げてくださる栃の葉書房でも
青木会長の祝!文化庁長官表彰 特集を予定しています。
 
 
 
平成26年度 文化庁長官表彰
文化庁の広報ページ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
『始めよう伝統園芸おもと』の本
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/



鉢とおもとの裏表








万年青 品種紹介
おもと 品種紹介2
万年青 
おもとを楽しむ
農遊館 
三河