新生殿 (しんせいでん)

基本情報

分類    羅紗系統
作出年代    昭和10年代
登録    昭和21年追認
作出者   広瀬守継 (山形県)
命名者   水野淳治郎 (豊明園初代)
登録者   日本おもと協会

新生殿 (しんせいでん) 鉢4.0号 5年生                 昭和10年豊明園初代(水野淳治郎)が『国防殿』と命名、戦後昭和21年に『新生殿』と改名登録、おもと羅紗系の代表種。

品種解説

羅紗系

羅紗系統の中では大型種です。葉肉厚く、輝く総雅糸竜を現します。雄大で力強い魅力 を持ち、性質は強健で育てやすく、初心者から熟練愛好者まで人気の高い品種です。葉姿美しく特に丈夫なおもと 『新しく生まれる御殿』と名前よい
福福しい葉姿が人気 引越しおもと・お祝おもとなどお部屋の観葉植物に最適

新生殿 (しんせいでん) 鉢4.5号 7年生
姿迫力あり、芸も強い系統、丈夫な品種
特徴がはっきりした品種が人気 万年青を好きなすべての人が知っている品種。

羅紗という小型の万年青で、2~3年で芸を見せ始め、5年で親になる。見ごたえのある新生殿にしたかったら、7年ほどかかるかもしれない。それだけ時間がかかっても、育てる価値がある品種。非常に丈夫で、力がつくと子上げもする。芋吹きで増やすことが多いので、殖えるのに少しだけ時間がかかる。なので、どうしてもより殖え易いものよりは価格は少しだけ高い。
新生殿(しんせいでん) 2月 寒肥えを置いてある状態。

引越し祝い、新築祝いに最高 新生殿(しんせいでん)

徳川家康公が江戸城入城の際に、3鉢の万年青を自らたずさえて入城し、自分の床の間に飾った。
万年青のように万年、青々と栄えてゆくように、泰平の世が続くよう願ったといわれています。
万年青を自分の家へ、また引っ越し、新築、開業、開院などのプレゼントとして贈る
おもとを贈る方、贈られる方双方に福が来る

新生殿(しんせいでん)

葉姿美しく特に丈夫なおもと
『新しく生まれる御殿』と名前よい
福福しい葉姿が人気
引越しおもと・お祝おもとなど
お部屋の観葉植物に最適

「新生殿」おもと界に冠たる所以

昭和16年初代豊明園園主•水野淳治郎氏が岡崎城近くの料亭•双竜亭に全国のおもと界有力者を招いて大披露宴を催し発表されました。発表当時は堂々とした草姿が国防に相応しく「國防殿(こくぼぅでん)」と命名され、命名記念に名入れの扇子や酒器などが進呈されています。発表当時から高い注目を集めた「國防殿」ですが、戦後になって国防といぅ軍事的イメージを払拭するため「新生殿」と改名され、人気の衰えを知ることなく現在に至ります。

「新生殿」の特徴は数多く、羅紗系の中でも大型で品種が見分けやすい(類似品種がない)。芸が出やすい、丈夫でどんな地域•環境にも順応し作りやすい、葉が一年に3〜4枚出て葉姿が整いやすい、芋吹きでよく殖える、など枚挙に暇がありません。しかし、何と言っても入門者にもありがたい購入しやすい価格帯であることが一番の特徴ではないでしようか。数多く出回っている大衆品でありながら、その本質はよく認知され、何十年も栽培しているベテランの棚にはどこへ行っても必ず「新生殿」が置いてあると言っても過言ではありません。

 

新生殿(しんせいでん)栽培について

丈夫さはおもと随一で、陽の強さ弱さ、肥料の多い少ないに関わらず育ちます。芋吹き を毎年の様に切っても、根出しが良いのであまり生長が止まることがありません。一歩抜 きん出た美術木のために目を付けたいのは日照。日陰より陽を採ったほぅが、葉が短く詰 まり、芸が凝縮し、特徴である首の太さが出ます。肥料にも強く、肥料切れをしないよぅに 強めに肥料をやり、葉幅の引いた芸を引き出します。

実親としての新生殿

羅紗はほとんどが花芽を付けませんが、新生殿、華宝、嶺雲などいくつかは花芽を付けるものがあります。すでに羅紗なので確率は良いでしょう。作出された羅紗は『萬邦』、『邦山』、『雄山』に加え、『双天』の実親(♂木)である翠汀の実親(♂木)も新生殿で、実親を作出するのにも非常に楽しみな木です。
どれも♂として使います。花芽から実になるものはまだ見たことはありません。実を付けず、花粉だけ取って花芽を落とす(元から切り取ってしまう)ので力は実をつけるほど落ちず、毎年花芽を来させることもできます。

6月24日 新生殿(しんせいでん)の2年目、新芽(真ん中の2枚)が元気よく出ています。芋吹きです。この時期は伸びが凄いので、毎日大きくなっている感じがします。

5~6年生の新生殿(しんせいでん)
ここまで立派な芸を見せます。先ほどのやさしい葉がここまで変化して、‘芸’をしてきます。ここが羅紗の楽しみ。葉が厚いので病気や日の強さにも強いです。また、特にこの新生殿は名前がよく、引越しおもとにも人気。また、素直で芸もよく、丈夫なので、初心者から玄人まで人気。
新生殿の魅力の解説を動画にしました。

おもとの生育具合 新生殿 5月21日
新根が勢いよく出てきています。

新生殿
根毛が元気よく出てきています。芽当たりも動き出しました。良く見ると富士砂や軽石、矢作砂と根毛がくっいているのが見えます。この用土はおもとと相性が良いようです。

新生殿の根鉢

イメージ 3
新生殿の根鉢
4年生これから芸が良く現れます。
プラ鉢から抜いた状態、しつかり根が出ています。
イメージ 4
新生殿
今年完成木になる予定で錦鉢に植えてみました。2017/03/15

新生殿の1年生

イメージ 7
おもと新生殿(しんせいでん)
1年生 春親芋を切り本葉が出た状態。この時注意して見るのは芋の鏡(表面)、きれいな色をしていれば親木の管理は合格です。
新生殿の1年生
イメージ 4

新生殿(しんせいでん)親木

イメージ 6
おもと新生殿(しんせいでん)
親木4~5年生 雅糸竜があらわれ堂々とした姿を見せています。
イメージ 1
新生殿(しんせいでん)
覆輪深く、堂々とたした丈夫な品種
今回ご紹介するのは、新生殿です。
万年青を趣味にしている人なら誰でも知っている、新生殿。私たちの万年青の本でも、様々な万年青の本の表紙にも新生殿は使われます。今回は、栃の葉書房さんから出版した私たちの万年青の本の新生殿を中心に、その魅力をご紹介します。
トピックは、はじめに、新生殿の万年青界に冠たる所以、実親としての新生殿、栽培について、というトピックでお話ししていきたいと思います。

まとめ

新生殿は万年青界の顔ともいえる品種で、
万年青の本の表紙にもなっています。
それは、昭和10年代からの100年近い歴史と
丈夫さ、作り易さによる初心者の入りやすさに加えて
芸の深さがあることでベテランも新生殿愛好家が多いです。
実親にもなり、手をかければかけるほど良くなる新生殿
是非ご自身で育ててみてください。

万年青葉芸の変化 新生殿 

福包 (ふくづつみ)

分類    薄葉系統    江戸おもと
作出年代 江戸時代
登録
作出者   不詳
命名者
登録者

葉長5㎝葉幅3㎝内外の小型種。葉芸はなく、1年に4~5枚程丸い葉が愛嬌良く出る 葉姿は美しい。他に類を見ない独特の愛くるしいその姿は、名前どおり福を包み込むイメージで古くから多くの人に親しまれている。性質は弱いが繁殖は良く、子上か゛非常に良い。江戸時代からの古典保存品種として、初心者からマニアまで幅広い人気がある。

「福包」は愛知県豊橋の殿様が作出し世に広めたおもとです。
江戸時代優雅に萬年青を楽しんだ大名が、三河吉三(豊橋)七万石の最後の藩主・松平(大河内)伊豆守信古(おおこうち のぶひさ)である。吉田(豊橋)藩松平氏は、もと三河の国宝飯郡長沢村からでたので長沢松平氏と称したが、その嫡流が絶えたため、同じ三河の国額田郡大河内村から出た大河内氏か跡を継ぎ、大河内松平氏といわれるようになった。この家を有名にしたのは、徳川三代将軍家光のとき、三十年間にわたって老中職を勤め、人をして智恵伊豆といわしめた松平伊豆守信綱を出したからである。
大河内信古は、安政六年(1859)から年(文久二1862)にかけて寺社奉行であった。萬年青との関わりについては、現在でも稀に見ることの出来る珍種「福包」が、この人の作出とされている。
縁起良い名前『福包』に 愛嬌ある福福しい葉姿が人気
引越しおもと・お祝おもとなど お部屋の観葉植物に最適、丈夫な品種 特徴がはっきりした品種が人気
福包(ふくつつみ)

福包(ふくつつみ)

NHK趣味の園芸 で放映された『福包』ふくづつみ

大江戸花競べ 十二選 第7回
万年青(オモト)雅なる”葉芸”の競演  講師 水野豊隆             2019年10月27日 日曜 午前8時30分に放送

撮影場所 愛知県岡崎市 岡崎公園・豊明園

イメージ 1

 

おもと 福包(ふくつつみ)
ふっくりした葉姿の美しい品種。丈夫で良くふえるかわいらしいおもと。
大きさは手のひらに乗ります。

 

 

【万年青品種紹介】【福包・ふくづつみ】の紹介と育て方 豊橋藩主が寝てる時も肌身離さなかった愛され萬年青!

 

福包を作った、松平(大河内)伊豆守信古  間部下総守詮勝の次男 

吉田城藩主 松平(大河内)伊豆守信古

 

錦昇龍  (きんしょうりゅう)

分類    薄葉系統  砂子斑
作出年代  大正10年頃
登録
作出者   不詳
命名者   水野淳治郎 (豊明園初代)
登録者   日本萬年青連合会

錦昇龍(きんしょうりゅう) 4年生 鉢外形約13.5㎝

天を昇るような葉姿が印象的な縁起おもと立ち葉、性質は丈夫 お祝いおもと・引っ越しおもとに最適品種。株立ちになりやすい品種性質は強健で作り易い品種。中型種。
とても丈夫で、初心者からベテランまで楽しめる繁殖はよく子上げする。

錦昇龍(きんしょうりゅう) 5年生 錦の龍が昇るように立ち上がる葉が美しく、見ごたえがある。黄色味を帯びた深めの砂子覆輪と甲龍が、時にひねりながら昇る葉にそって表れ、名前の通りの龍を現している。非常に人気があり、特にプレゼントで使われているが、近年少なくなってきた。おもと界全体で繁殖に努めたい。どう考えても世界中で人気が出る品種。豊明園初代が、名前と特徴がきちんと一致しているものは1000年残ると大切にした品種。

錦昇龍(きんしょうりゅう) 2年生

 

イメージ 6
おもと錦昇龍(きんしょうりゅう)  
天を昇るような葉姿が印象的な縁起おもと
立ち葉、性質は丈夫 お祝いおもと・引っ越しおもとに最適品種。


HP 製作中

旧来のホームページが新しい方式・端末に対応できなくなってきましたので新しいホームページの立ち上げを試みています。

あわせてブログもこのHPのこの場所へ随時書き込んでゆくことになりますが4月ごろを予定しており暫くはHPのコンテンツを充実させていこうかと考えています。
よろしくお願いします。