根岸の肴舎
「根岸松」題字は長三州書 
肴舎篠常五郎著『萬年青圏譜』掲載

明治二十九年

江戸時代文化年間(一八〇四〜一八一八)から凡そ百年間オモト界を代表した老舗「肴舎」(さかなや)は、当時、東京府北豊島郡金杉村根岸九十三番地に所在したことから地名を冠せられて、人に「根岸の肴舎」と呼ばれました。 屋号の「肴舎」は、文字通り祖先が魚類を販売していたからです。

「初代吉五郎」のオモト商としての実績は明らかではありませんが、「二代吉五郎」は、文化二年に「肴屋」というコオモトを打ち出していて、のち「煙草葉墨流」(たばこばすみながし)「松の霜」「根岸松」「若松」「宝船」「子宝」「富士の雪」などのオモトを取り扱ったことが知れます。

二代吉五郎には妻「てつ」との間に二男があり、長男を「吉之助」、次男を「恒成」といいました。吉之助は肴舎を継承せず分家し、東京市本郷区千駄木林町に住み、吉五郎も晩年ここで過ごしたようです。

恒成は、天保七年(一八三六)九月二十九日の生まれで、とくにオモトの新品種を出したという記録はなく、明治十一年に『萬年青銘鑑』を創刊したのが業績といえます。そして明治十二年八月二十五日になぜか四十三歳の若さで早くも隠居届けをしました。

と同時に、萬延元年(一八六〇)三月三日、折しも桜田門外で変事のあった雪の日に、恒成と妻「な津」との間に長男として生まれた常五郎が、わずか十九歳で家督を相続し、肴舎四代目当主となりました。常五郎は、明治十七年十月二十一日から二十七日までの七日間、邸内で「萬年青共晋曾」を開催し、好評を得て以後毎年の行事としました。

明治十八年には、三条実美、栗本鋤雲、山岡鉄舟ら超一流の人たちの力を得て『萬年青圖譜』と『萬年青培養秘録』を発刊載掲しました。
 また、『萬年青銘鑑』には題字をはじめオモトの寸描と和歌、漢詩など・当時の貴顕や著名な書家文人に揮毫してもらい・他に類のない文化の香りの濃い立派なものオモトそのものの価値まで高めました。

明治二十八年五月、明治天皇がお求めになったオモト「折尉火斗縞」と「於多福」の二品を、お預かりし管理したと伝えられています。
 明治三十三年、『増訂萬年青圏譜』を出しオモトの認識を高めました。

大正六年八月二十日、肴舎篠常五郎は五十九歳の生涯を閉じました。

「根岸松」の名の由来となった天然記念物
「根岸御行の松」 安藤廣重筆

明治29年刊肴舎の『萬年青銘鑑』第18号
明治天皇の信任厚く、貴族院議員を務められた福羽美静子爵の和歌と書「干代八干代ふかきみどりの根岸松さかえめでたき万年青なりけり」

萬年青の歴史
萬年青の歴史一覧
豊明園 歴史資料38