『玉獅子』たまじし

大葉の玉葉で、葉先大きく巻きて覆輪を有す、葉緑に大波ありて、玉獅子の名前あり珍品として推賞せらる

『布目羅紗』ぬのめらしゃ
孔雀丸に似て丸葉で右左に羽を広げたる
如く一列に生じ、地合は厚地の羅紗地に
青白の布目斑を現はし、稀品として推賞
せらる
『水菜兩面』みずなりょうめん
垂葉性の細葉で、葉先小さく彎曲して 
四方に株立の特質あるを以て
水菜の名あり青無地、珍種として推賞さる
『龍鉾』たつほこ
垂葉性の大葉で、葉縁に小波あり、別に
細葉の尖れる葉を生じ、地合は厚地の青
無地で、奇品として推賞せらる

『萬年青百種大観』橋本八重三著

和装・石版彩色  東京 六合館発行

昭和二年六月発行
萬年青百種大観2
園芸おもとニュース
おもとの歴史
  当時流行の萬年青百種を紹介解説してあります。
  百種の内、実親十種、裏芸十種、獅子一種、小葉十三種、
中葉四十二種、大葉二十四種。
  この本が出版された昭和初期では中葉のゆったりした葉芸のおもと、紅流や今では想像も出来ないような裏芸を持った珍奇おもとに人気があったようです。

直線上に配置
『草薙』くさなぎ
立葉性の巻葉で、青無地、明治十七年頃の
流行時に稀品として全盛を極めた
『幡龍』ばんりゅう
垂葉性の大葉で形(みだれがた)
に生じ青無地
園芸おもとニュース

新聞や園芸雑誌で取り上げられた、おもと関連の記事の紹介をします。

おもと園芸ニュース6

園芸おもとニュース 6  2007/ 7/22 

  この中でおよそ十三種ほどが現在も楽しまれており、玉獅子・根岸の松・文鳥丸・残雪・日月星・古今輪の虎(富士の雪)虎の子・紅骨(紅流し)・都の城・松の霜・江戸紺・白鷹・古今輪(一文字)、などです。