おもとのFAQ
 よくある質問集


なぜ引越しおもとと呼ばれるのですか?

家康は江戸城におもとを持って入城し、
徳川300年の泰平の時代を築きました。
このことから、引越し先におもとを持っていくと
その家が繁栄するといわれています。


引越しおもとはどんなものがいいですか?

引越しおもとでは、丈夫な縁起のよいものがいいと思います。
お多福、新生殿、満月、永島、錦秀の松、福包、出世実生などは丈夫で、縁起の良い名前ですね。

おもと自体、万年青と書いておもととよみ、
万年、葉が青々として繁栄していくところからきていますので、
おもとならどれでもよいという風水の先生も

こちらも参考になります!

オーラの泉・江原啓之さんの引越しと「おもと」

どこに置くとよいですか?

一番よく飾られる場所は玄関ですね。ご自宅の入り口に縁起のよいものを置こうと考えてのことでしょうか。他には、リビングやトイレなどもよく置かれる場所の一つです。窓があり、カーテン越しのちょうどよい光が入ります。何より、おもとのよい気が部屋を明るくしてくれます。床の間があるお家ですと、床の間に飾り、昔のお殿様がおもとを楽しんだ気持ちが味わえます。


管理の方法を教えてください。

おもとは植物なので、光と水が必要です。
お送りするときには簡単な育て方が書いてある紙をお入れしますが、水を乾き具合にあわせて、2〜4日間隔であげてください。(室内で育てるとき。外では間隔を狭めた方がいいです。)
カーテン越しの日(直射日光はあまりよくない)
当ててあげると元気がよくなるでしょう。



趣味として始めたいのですが、
どう始めたらいいでしょう。

芸の変化の羅紗、くるくると巻く獅子、雄大な大葉、美しい千代田、特に丈夫な縞甲など、沢山の種類があります。
それぞれのジャンルで、特に丈夫で初心者向きの
品種を紹介します。

羅紗   新生殿、愛玉殿
獅子   縞獅子、鶴の舞
大葉   鷲高隈、錦秀の松
千代田 根岸の松・千代田の松
縞甲   四海波・雪渓錦
その他  満月


おもとに赤い実をつけたい

5月下旬から6月にかけて、蜜が出るので
そのときに筆で花(つくしに似ている)をなぜて下さい
お正月に赤い実を


おもとの花



ご質問あれば、何でもご連絡下さい。
TEL  0564-51-4714
FAX  0564-55-1706
メール omoto@houmeien.co.jp


入門品種 入門品種2  おもとの本

特選   大葉  薄葉 羅紗  羅紗2 実親   実生

引越しおもと   引越しおもと2

引越しおもと3 引越しおもと4


トップページ おもとについて おもとの作り方 オモトの系統
通信販売 楽焼 錦鉢 頒布品 新登録太陽

おもと豊明園HP