雪中の松 (せっちゅうのまつ)

分類    大葉系統   中型
作出年代 不明
登録    昭和44年
作出者   古くから東北地方にあつた由。
命名者   昭和15年水野淳治郎(豊明園初代)命名。
登録者   日本萬年青連合会

葉長30㎝・葉幅6㎝内外の大葉系の中型種。古くから愛されてきた、大衆向きの品種だったが、近年特に図性の良い系統が現れ、高値で取引され業界を騒がせたことは記憶に新しい、現在は図性の良いものが取引される。濃緑色の中立ち葉に雪白の図はコントラストが鮮やかで万人の目を引き付ける。性質は強健で採光は朝日を充分採り、その後はやや弱めにする。施肥は多め、繁殖はとても良い。また実付きも良く、露地植えでも良く育ちます。

 

イメージ 4
雪中の松(せっちゅうのまつ)
濃紺緑色の葉に図柄をあらわします。淡い黄色い図は涼しくならないと白くなりません。8月2日
 

10月

図物好きは必ず持っているといわれるほど、図の良さが際立つ品種。非常に古くからある歴史のある木なので、良い系統、そうでない系統がありますが、その中でも良い系統が他の図物と比べ格段に手に入りやすいです。これも時代の流れがあるので変化します。濃紺、広い葉幅に雪白の図がのる品種で、葉の胴が少し膨らみ、葉先はややとがる。大葉の中では中型になります。子上げもよく、繁殖は株分けがほとんど。株立で楽しむことが多いですが、緑の地よりも図の方が多い木がでてくることもあり、そんな時は素立で楽しみたい気持ちもわかります。非常に丈夫なので安心しておススメできるおもとですが、直射日光が強いお棚ですと、春先の2~4月に昨年葉をやくことがあります。日はなるべく強く取りたいですが、寒風、強風の吹くその時期は直射の当てすぎに気を付けて。
 縁起の良いおもとなので、実も付きやすく、正月にぴったり。『雪中の松』という名前も素晴らしいです。図を雪に、濃紺の葉を松に見立て、雪の降る中、松がどっしりとたっているさまをイメージしたのでしょうか。名前にあったオモトは長く愛されます。
『雪中の松』濃緑色の葉に雪白の図を現す。株立ちになりやすい。
性質は強健で作りやすい、実付きも良く、露地植えにもよい品種です。
非常に古い木で、一番古くは江戸時代という説もあります。東北地方はアメリカ・ロングウッドガーデンと同じ緯度で非常に冬場寒くなる場所です。以前のおもとの本にはおもとの北限が福島県となっていましたので、話が食い違っているともいわれていました。今回(2018/03/07 )、ロングウッドガーデンで-25℃でもおもとはぴんぴんしていたので、まず東北地方に古くから自生していたことに間違いないと思います。東北地方は古くから非常におもとの盛んな場所です。武家文化が残っている場所が多く、徳川家康公や殿様がおもとを楽しんでいたので、おもと文化があります。また、船による貿易も盛んで、京都のおもと文化も残っている場所です。
イメージ 2
『雪中の松(せっちゅうのまつ)』 鉢15cm鉢

錦麒麟 (きんきりん)

分類    薄葉系統
作出年代  明治32年
登録    昭和9年
作出者   大辻久一郎
命名者   大辻久一郎
登録者   日本萬年青連合会
作出地   京都府
錦麒麟 (きんきりん)  鉢5.0号 ふくらみのある広い葉巾で、中央に甲竜を現し、黄色い深覆輪を見せる。やや大型で、明治時代に『玉川竜』より作出される。縞柄が均一に入ると価値が高くなる。縞柄の抜けた物は『麒麟冠』と呼ぶ、実付きは特に良い。『錦麒麟』の実生に太陽が生まれる。

王道品種として常に愛される。丈夫で、華やか、名前もよく、実もついた日にはお正月にもぴったりの縁起物。万人に愛されるおもとです。肥培すれば大きさもかなりの大きさになり、実付きも非常によいものが望めますし、逆に小型でかっちりと作りたい人には、小型の鉢で作りこんでいけば凛々しいきりりとした姿を楽しめます。
『錦麒麟』の相場について
この『錦麒麟』についてはその人気と縞の特性、殖え方によって独特な値段の変遷があったので、ご紹介します。
おもとのほとんどの品種は、どんなに人気のある品種でも、時代が進むにつれてだんだんと値段が優しくなっていきます。需要と供給の関係で、殖えればどれも値段が下がります。やはり質が高いおもとは人気が出るので需要が高く、なかなか値段が下がらないのが常ですが、いずれ下がってきます。この『錦麒麟』は少し相場が下がりだすととたんに買い占める人が出てきて、すぐに市場に出回る数が減り、価格は維持どころか上がっていきます。欲しい人は常に多い木です。丈夫で殖える木ですが、欲を出して無理に増やそうとするとなかなか増えない木でもあり、供給が限られています。縞柄も常に一定ではないので、縞の良いものは相場の倍になることも。いろいろな要素が絡み合い、万人に愛される『錦麒麟』は相場の底値ではまず買えない木でもあります。
やや大型種。胴ふくらみの広い葉は光沢良く、緻密な地合いとなる。葉肉は至って厚く、広い葉の中央部に高い甲竜が現れ、重量間ふれる葉姿となる。葉全面に黄色の縞が入る。縞柄が均一に入るほど希少価値が高く、いつの時代も安定した人気がある。芋吹き苗は丸みを持った愛くるしい葉姿で人気が高い。縞柄があるため性質はやや弱く、採光は強めにする。芽当たりは小さく、余裕を持って芋吹きをすること。
イメージ 1
おもと品種名 錦麒麟(きんきりん)
胴ふくらみの葉に、力強い甲竜が昇る。中葉の中ではやや大型で、迫力、重量感がある。性質は、丈夫で、採光はしっかりとる。
『太陽』は錦麒麟の生え。実親としても優秀。
イメージ 3
錦麒麟(きんきりん) 1才
この頃から覆輪も深く、縞華やか。縞柄によって値段の幅がある。
根岸の松、玉獅子の虎とともに、初代から豊明園が押してきた品種で、一目みて特徴がはっきりとして美しい。
岐阜の名作者さんも錦麒麟が好きで、枠単位で集めて全国大会を狙っていた。
このおもとをみておもとを始める人も多い品種で、美しい縞柄と、迫力ある巾広の葉、力強い甲竜と魅力たっぷりな大好きなおもとです。
イメージ 5
錦麒麟(きんきりん)
全国大会に入った親木を芋吹きしてみました。左は最高の柄、中は半白、左は真っ白、一つの芋からでも柄の違いがあります。縞柄は固定しにくいです。
イメージ 1
おもと 錦麒麟(きんきりん)
広い葉巾に広美しい縞柄を見せ甲竜を見せる。明治時代から続く人気萬年青。
縞柄は10本増やすと、3分の1は青く、3分の1はハデ柄、3分の1は良い縞柄が出やすいです。均一な縞柄を生む物は少ないです。
又青い葉やハデ柄の物でも作っている内に良くなる場合もあります。良い縞柄の木も縞柄の固定はしません。写真のような錦麒麟は少ないです。良く見ると下葉は少し青いです。

光陽 (こうよう)

分類    薄葉系統  縞甲系
作出年代     昭和49年(1974年)
登録    平成元年
作出者   水野淳蔵 (豊明園2代)
命名者   水野淳蔵 (豊明園2代)
登録者   水野淳蔵 (豊明園2代)
作出地   愛知県  (豊明園)

 

光陽 (こうよう) 鉢4.5号 地は艶消しで厚く、やや黄色みを帯び、黄白色の大覆輪をかける。葉先は丸止めで、葉丈がつまり、葉姿が美しい。粗い総雅糸竜に玉竜をのせ、小型縞甲の代表種。性質 強健で作りやすい品種。

小型縞甲の代表種。縞甲系は大葉と変わらぬ大きさの大型のものや、「豊明海」「月光」などの中型のものと大きなものが最初にでてきた。だんだんと交配が進むにつれ、羅紗系統との親との交配が進み、縞甲系と羅紗系の両方のよさをもつ品種が出てきた。縞甲系の強い雅糸龍に、大きさのある迫力と、羅紗の小型さと芸の緻密さや変化の大きさが加わり、両系統のよさを凝縮したような本種ができた。

詰まった葉に葉幅広く、その広い葉前面を覆う雅糸龍は力強い。水、日光、風通し、肥料、若さで雅糸龍も変化し、荒いものから、非常に繊細な雅糸龍をみせ、芸の幅の広さに驚かされる。姿もまとまりやすく、葉数もくるので、太平洋側の夏場暑い場所なら2年の葉を持たせればかなり美しい姿を楽しめる。縞甲系のよさでもある、若いうちからよい雅糸龍をみせてくれるので、長くゆっくり楽しみたい人は1-2才の若苗の生長を見守るのがおススメ。梅の咲くころ、桜の咲くころ、肥料をやり、竹酢液やワラ灰、スーパーワンなども使いながら春からの芽伸びを楽しみたい。
竹酢液 防虫 病気は虫が主に媒介するので、まず虫が嫌がる環境をつくります。

薄葉・縞甲系統。地は艶消しで厚く、やや黄色みを帯び、黄白色の大覆輪をかける。葉先は丸止めで、葉丈がつまり、葉姿が美しい。粗い総雅糸竜に玉竜をのせ、小型縞甲の代表種。性質 強健で作りやすい品種。姿よく、華やか素晴らしい木雅糸龍すばらしい。どの葉も見事な雅糸がでて、見る者を引き込みます。

黄白色の大覆輪をかけ、雅糸竜・玉竜を見せる。
おもとの丈夫な品種・縞甲竜 光陽(こうよう)
イメージ 2

第58回全国万年青名品展で縞甲系の特別賞に輝き、一躍注目を浴びるようになり、以降人気が続く。太陽と近い魅力をもっているので、再度注目されている品種。交配は、『三河大宝』×『晃明殿親』

イメージ 3

若い頃、2~3才。芸も早いので楽しめる。葉巾も引き、太陽と共に楽しんでもらいたい品種。

縞甲竜系統
縞柄と甲竜の特徴を持った系統。縞甲系統ともいう。錦麒麟、光陽、晃明殿に代表される。
入門品種に、四海波、雪渓錦。また、人気の品種に、月光、雪雷、晃明殿、丹渓、光陽、錦麒麟。太陽や、萬陽もこのジャンルに属する。

豊明海 (ほうめいかい)

分類    薄葉系統  縞甲系
作出年代    昭和33年(1958年)
登録    昭和43年
作出者   水野淳蔵(豊明園2代)
命名者   水野淳蔵(豊明園2代)
登録者   水野淳蔵(豊明園2代)
作出地   愛知県  

豊明海 (ほうめいかい) 鉢4.5号 縞甲系という雅糸龍を魅力的にみせる中型のおもと。その縞甲系の中でも葉幅は広く、迫力があります。濃紺の地質に雅糸竜を見せ小さな玉雅糸竜を見せます。この写真の木は、特に珍しい縞覆輪の木。濃紺の葉に覆輪のみの木ではどっしりとした力強さを、この稀少な縞覆輪では力強さの中に華やかさを感じさせる姿になります。『光陽』、『太陽』、『萬陽』など、小型、中型縞甲と呼ばれるものは人気品種が多いですが、この『豊明海』はその中でも横にどっしりと構えた姿で、この写真の縄縁太鼓胴のような胴太の鉢や、盆栽鉢、山草鉢など世界が横に広がっていく鉢との相性もよいです。メインに『豊明海』を据え、脇に可愛い山草を飾れば、渋さの中に愛らしさを感じさせる玄関飾りや床飾りに。今は一本立ちが主流の時代なので素立で楽しむことが多いですが、この『豊明海』や縞甲系は株立ちの迫力は抜群。株立ちの鉢植えにして育てると、普通の黒鉢に入っていても誰もがまず目を引く、焦点になるおもとです。首が太くなるので、非常に力強い印象を与えます。

 

この写真の木は、特に珍しい縞覆輪の木。濃紺の葉に覆輪のみの木ではどっしりとした力強さを、この稀少な縞覆輪では力強さの中に華やかさを感じさせる姿になります。光陽、太陽、萬陽など、小型、中型縞甲と呼ばれるものは人気品種が多いですが、この豊明海はその中でも横にどっしりと構えた姿で、この写真の縄縁太鼓胴のような胴太の鉢や、盆栽鉢、山草鉢など世界が横に広がっていく鉢との相性もよいです。メインに豊明海を据え、脇に可愛い山草を飾れば、渋さの中に愛らしさを感じさせる玄関飾りや床飾りに。赤い実も付くので正月にもぴったりです。今は一本立ちが主流の時代なので素立で楽しむことが多いですが、この豊明海や縞甲系は株立ちの迫力は抜群。株立ちの鉢植えにして育てると、普通の黒鉢に入っていても誰もがまず目を引く、焦点になるおもとです。首が太くなるので、非常に力強い印象を与えます。

 

『月光親』×『四海波』の交配で生まれる。

玉姫 (たまひめ)

玉姫の基本情報

分類    薄葉系統  獅子系
作出年代     昭和52年
登録    平昭和60年
作出者   不詳 (愛知県)
命名者   小川義明 (愛知県)
登録者   小川義明・六鹿昭 (愛知県)

玉姫(たまひめ)幅の広い葉一面に高く盛り上がる総雅糸竜を現し、中央に「鳴門の渦潮」を思わせる玉竜と、葉面を突起させるような跳ね竜を現す。葉肉が非常に厚い多芸品種にもかかわらず巻は良く、覆輪も深く大変観賞価値の高い逸品である。非常に人気も高く、棚入れを希望する趣味者も多い。性質は強健で繁殖も良く、特に子上げが良い。あまり強い日に当てると大きくならず葉の巻きも悪くなるので、採光は普通にする。施肥は普通で良い。

 

玉姫の魅力 玉雅糸竜と跳ね芸

濃緑色の葉に盛り上がる厚はに総雅糸竜・玉竜葉面を突起させる跳ね竜を現す、
丈夫で育てやすい品種 採光はやや強めにして管理。おもとの中でもこれほど激しい玉雅糸竜・跳竜を見せる品種は少ない。獅子系統の中では一度は作ってみたい品種。子上良く丈夫です。又実親として玉雅糸竜・跳ね芸を移す雄木に使用しても面白い。

 

芸の強いものほど、若い時に暴れる傾向があります。大人になると落ち着いてきて(!?)、整然とした姿になってきます。非常に葉肉が厚く丈夫で、この青、縞、覆輪、縞覆輪、どれも実親に使えます。もちろん私どもも使っています。小型の玉姫とも言われる古龍丸のようなものを狙っても面白いですし、この芸でより葉の長いものや大葉系統とかけて大きな玉姫の芸の強いものを狙っても面白いですね。羅紗の実親とかけて羅紗獅子の玉姫がでても盛り上がりは凄いでしょう。長い間なかなか手に入れるのも難しかった品種。

跳ね竜

玉姫(たまひめ)2年生

青の玉姫(たまひめ)

玉姫 (たまひめ) 獅子系の実親の♂木として最適

イメージ 4
玉姫(たまひめ)
濃緑色の葉に盛り上がる総雅糸竜・玉竜・跳ね竜を現す

 

 

玉姫 たまひめ  の 跳ね竜

イメージ 4
跳ね竜で一番有名なのは玉姫でしょうか。
なかなかここまで綺麗な跳ね竜を魅せる品種は少ないです。若い頃は雅糸龍だったものが、年を重ねるにつれ、雅糸龍も深い山を刻むようになり、玉竜、跳ね竜を現すようになります。竜が跳ねているようにみえるので跳ね竜といいますが、角のように見えるという人も。角竜(つのりゅう)とも呼ばれ、これは万年青の芸の奥深さなのですが、地域ごとに呼び名がかわったりしています。
万年青の曙柄(外輪山や東天光、福の光など)が、海を渡ったアメリカでも アケボノで通じます。葉芸に関しては世界でも特に秀でた観察眼を持っていた万年青趣味者。突き詰めていく民族性なのか!?
この跳ね竜があると華やかな印象になり、元気のよいイメージを与えてくれます。もし新品種に跳ね竜を出したいな、と思ったら、青龍や玉姫などを使うとやはり遺伝しやすいです。玉姫も交配の時に羅紗の血が強いと羅紗獅子や本当の羅紗になりますので、面白いです。

玉姫の根

玉姫(たまひめ)

玉姫(たまひめ)上砂を取り根の状態を見る

玉姫(たまひめ)

新根や枝根が新しく出ています。古根の根っ子も健全な色です。

玉姫(たまひめ)6月15日

縁金に植え替え、入梅の時期根が表土より出ているもの、元気のない物は植え替えします。この時期植え替えしても大丈夫です、ただし古葉(下葉)が落ちやすい、上から根っ子がでてくるからです。この時期の植え替えは前の用土を8割ほど使います。

 

玉姫についての動画

 

おもと芸 跳ね竜

金鶏 (きんけい)

分類    薄葉系統
作出年代  不明
登録    昭和 57年追認
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

江戸時代からのおもと数は多くなく、歴史があり希少な品種。江戸時代、明治時代の文献にも多数出てくる人気の品種。なぜ人気だったかというと、この金色の斑が実生で出すことができず、初心者でも簡単に見分けができたから。濃緑色の葉に黄金色のちり斑を現す。春先から採光を強めに管理すると鮮やかさが増す。

万年青 金鶏 (きんけい) 鉢5.5号

 明治期の文献に記載されている「司鼈甲(つかさべっこう)」の上芸品種。ゆつたりとした優しい葉姿と、黄金色に輝く鼈甲柄が華やか。鼈甲柄は「司鼈甲」と本種でしか味わえない。日光をよく採ることで柄の発色が良くなる。性質はやや弱く、採光は強め。肥料は普通。古典品種の盛り上がりによって注目が集まる。
豊明園初代は特別な識別眼なしに特徴をはっきりとわかるおもとを特に大事にしていた人でした。豊明園初代が大切にした根岸松の図や新生殿、愛玉殿、剣舞、天光冠、雪中の松、寿、錦昇龍、白雀、白蝶、錦王雀の図などどれも初心者でも一発でわかる品種です。その当時、符丁おもとともよばれる、ラベルがないと誰も識別できないおもとの売り買いが流行していて、豊明園初代は分かりやすい、楽しいおもとを志したのでした。形も素直で美しく、柄も楽しめる「金鶏」。江戸時代からの歴史もあり現在貴重になりつつあります。
金鶏 (きんけい)

イメージ 2

鼈甲柄
べっこうがら

金鶏 きんけい
です

非常に珍しい江戸おもと

日月星 (じつげつせい)

分類    薄葉系統  一文字系 江戸おもと
作出年代    安政年間
登録    昭和9年
作出者   三河屋某(愛媛県)
命名者
登録者   日本萬年青連合会 

葉長15cm葉幅3cm内外。濃緑色の深覆輪で葉が内側に巻いたような樋葉(筒葉とも)となり、1年に出る葉数は万年青の中で最も多い5枚から8枚ほど。子上げも良い。江戸時代に生まれてから今まで同じようなものが生えていない、独特の姿をもつ。採光、肥料は強め。この系統は乾燥した風は避け、湿度を保つことで良く出来る。採光を強めに管理すると葉巾が広くなり又子が繁殖しやすくなります。

日月星 江戸時代からおもと江戸珍品

世が世なら、100萬円と言われても安いといわれたおもと。
おもとの価値は歴史的価値や芸や形の質の高さ、おもととしての完成度や繁殖のよさ、丈夫さが加味されて決まってきます。
江戸時代、原種のよく見る青いおもとが主だった時代、この『日月星』の姿は品があり、葉の美しさは武士道にもかない喜ばれ、おもと数寄者 趣味者を魅了しました。この『日月星』が素晴らしいのは形、芸というだけでなく、実をまいてもこの独特な日本刀のような葉がでないことが人気の続く要因でした。
新生殿や天光冠、根岸松の図、楊貴妃、四君子、太陽など
オンリーワン、唯一無二の特徴をもつ木は時代を超えて愛されます。
この日本刀のような葉をもつおもとは、、日月星(じつげつせい) 濃緑色の葉に深い覆輪を見せる品種。江戸時代からのおもと江戸珍品
世が世なら、100萬円と言われても安いといわれたおもと。
おもとの価値は歴史的価値や芸や形の質の高さ、おもととしての完成度や繁殖のよさ、丈夫さが加味されて決まってきます。
江戸時代、原種のよく見る青いおもとが主だった時代、この「日月星」の姿は品があり、葉の美しさは武士道にもかない喜ばれ、おもと数寄者 趣味者を魅了しました。この「日月星」が素晴らしいのは形、芸というだけでなく、実をまいてもこの独特な日本刀のような葉がでないことが人気の続く要因でした。
新生殿や天光冠、根岸松の図、楊貴妃、四君子、太陽など
オンリーワン、唯一無二の特徴をもつ木は時代を超えて愛されます。

日月系の葉の管理についておもと 日月星(じつげつせい) 6月24日     芯の葉が樋状になり包み込まれています。葉が筒やといのような形をしている葉が内側に丸まり、新芽を包んでしまうので、この時期に手でそっと開きます。取り出すことが必要、やわらかいので丁寧に

日月星(じつげつせい) 葉の柔らかい今の時に手でそっとだします。早めに行うと葉が開いてきます。新芽をだして、日にしっかりと当てることで、覆輪がとても深くなる品種です。
日月星(じつげつせい)
日月星(じつげつせい)には大事な特徴があり、実生で生えにくい、というのがあります。それを考えた時に、日月星をみてはっとしました。確かに、これは実生では作れないな、どれとどれを交配すれば、なんて見当がつきません。実生ではまずできないでしょう。これは最高の特徴だと思います。そして、日月系統は、すべて日月星の根がわりで、それがすべて。もちろん、実生の入る余地はないです。名前のごとく、自分の世界を作ってるな~、なんて感心しました。

日月星(じつげつせい)

NHK趣味の園芸 で放映された『日月星』じつげつせい

大江戸花競べ 十二選 第7回
万年青(オモト)雅なる”葉芸”の競演  講師 水野豊隆             2019年10月27日 日曜 午前8時30分に放送

撮影場所 愛知県岡崎市 岡崎公園・豊明園

(菱文様楽鉢) 14.1~14.6  明治初期
おもと『萬年青図譜』(日月星)の紹介 
イメージ 1
日月星(じつげつせい)

濃緑色の樋葉で白黄色の深い覆輪をかけます。株立ちになりやすく、根は細い。
通風と採光をかげんして作ると写真の木のように葉巾が出て見ごたえのある木になります。

明治時代日月星の高価な時は培養に神経を注ぎ、通風と採光に気を配って栽培していたことが伺われます。

安政年間より続いている「日月星」

イメージ 5
安政年間 愛媛県で生まれたおもと。
明治15年(1882)日月星葉1枚当り1.000円  14000円  当時米俵2.80円  5000俵です

 

イメージ 2

おもと品種『日月星』じつげつせい   題字山岡鉄舟書

『萬年青図譜』(おもとずふ)
肴舎(さかなや)篠常五郎(しのつねごろう)著明治十八年三月に出版された本。
維新の元勲・三条実美と東宮侍書・長三洲の題字があります。
精密な銅版画の5色刷り
萬年青の歴史より
古今輪(一文字) 一文字系のグループ紹介
鯱・銀月・地球錦・鯱の虎・阿波の白虎に変化の過程
一文字 一文字から日月星が根替わりで生まれた。
天錦章 日月星に縞柄の現れた物
朝陽  日月星に虎柄の現れた物
   日月星の葉が厚くなった物
銀月  日月星の覆輪が雪白覆輪になった物
鯱   日月星の覆輪の抜けた物裏芸
地球宝 日月星に図柄の現れた物
旭光宝 日月星の葉が厚くなり図柄の現れた物
地球錦 地球宝の覆輪の抜けた物

根岸の松 (ねぎしのまつ)

分類    薄葉系統   江戸おもと
作出年代  安政4年(1857)
登録    昭和9年
作出者   篠常五郎
命名者   篠常五郎
登録者   日本萬年青連合会
作出地   

おもと 根岸の松(ねぎしのまつ)

折り下げ良く、甲竜のない優美な葉姿に、濃緑色の深覆輪。細かい線状の白い斑が全面に入る。この斑を「根岸斑」または「千代田斑」とよび、本種は千代田系統の祖先といわれる。作出者・篠常五郎が営んでいた老舗のおもと店が当時の住所で東京府北豊島郡金杉村根岸にあったことから「根岸」の名が付けられたといわれている。
葉は中立ち葉で葉先は尖ります。子出し良く実付き良い品種。
採光・肥料は普通、性質は強健。

おもと品種名 根岸の松 (ねぎしのまつ) 7年生 鉢14.5cm鉢

「根岸の松」は江戸時代には鉢に画かれている「根岸松」と書かれています。
「根岸の肴舎」

江戸おもととして非常に有名。今は多くの人が楽しんでいる千代田系統の元祖がこの根岸の松(ねぎしのまつ)です。今年が2018年なので、もう161年もたっているのですね。江戸万年青である五大州や残雪などの縞や図、金鶏のべっ甲柄などはありましたが、この根岸斑は当時なく、完全に新しいものでした。今の千代田系統の素晴らしい品種や、千代田獅子、千代田羅紗などの派生系統もこれがなければ生まれていないわけで、万年青界においては最重要な品種です。根岸の松のためだけに作られた写真の鉢も、それだけの価値のある「根岸松」だからそこ、と言えるでしょう。作りも最上級です。
写真のように実も付くので、交配も楽しめます。同じように千代田の松や千代田系統もある程度の大きささえあれば、実がつくので、まいてみる価値が大いにあります。
非常に丈夫ですが、やはり根岸斑のある白い部分は濃紺の地より焼きやすい。私どもは夏場直射日光をとってお客様ものためにも、おもとのためにも、丈夫に作りたいと思っていますが、手にした最初は直射は気を付けて。暗い場所はよろしくないですが、直射を避けた方がよいでしょう。また、寒風、強風も白い部分をやくので冬場は気を付けます。
根岸の松 根岸系統(千代田系統)という新しいジャンルの先駆けとなりました。
篠常五郎が著した『萬年青図譜』に掲載されています。篠常五郎は江戸から明治大正にかけてのおもと界を代表するおもと商です。

万年青の柄 根岸斑

濃緑色の深覆輪に明るい根岸斑を見せます。

おもとの実

根岸の松 実  9月9日の写真 11月頃より赤くなります。
イメージ 5
おもと 根岸の松(ねぎしのまつ)  
実にも斑柄が現れます。
安政4年(1857)江戸時代に生まれたおもと。

NHK趣味の園芸 で放映された『根岸の松』ねぎしのまつ

大江戸花競べ 十二選 第7回
万年青(オモト)雅なる”葉芸”の競演  講師 水野豊隆             2019年10月27日 日曜 午前8時30分に放送

撮影場所 岡崎市 岡崎公園・豊明園

おもと 根岸の松
根っ子の状態 3月23日
イメージ 4

福寿草

豊明園 下山 柿の木の下
梅や福寿草の花が開くころおもとの根も活発に動き出します。
肥料を置く時期に入りました。

豊明園では肥料を置き始めました。
今までは水苔の上に肥料を置いていたので
水をあまりやらない乾かした作りでも肥料が効きましたが、
今は富士砂の上に肥料を置いているので
昔ほど肥料はききません、植え込み用土により肥料の量が変わります。

陽射しが強くなり真冬と水遣りの間隔が少し短くなってきました。5日目の灌水です。

新生殿 (しんせいでん)

基本情報

分類    羅紗系統
作出年代    昭和10年代
登録    昭和21年追認
作出者   広瀬守継 (山形県)
命名者   水野淳治郎 (豊明園初代)
登録者   日本おもと協会

新生殿 (しんせいでん) 鉢4.0号 5年生                 昭和10年豊明園初代(水野淳治郎)が『国防殿』と命名、戦後昭和21年に『新生殿』と改名登録、おもと羅紗系の代表種。

品種解説

羅紗系

羅紗系統の中では大型種です。葉肉厚く、輝く総雅糸竜を現します。雄大で力強い魅力 を持ち、性質は強健で育てやすく、初心者から熟練愛好者まで人気の高い品種です。葉姿美しく特に丈夫なおもと 『新しく生まれる御殿』と名前よい
福福しい葉姿が人気 引越しおもと・お祝おもとなどお部屋の観葉植物に最適

新生殿 (しんせいでん) 鉢4.5号 7年生
姿迫力あり、芸も強い系統、丈夫な品種
特徴がはっきりした品種が人気 万年青を好きなすべての人が知っている品種。

羅紗という小型の万年青で、2~3年で芸を見せ始め、5年で親になる。見ごたえのある新生殿にしたかったら、7年ほどかかるかもしれない。それだけ時間がかかっても、育てる価値がある品種。非常に丈夫で、力がつくと子上げもする。芋吹きで増やすことが多いので、殖えるのに少しだけ時間がかかる。なので、どうしてもより殖え易いものよりは価格は少しだけ高い。
新生殿(しんせいでん) 2月 寒肥えを置いてある状態。

引越し祝い、新築祝いに最高 新生殿(しんせいでん)

徳川家康公が江戸城入城の際に、3鉢の万年青を自らたずさえて入城し、自分の床の間に飾った。
万年青のように万年、青々と栄えてゆくように、泰平の世が続くよう願ったといわれています。
万年青を自分の家へ、また引っ越し、新築、開業、開院などのプレゼントとして贈る
おもとを贈る方、贈られる方双方に福が来る

新生殿(しんせいでん)

葉姿美しく特に丈夫なおもと
『新しく生まれる御殿』と名前よい
福福しい葉姿が人気
引越しおもと・お祝おもとなど
お部屋の観葉植物に最適

「新生殿」おもと界に冠たる所以

昭和16年初代豊明園園主•水野淳治郎氏が岡崎城近くの料亭•双竜亭に全国のおもと界有力者を招いて大披露宴を催し発表されました。発表当時は堂々とした草姿が国防に相応しく「國防殿(こくぼぅでん)」と命名され、命名記念に名入れの扇子や酒器などが進呈されています。発表当時から高い注目を集めた「國防殿」ですが、戦後になって国防といぅ軍事的イメージを払拭するため「新生殿」と改名され、人気の衰えを知ることなく現在に至ります。

「新生殿」の特徴は数多く、羅紗系の中でも大型で品種が見分けやすい(類似品種がない)。芸が出やすい、丈夫でどんな地域•環境にも順応し作りやすい、葉が一年に3〜4枚出て葉姿が整いやすい、芋吹きでよく殖える、など枚挙に暇がありません。しかし、何と言っても入門者にもありがたい購入しやすい価格帯であることが一番の特徴ではないでしようか。数多く出回っている大衆品でありながら、その本質はよく認知され、何十年も栽培しているベテランの棚にはどこへ行っても必ず「新生殿」が置いてあると言っても過言ではありません。

 

新生殿(しんせいでん)栽培について

丈夫さはおもと随一で、陽の強さ弱さ、肥料の多い少ないに関わらず育ちます。芋吹き を毎年の様に切っても、根出しが良いのであまり生長が止まることがありません。一歩抜 きん出た美術木のために目を付けたいのは日照。日陰より陽を採ったほぅが、葉が短く詰 まり、芸が凝縮し、特徴である首の太さが出ます。肥料にも強く、肥料切れをしないよぅに 強めに肥料をやり、葉幅の引いた芸を引き出します。

実親としての新生殿

羅紗はほとんどが花芽を付けませんが、新生殿、華宝、嶺雲などいくつかは花芽を付けるものがあります。すでに羅紗なので確率は良いでしょう。作出された羅紗は『萬邦』、『邦山』、『雄山』に加え、『双天』の実親(♂木)である翠汀の実親(♂木)も新生殿で、実親を作出するのにも非常に楽しみな木です。
どれも♂として使います。花芽から実になるものはまだ見たことはありません。実を付けず、花粉だけ取って花芽を落とす(元から切り取ってしまう)ので力は実をつけるほど落ちず、毎年花芽を来させることもできます。

6月24日 新生殿(しんせいでん)の2年目、新芽(真ん中の2枚)が元気よく出ています。芋吹きです。この時期は伸びが凄いので、毎日大きくなっている感じがします。

5~6年生の新生殿(しんせいでん)
ここまで立派な芸を見せます。先ほどのやさしい葉がここまで変化して、‘芸’をしてきます。ここが羅紗の楽しみ。葉が厚いので病気や日の強さにも強いです。また、特にこの新生殿は名前がよく、引越しおもとにも人気。また、素直で芸もよく、丈夫なので、初心者から玄人まで人気。
新生殿の魅力の解説を動画にしました。

おもとの生育具合 新生殿 5月21日
新根が勢いよく出てきています。

新生殿
根毛が元気よく出てきています。芽当たりも動き出しました。良く見ると富士砂や軽石、矢作砂と根毛がくっいているのが見えます。この用土はおもとと相性が良いようです。

新生殿の根鉢

イメージ 3
新生殿の根鉢
4年生これから芸が良く現れます。
プラ鉢から抜いた状態、しつかり根が出ています。
イメージ 4
新生殿
今年完成木になる予定で錦鉢に植えてみました。2017/03/15

新生殿の1年生

イメージ 7
おもと新生殿(しんせいでん)
1年生 春親芋を切り本葉が出た状態。この時注意して見るのは芋の鏡(表面)、きれいな色をしていれば親木の管理は合格です。

新生殿(しんせいでん)親木

イメージ 6
おもと新生殿(しんせいでん)
親木4~5年生 雅糸竜があらわれ堂々とした姿を見せています。
イメージ 1
新生殿(しんせいでん)
覆輪深く、堂々とたした丈夫な品種

万年青葉芸の変化 新生殿