錦昇龍 (きんしょうりゅう)

分類    薄葉系統  中型 
作出年代 不詳  大正10年頃 
登録    
作出者   
命名者   水野淳治郎 (豊明園初代)
登録者   
作出地 

錦昇龍(きんしょうりゅう) 鉢外形約13.5㎝

天を昇るような葉姿が印象的な縁起おもと
立ち葉、性質は丈夫 お祝いおもと・引っ越しおもとに最適品種。
株立ちになりやすい品種
性質は強健で作り易い品種
とても丈夫で、初心者からベテランまで楽しめる
繁殖はよく子上げする。

錦の龍が昇るように立ち上がる葉が美しく、見ごたえがある。黄色味を帯びた深めの砂子覆輪と甲龍が、時にひねりながら昇る葉にそって表れ、名前の通りの龍を現している。非常に人気があり、特にプレゼントで使われているが、近年少なくなってきた。おもと界全体で繁殖に努めたい。どう考えても世界中で人気が出る品種。豊明園初代が、名前と特徴がきちんと一致しているものは1000年残ると大切にした品種。

HP 製作中

旧来のホームページが新しい方式・端末に対応できなくなってきましたので新しいホームページの立ち上げを試みています。

あわせてブログもこのHPのこの場所へ随時書き込んでゆくことになりますが4月ごろを予定しており暫くはHPのコンテンツを充実させていこうかと考えています。
よろしくお願いします。