根岸の松 (ねぎしのまつ)

分類    薄葉系統   江戸おもと
作出年代  安政4年(1857)
登録    昭和9年
作出者   篠常五郎
命名者   篠常五郎
登録者   日本萬年青連合会
作出地   

おもと 根岸の松(ねぎしのまつ)

折り下げ良く、甲竜のない優美な葉姿に、濃緑色の深覆輪。細かい線状の白い斑が全面に入る。この斑を「根岸斑」または「千代田斑」とよび、本種は千代田系統の祖先といわれる。作出者・篠常五郎が営んでいた老舗のおもと店が当時の住所で東京府北豊島郡金杉村根岸にあったことから「根岸」の名が付けられたといわれている。
葉は中立ち葉で葉先は尖ります。子出し良く実付き良い品種。
採光・肥料は普通、性質は強健。

おもと品種名 根岸の松 (ねぎしのまつ) 7年生 鉢14.5cm鉢

「根岸の松」は江戸時代には鉢に画かれている「根岸松」と書かれています。
「根岸の肴舎」

江戸おもととして非常に有名。今は多くの人が楽しんでいる千代田系統の元祖がこの根岸の松(ねぎしのまつ)です。今年が2018年なので、もう161年もたっているのですね。江戸万年青である五大州や残雪などの縞や図、金鶏のべっ甲柄などはありましたが、この根岸斑は当時なく、完全に新しいものでした。今の千代田系統の素晴らしい品種や、千代田獅子、千代田羅紗などの派生系統もこれがなければ生まれていないわけで、万年青界においては最重要な品種です。根岸の松のためだけに作られた写真の鉢も、それだけの価値のある「根岸松」だからそこ、と言えるでしょう。作りも最上級です。
写真のように実も付くので、交配も楽しめます。同じように千代田の松や千代田系統もある程度の大きささえあれば、実がつくので、まいてみる価値が大いにあります。
非常に丈夫ですが、やはり根岸斑のある白い部分は濃紺の地より焼きやすい。私どもは夏場直射日光をとってお客様ものためにも、おもとのためにも、丈夫に作りたいと思っていますが、手にした最初は直射は気を付けて。暗い場所はよろしくないですが、直射を避けた方がよいでしょう。また、寒風、強風も白い部分をやくので冬場は気を付けます。
根岸の松 根岸系統(千代田系統)という新しいジャンルの先駆けとなりました。
篠常五郎が著した『萬年青図譜』に掲載されています。篠常五郎は江戸から明治大正にかけてのおもと界を代表するおもと商です。

万年青の柄 根岸斑

濃緑色の深覆輪に明るい根岸斑を見せます。

おもとの実

根岸の松 実  9月9日の写真 11月頃より赤くなります。

福寿草

豊明園 下山 柿の木の下
梅や福寿草の花が開くころおもとの根も活発に動き出します。
肥料を置く時期に入りました。

豊明園では肥料を置き始めました。
今までは水苔の上に肥料を置いていたので
水をあまりやらない乾かした作りでも肥料が効きましたが、
今は富士砂の上に肥料を置いているので
昔ほど肥料はききません、植え込み用土により肥料の量が変わります。

陽射しが強くなり真冬と水遣りの間隔が少し短くなってきました。5日目の灌水です。

新生殿 (しんせいでん)

分類    羅紗系統
作出年代    昭和10年代
登録    昭和21年追認
作出者   広瀬守継 (山形県)
命名者   水野淳治郎 (豊明園初代)
登録者   日本おもと協会

新生殿 (しんせいでん) 鉢4.0号 5年生                 昭和10年豊明園初代(水野淳治郎)が『国防殿』と命名、戦後昭和21年に『新生殿』と改名登録、おもと羅紗系の代表種。

羅紗系

羅紗系統の中では大型種です。葉肉厚く、輝く総雅糸竜を現します。雄大で力強い魅力 を持ち、性質は強健で育てやすく、初心者から熟練愛好者まで人気の高い品種です。葉姿美しく特に丈夫なおもと 『新しく生まれる御殿』と名前よい
福福しい葉姿が人気 引越しおもと・お祝おもとなどお部屋の観葉植物に最適

新生殿 (しんせいでん) 鉢4.5号 7年生
姿迫力あり、芸も強い系統、丈夫な品種
特徴がはっきりした品種が人気 万年青を好きなすべての人が知っている品種。

羅紗という小型の万年青で、2~3年で芸を見せ始め、5年で親になる。見ごたえのある新生殿にしたかったら、7年ほどかかるかもしれない。それだけ時間がかかっても、育てる価値がある品種。非常に丈夫で、力がつくと子上げもする。芋吹きで増やすことが多いので、殖えるのに少しだけ時間がかかる。なので、どうしてもより殖え易いものよりは価格は少しだけ高い。
新生殿(しんせいでん) 2月 寒肥えを置いてある状態。

「新生殿」おもと界に冠たる所以

昭和16年初代豊明園園主•水野淳治郎氏が岡崎城近くの料亭•双竜亭に全国のおもと界有力者を招いて大披露宴を催し発表されました。発表当時は堂々とした草姿が国防に相応しく「國防殿(こくぼぅでん)」と命名され、命名記念に名入れの扇子や酒器などが進呈されています。発表当時から高い注目を集めた「國防殿」ですが、戦後になって国防といぅ軍事的イメージを払拭するため「新生殿」と改名され、人気の衰えを知ることなく現在に至ります。

「新生殿」の特徴は数多く、羅紗系の中でも大型で品種が見分けやすい(類似品種がない)。芸が出やすい、丈夫でどんな地域•環境にも順応し作りやすい、葉が一年に3〜4枚出て葉姿が整いやすい、芋吹きでよく殖える、など枚挙に暇がありません。しかし、何と言っても入門者にもありがたい購入しやすい価格帯であることが一番の特徴ではないでしようか。数多く出回っている大衆品でありながら、その本質はよく認知され、何十年も栽培しているベテランの棚にはどこへ行っても必ず「新生殿」が置いてあると言っても過言ではありません。

 

新生殿(しんせいでん)栽培について

丈夫さはおもと随一で、陽の強さ弱さ、肥料の多い少ないに関わらず育ちます。芋吹き を毎年の様に切っても、根出しが良いのであまり生長が止まることがありません。一歩抜 きん出た美術木のために目を付けたいのは日照。日陰より陽を採ったほぅが、葉が短く詰 まり、芸が凝縮し、特徴である首の太さが出ます。肥料にも強く、肥料切れをしないよぅに 強めに肥料をやり、葉幅の引いた芸を引き出します。

福包 (ふくづつみ)

分類    薄葉系統    江戸おもと
作出年代 江戸時代
登録
作出者   不詳
命名者
登録者

葉長5㎝葉幅3㎝内外の小型種。葉芸はなく、1年に4~5枚程丸い葉が愛嬌良く出る 葉姿は美しい。他に類を見ない独特の愛くるしいその姿は、名前どおり福を包み込むイメージで古くから多くの人に親しまれている。性質は弱いが繁殖は良く、子上か゛非常に良い。江戸時代からの古典保存品種として、初心者からマニアまで幅広い人気がある。

「福包」は愛知県豊橋の殿様が作出し世に広めたおもとです。
江戸時代優雅に萬年青を楽しんだ大名が、三河吉三(豊橋)七万石の最後の藩主・松平(大河内)伊豆守信古である。吉田(豊橋)藩松平氏は、もと三河の国宝飯郡長沢村からでたので長沢松平氏と称したが、その嫡流が絶えたため、同じ三河の国額田郡大河内村から出た大河内氏か跡を継ぎ、大河内松平氏といわれるようになった。この家を有名にしたのは、徳川三代将軍家光のとき、三十年間にわたって老中職を勤め、人をして智恵伊豆といわしめた松平伊豆守信綱を出したからである。
大河内信古は、安政六年(1859)から年(文久二1862)にかけて寺社奉行であった。萬年青との関わりについては、現在でも稀に見ることの出来る珍種「福包」が、この人の作出とされている。
縁起良い名前『福包』に 愛嬌ある福福しい葉姿が人気
引越しおもと・お祝おもとなど お部屋の観葉植物に最適、丈夫な品種 特徴がはっきりした品種が人気
福包(ふくつつみ)

福包(ふくつつみ)

錦昇龍  (きんしょうりゅう)

分類    薄葉系統  砂子斑
作出年代  大正10年頃
登録
作出者   不詳
命名者   水野淳治郎 (豊明園初代)
登録者   日本萬年青連合会

錦昇龍(きんしょうりゅう) 4年生 鉢外形約13.5㎝

天を昇るような葉姿が印象的な縁起おもと立ち葉、性質は丈夫 お祝いおもと・引っ越しおもとに最適品種。株立ちになりやすい品種性質は強健で作り易い品種。中型種。
とても丈夫で、初心者からベテランまで楽しめる繁殖はよく子上げする。

錦昇龍(きんしょうりゅう) 5年生 錦の龍が昇るように立ち上がる葉が美しく、見ごたえがある。黄色味を帯びた深めの砂子覆輪と甲龍が、時にひねりながら昇る葉にそって表れ、名前の通りの龍を現している。非常に人気があり、特にプレゼントで使われているが、近年少なくなってきた。おもと界全体で繁殖に努めたい。どう考えても世界中で人気が出る品種。豊明園初代が、名前と特徴がきちんと一致しているものは1000年残ると大切にした品種。

錦昇龍(きんしょうりゅう) 2年生

HP 製作中

旧来のホームページが新しい方式・端末に対応できなくなってきましたので新しいホームページの立ち上げを試みています。

あわせてブログもこのHPのこの場所へ随時書き込んでゆくことになりますが4月ごろを予定しており暫くはHPのコンテンツを充実させていこうかと考えています。
よろしくお願いします。