瑞鳳の図 (ずいほうのず)

分類    薄葉系統  胡麻斑
発見年度  昭和2年
登録    昭和 年
発見者   (愛知県)
命名者   水野淳治郎 (愛知県)
登録者   日本おもと連合会

瑞鳳の図(ずいほうのず)6年生 鉢 5.0号 『瑞鳳』に鮮明な図のはいるもの。葉長15㎝、葉幅4㎝内外。緑色の葉に胡麻斑を見せ、葉の所々に白い図柄を見せ、葉先は丸みを持ち白い覆輪をかける。性質は並、希少品種。

日光を強く採ると白色の胡麻斑が鮮明になります。

聖寿冠 (せいじゅかん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和17年
登録    昭和23年
作出者    不詳(愛知県)
命名者    増島松蔵(神奈川県)
登録者    日本萬年青連合会

 

聖寿冠(せいじゅかん)4年生 3.0号鉢  葉長4㎝、葉幅1㎝内外の小型種。3才頃から雅糸竜、本剣、熨斗葉を現すようになると、葉全体がおしろいをはたいたような粘りのある浮き地になり、葉は細く尖り、姿は端正で気品がある。性質は丈夫であるが、芯が止まることもあるが、子上げ良く繁殖は良い。採光は普通で、施肥は中程度が良く、初心者の人には作りやすい品種である。

聖寿冠(せいじゅかん)4年生 3.0号鉢 艶けしの葉に雅糸竜・本剣を見せる貴品。小型で葉姿整い美しく子上げ良い品種。性質は強健品種。

大栄獅子 (だいえいじし)

分類    薄葉系統  獅子系
作出年代     昭和47年頃
登録    昭和61年
作出者   大久保重利 (東京都)
命名者   大久保重利 (東京都)
登録者   大久保重利 (東京都) 萩原恒敏 (山形県)

大栄獅子(だいえいじし) 4年生 鉢 4.0号

大きく獅子芸を現わし葉肉厚く雅糸竜を見せます。
性質は強い縞甲型獅子の品種。

青龍 (せいりゅう)

分類    実親系統
作出年代     昭和24年
登録    昭和年
作出者   渡辺作一 (幡豆郡吉良町)
命名者  牧円造 (愛知県)
登録者  青竜推奨会

実親登録品種 青龍 (せいりゅう) 縞羅紗系  5年生 鉢6.0号 葉先鋭く尖り、葉肉厚く、艶消し地の葉に甲竜、玉竜、雅糸竜を現す品種。羅紗・胡麻斑・縞甲系の雄木として交配すると地肌や芸を移す品種。

昭和25年調子松一が地質の良い2才生縞甲実生を持参した。渡辺氏は一見して将来有望実親と買い受けられた。渡辺作一さんの愛培によってこの実生は順調に成育し、いつしか『作一縞甲』と人々に呼ばれていた。『作一縞甲』改『青龍』

青龍(せいりゅう) 羅紗系・千代田系♂木に最適、初めてのかたでも、ベテランも楽しめる実親。ご自宅にある他の親と交配を楽しんでも面白い。甲竜・玉竜・跳ね竜・雅糸竜がでている。

寿星 (じゅせい)

分類      羅紗系統
作出年代  昭和40年代
登録    昭和51年
作出者    平岡賢吉 (静岡県)
命名者    平岡賢吉 (静岡県)
登録者    田淵徳・笠原右光・業者有志

寿星(じゅせい) 5年生 鉢3.8号  作出・命名者が愛知県の三河地方で求めた実生を実親に育てて生まれた物。葉長8㎝、葉幅3㎝内外の中型種。濃緑色の紺性の強い葉で、やや艶のある粗れた地合いに純白の深い覆輪を見せる。葉姿良く、襟組の乱れない中立ち葉で葉先尖る。折り熨斗、繊細な雅糸竜を現す。芸を現すのが少し遅い。丈夫な品種です。採光・施肥は少し強め、繁殖は普通、作り易い品種。

春興殿 (しゅんこうでん)

分類    羅紗系統
作出年代  明治15年代
登録    昭和年
作出者   塚原大輔 (大阪府)
命名者   新川房次郎 (京都市)
登録者    ()

春興殿(しゅんこうでん) 5年生 鉢 3.5号 羅紗地系の中型種。濃紺緑色の地は柚子肌でに白い覆輪が深くかかる。本剣、折り熨斗葉、鈴虫剣、甲竜、雅糸竜を現す丈夫な品種。繁殖も良好。

春興殿(しゅんこうでん) 5年生 鉢 3.5号 中型種、濃紺緑色に白い深覆輪を見せます。本剣、折り熨斗葉、雅糸竜を現す丈夫な品種。
採光を強く管理、性質は丈夫で作り易い。

峻渓 (しゅんけい)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和初期
登録    昭和40年
作出者    不詳 (香川県)
命名者    大西弘三(香川県)
登録者

羅紗地系の中型種。濃緑色の地は艶消しで、葉先は鋭く尖る。二面竜、鈴虫剣・本剣、熨斗葉など多彩な葉芸を現すが、容姿が崩れることはない。性質は強健で繁殖もよい。

春光閣 (しゅんこうかく)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和42年
登録    昭和年
作出者   水野淳蔵 (豊明園2代)
命名者   水野淳蔵 (豊明園2代)
登録者

春光閣(しゅんこうかく) 5年生 鉢 4.0号

濃緑色の葉に深い純白の深覆輪を見せます。立ち葉で襟組み良い品種。子上げ良く作り易い。

壽圓 (じゅえん) 寿円

分類    獅子系統   羅紗獅子系
作出年代  昭和39年
登録    昭和59年
作出者   海藤長平 (東京都)
命名者   丹下和郎 (愛知県)
登録者   丹下和郎・平野吾知 (愛知県)

羅紗獅子系統  羅紗獅子の先駆けとして萬界を騒がせた逸品。羅紗地の厚い葉に深い覆輪をかける日の強い作場では覆輪はより深くに、甲竜、熨斗葉、本剣、雅糸龍を現し芸も多彩葉は短く、ぐっと巻き、力強さをみせる。

寿円 (じゅえん)1年生 葉長10㎝、葉幅2㎝内外の中型種。羅紗獅子の先駆けとして、万界を騒がせた逸品である。濃紺緑色の地合いの厚めの葉に、甲竜、熨斗葉、本剣、雅糸竜、を現し、白黄色の覆輪は深く輝き、高い雅糸竜が現れる。性質は普通で子上げすることもあるが、芋が柔らかいため採光を十分採って、芋を堅く仕上げるほうが良い。施肥はやや少なめ。

黄金鳳 (こがねほう)

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  昭和10年頃
登録    昭和 年
作出者  (愛知県三河吉田)
命名者   沢田松太郎 (愛知県)
登録者   日本おもと連合会

胡麻斑系の中型種。葉長15㎝、葉幅3㎝内外。葉肉はやや薄く、垂れぎみになる。黄色の鮮明な胡麻斑を散りばめ、これを黄色みがかった大覆輪が縁どり、たいへん美しい品種。葉芸は甲竜、シカミ竜を現す。性質は丈夫で、繁殖は普通。昭和10年頃愛知県三河地方で生えたもので、豊明園初代水野淳治郎が見つけ出し、愛知県半田市の沢田松太郎氏が求めて命名する。