福包 (ふくづつみ)

分類    薄葉系統    江戸おもと
作出年代 江戸時代
登録
作出者   不詳
命名者
登録者

葉長5㎝葉幅3㎝内外の小型種。葉芸はなく、1年に4~5枚程丸い葉が愛嬌良く出る 葉姿は美しい。他に類を見ない独特の愛くるしいその姿は、名前どおり福を包み込むイメージで古くから多くの人に親しまれている。性質は弱いが繁殖は良く、子上か゛非常に良い。江戸時代からの古典保存品種として、初心者からマニアまで幅広い人気がある。

「福包」は愛知県豊橋の殿様が作出し世に広めたおもとです。
江戸時代優雅に萬年青を楽しんだ大名が、三河吉三(豊橋)七万石の最後の藩主・松平(大河内)伊豆守信古である。吉田(豊橋)藩松平氏は、もと三河の国宝飯郡長沢村からでたので長沢松平氏と称したが、その嫡流が絶えたため、同じ三河の国額田郡大河内村から出た大河内氏か跡を継ぎ、大河内松平氏といわれるようになった。この家を有名にしたのは、徳川三代将軍家光のとき、三十年間にわたって老中職を勤め、人をして智恵伊豆といわしめた松平伊豆守信綱を出したからである。
大河内信古は、安政六年(1859)から年(文久二1862)にかけて寺社奉行であった。萬年青との関わりについては、現在でも稀に見ることの出来る珍種「福包」が、この人の作出とされている。
縁起良い名前『福包』に 愛嬌ある福福しい葉姿が人気
引越しおもと・お祝おもとなど お部屋の観葉植物に最適、丈夫な品種 特徴がはっきりした品種が人気
福包(ふくつつみ)

福包(ふくつつみ)

NHK趣味の園芸 で放映された『福包』ふくづつみ

大江戸花競べ 十二選 第7回
万年青(オモト)雅なる”葉芸”の競演  講師 水野豊隆             2019年10月27日 日曜 午前8時30分に放送

撮影場所 愛知県岡崎市 岡崎公園・豊明園

錦昇龍  (きんしょうりゅう)

分類    薄葉系統  砂子斑
作出年代  大正10年頃
登録
作出者   不詳
命名者   水野淳治郎 (豊明園初代)
登録者   日本萬年青連合会

錦昇龍(きんしょうりゅう) 4年生 鉢外形約13.5㎝

天を昇るような葉姿が印象的な縁起おもと立ち葉、性質は丈夫 お祝いおもと・引っ越しおもとに最適品種。株立ちになりやすい品種性質は強健で作り易い品種。中型種。
とても丈夫で、初心者からベテランまで楽しめる繁殖はよく子上げする。

錦昇龍(きんしょうりゅう) 5年生 錦の龍が昇るように立ち上がる葉が美しく、見ごたえがある。黄色味を帯びた深めの砂子覆輪と甲龍が、時にひねりながら昇る葉にそって表れ、名前の通りの龍を現している。非常に人気があり、特にプレゼントで使われているが、近年少なくなってきた。おもと界全体で繁殖に努めたい。どう考えても世界中で人気が出る品種。豊明園初代が、名前と特徴がきちんと一致しているものは1000年残ると大切にした品種。

錦昇龍(きんしょうりゅう) 2年生

HP 製作中

旧来のホームページが新しい方式・端末に対応できなくなってきましたので新しいホームページの立ち上げを試みています。

あわせてブログもこのHPのこの場所へ随時書き込んでゆくことになりますが4月ごろを予定しており暫くはHPのコンテンツを充実させていこうかと考えています。
よろしくお願いします。