万年青を楽しみ、世に広めた人 永島次郎太郎墨林 万年青の歴史より

永島次郎太郎墨林 万年青の歴史より

 

500石取の幕府御家人であった永島次郎太郎墨林は、万年青の歴史だけでなく、日本の植物や園芸でもとても大きな役割を果たした人です。

文政10年(1827)刊の草木奇品家雅見(江戸青山 種樹家金太が編集)によれば、永島先生は東都四谷に住み 享保(1716-36)の頃の人なり、とあり、今から300年ほど前のおもと趣味者です。家康がおもとを江戸城に持ちこんでから100年ほどたったときでしょうか。

草木奇品家雅見の素晴らしいところは、品種と素晴らしい写実的な絵、解説まであったところで、その万年青がどんなおもとなのか、品種の特徴や、産地(江戸産なのか、名古屋や明石など)、だれが楽しんだのか、様々なことを教えてくれます。

永島次郎太郎墨林は、家康が江戸城に持って入ったとの伝説の残る【永島】の変化種を好み、永島連というおもとサークル?、おもとを趣味とした集まりをつくりました。永島連は斑入り、矮性種の植物を好んだ大名、武家、豪商、文化人など裕福な人が集まりました。彼らが今のおもとの園芸文化の基礎をつくったのでした。

ヨーロッパの人にとってそれらの矮性種や斑入りを園芸として楽しむのは20世紀に入ってからで、どれだけ日本の園芸が独自の進化を遂げていたのか、わかると思います。また、ヨーロッパのプラントハンターにとって、日本が非常に魅力的に映ったのも当然といえます。

 

種樹家金太 うえきや-きんた

1791-1862 江戸時代後期の園芸家。
寛政3年生まれ。江戸青山の植木職。文政10年斑(ふ)入りなど草木の奇品をあつめた図録「草木奇品家雅見(かがみ)」3巻を刊行。築山造庭をよくした。文久2年8月死去。72歳。姓は増田。通称は別に金太郎。号は繁茂,繁亭。

 

 

国立公文書館 HP 旗本御家人Ⅲより

41. 奇品家雅見(草木奇品家雅見)
(きひんかがみ・そうもくきひんかがみ)

『奇品家雅見』は、形状が特異な草木の図譜。斑入りや枝垂れほか、江戸および近郷の「好人」(愛好家)が所有する奇品約500点を載せ、あわせて所有者の名前と住所、逸話などを紹介しています。文政10年(1827)刊。

江戸の青山で植木屋を営んでいた金太(増田繁亭 金太は通称)の編。金太は「水野翁」(水野忠暁)の手もとにあった反古(斑入りなど奇品の資料)をもとに本書を作成しました。掲載されている写生図は、関根雲停ほか画。

展示資料は、全3冊。内務省旧蔵。

http://www.archives.go.jp/exhibition/digital/hatamotogokenin3/contents/41/index.html

 

 

《草木奇品家雅見》(読み)そうもくきひんかがみ

世界大百科事典内の《草木奇品家雅見》の言及

…安楽庵策伝の《百椿集》(1630)をはじめ,ツツジ,キク,サクラ,ボタン,ウメ,アサガオ,ハナショウブ,ナデシコなど花の専門書が出版され,さらにモミジ,カラタチバナ,オモト,マツバラン,セッコクなど葉を観賞の対象とした多数の品種を成立させた。それらは世界に類をみず,増田金太の《草木奇品家雅見(かがみ)》(1827)と水野忠暁の《草木錦葉集》(1829,13冊中6冊は未完)に集大成された。ヨーロッパで観葉植物が普及するのは20世紀に入ってからであるが,江戸園芸は積極的な交配による品種改良こそなかったが,変異性のある実生の選抜と枝変りの発見により,すでに多数の品種を成立させていたのである。…

 

 

豊明園

おもとの地植え

おもとの地植え

私の住んでいる愛知県の多くの家では、おもとの植木鉢やおもとの地植えを見ることが出来ます。古くから引越しの際にオモトを最初に持っていきなさい、最初にオモトを植えなさいと言い伝えが残っているからです。地植えでは水やりはせず、雨水だけです。自然のおもとと同じ状態ですね。日は日陰になる場所がよいでしょう。

趣味者さんの中には、木を太らせるために地植えにされる方もいらっしゃいます。上の写真はこの地植えで木に勢いをつけ、鉢上げをする予定です。オモトが土に触るので病気になりやすいのと、根が棒根になって、枝根になりにくいのが欠点ですが、面白い育て方で、昔からの育て方です。

第51回おもと実生展示会 羽根神社

実生会の様子

審査の様子

当歳(今年の春から夏に種から伸びてきた、一年目)の生えを審査しています。葉の厚さ、しかみ、縞具合、葉の形、また鉢との合わせなど多くを審査していきます。

こういった実生から、新しいおもとの流行が出てくるので楽しみです。

 

豊明園

 

 

萬年青の歴史より 江戸の大名のおもと 間部下総守詮勝「根岸の松」

萬年青の歴史より 江戸の大名のおもと

間部下総守詮勝は、越前鯖江4万石藩主、間部家8代目になります。

篠常五郎が「増訂万年青図譜」の中の「若松」という万年青の説明で、「安政(1854-60)年間、根岸の松と共に同一の種より産出せり。当時、閣老として重望を負える」間部総州候の最愛する所となれり。、、この種に触れ賞玩することただならず、根岸松と共に切に要望せられたとも、この二品は空前絶後の神品にして更に替品なく、、、

とあり、「若松」、「根岸の松」をともに切望されたことが記されています。現在も品種として残っている「根岸の松」が多くの明治の名鑑に横綱の位置に現れているのも、大名がこの「根岸の松」を愛したからにほかなりません。

現在の私たちも4万石の大名が楽しんだ根岸の松と同じものを楽しめる、ロマンがありますね。どれだけ大切に育てられていたことでしょう。

 

萬年青の歴史より

豊明園

錦鉢にプラ鉢を入れて使いたい方へ ウチョウランなど

プラ鉢の形にもよりますが、写真の7センチのプラ鉢では、11.3センチの鉢にすっぽりと入ります。ですが、難しいのは、錦鉢はどれも手作りで、内側の径や底までのすぼまり具合が違っていますので気を付けて下さい
おもとの錦鉢は使いやすいように、よく育つように楽焼で作ってあります。ですが、プラ鉢ですっぽりと入ると日替わりで鉢を替えて室内に飾ったりでき、楽しみ方も広がりますね
豊明園

萬年青の歴史より 江戸、明治のおもとの名前 楊貴妃

萬年青の歴史より 江戸、明治のおもとの名前

おもとの名前はどれも縁起のよい名前が多いですが、江戸、明治の頃の名前は特に特徴を捉えたものが多く、残雪(大きな葉に図がのるのを残雪に見立てた)や、福包(福を包み込むような丸い葉)、水菜虎(水菜のような葉に虎が現れる)など、名前を見ただけでワクワクしてきます。100年、200年と時がたつにつれ、万年青の中でも流行があり、多くの江戸おもと、明治おもとは絶種となっていますが、名前をみてどんなものかを想像しています。

この楊貴妃は、豊明園にて昭和55年作出、平成27年登録の新しい木ですが、明治14年の名鑑にも名前があります。現在の楊貴妃とは全く関係はなく、このときの楊貴妃はすでに絶種になっているので、名前としては2代目になります。いい名前はたとえ品種が絶えようとも、何度も使われていきます。

萬年青の歴史より

 

 

豊明園

 

 

 

9/4-5 栽培記録

9/4-5 栽培記録

9/4 朝は曇り、正午から台風の風、雨強く、夕方に数時間止まったが、また吹き返しで雷雨

昨日すべてネットは縛ってあり、外棚は雨ざらし 温室は水やりなし

9/5 34℃まであがる蒸し暑い日 日は強いので遮光ネットはしっかり 外棚は台風の大雨で水をたっぷり含んでいるので、あまり日を当てないように

温室にしまった萬年青を朝一で外に出す

水やりは温室含めてやらない

台風の前後は水をきると倒れるものは少ない

台風の後に病気が出ることがあるので、台風前後に消毒を心掛けたい

次に水やりをするときには、竹酢液をする予定

 

 

豊明園

9/2-3 栽培記録

9/2-3 栽培記録

9/2 水やらず

9/3 台風前の準備

水も切って、台風に備えます

早朝に土砂降りで外棚はしっかりを水を含む 温室は水やりなし

植え替えしたものは乾きやすいのでチェック、水やりは同じくなし

晴天だが、明日の台風に備え、防風ネットをして、外棚のいくつかのおもとは温室に入れました。遮光ネットは羅紗の日のほしいもの以外は2重にして

 

豊明園

9/1 栽培記録

 

9/1 栽培記録

昨日の夕方から朝までスコールのような雨や、しとしととした雨が降り、外棚はしっかりと水を含みました。

湿度も高いですが、温室は雨にぬれず、3日水をやっていないので今日液肥、微量要素を薄めにしてあげます。

16時の温度 27.8℃ 湿度77%

昼間の温度も30℃前後になったので、植え替えを始めました。一般の方の植え替えは気温が30℃をよっぽど超えない10月からがよいかと思います。水やりのタイミングがばっちりでよく根の伸びたものも多く、これから楽しみです。

 

豊明園

8/26-31 栽培記録

8/26-31 栽培記録

8/26-27 水やりなし

8/28 第一温室、外棚 甕にワラ灰を溶かした水でしっかり抜き水 第二温室 ふり水

8/29 すべてふり水

8/30-31 水やりなし 暑さは34℃-36℃という厳しさに、湿度も60%、外ではじっとりと汗ばむ気候 明日の9/1に愛知岡崎で雨が少し降りそうなので、もう一日我慢

葉が薄くなり始めたおもともあり、夏場はかなり液肥も切っていたが、液肥、微量要素も始めたい ワラ灰が最初。

 

 

豊明園