おもと春の管理

万年青  春の管理

3月23日 愛知県岡崎市 豊明園外培養所  採光を充分摂る

春は、おもとが休眠から覚め、新芽が動き出すとても大切な時期です。まず根が動きだ して緩慢だった鉢の乾きも幾分早くなり、水やりの頻度が変わってきます。同時に施肥や 植え替えに芋切りができますし、新葉の芸に期待膨らむ、一年のうちで最も楽しませてくれる季節です。

置き場所

暖かさを感じ新芽が動き出してきたら、冬囲いを外して春の柔らかい日射しに当てま す。寒冷地では室内にしまい込んでいたものも外に出しますが、急に日射しに当てるとお もとがビックリするので、曇りの日や遮光を考えて出し、徐々に日射しに馴らすようにし ましよう。

4月23日 愛知県岡崎市 豊明園第二温室  天窓・側窓は一日中開いた状態。

春の基本の遮光率は50〜75%。陽の採り方は品種によって異なります。目安としては、曙系や虎斑系など斑色が鮮やかに冴えるものは春の日射しに当てたほうが美しくなります。葉焼けを恐れ、暗い場所で管理していると淡緑〜薄黄色の斑色で止まってしまいま す。もちろん、葉焼けするほどの強い日射しは厳禁です。適度な遮光率は地域や作場によっても異なりますので、経験を積んで適度 な遮光率を見つけましよう。

4月27日 日射しが強く 50%の遮光ネットを張る。

5月31日 豊明園 外培養所

水やり

梅の咲くころになると、新根•新芽が動き出し、鉢の乾きが早くなります。新根の出る 時期の水切れは根止まりの原因です。乾き具合を見て水をたっぷりと与え、根張りをよく しましよう。表土のみ乾く場合は振り水をします。

3月7日新根が動き出す。

水の乾き具合を表土(富士砂)や楊枝の色の変わり具合を観察して灌水の間隔を見ます。

肥料

新根の動き出しと同時に肥料を与えます。春の肥料次第で、がっちりと葉幅を引いた葉 が出てきます。おもとの動き出す梅の咲く頃から施肥を開始します◦肥料の与え方は有機質の固形肥料を基本に、梅の咲く時期に1〜2個、桜の咲く時期に新しい固形肥料を2個 置きます。

大富貴(だいふうき) 施肥は梅と桜の頃。肥料は鉢縁側に置く。桜の頃になったら新しいものと交換。適切な施肥で作がまるで違ってくる。おもとに肥料を与えるのが 楽しみになってきたら、立派な愛好者の仲間入り

 

病虫害対策

この季節は害虫•病原菌も元気になり、折角の新葉に悪さをすることがあります◦スリップスに新芽を舐められるとせつかくの美しい葉に傷が付いてしまいます。春の新芽が 伸びる前に、オルトラン粒剤を撒いておきます。浸透移行性の殺虫剤で、スリップスだけでなく、ヨトウムシやカイガラムシ等にも効きます。時期をみて定期的に使用すると良いでしよう。

おもとの害虫対策

手軽で簡単さらに良く効くので、一般山野草でもよく使われるオルトラン粒剤・オルトランDX粒剤 5号鉢に1gを目安 浸透移行性殺虫成分が植物に吸収され、植物全体を害虫から守る効果が持続します。新芽が動き出したら鉢縁側に少量播いておく。葉が命のおもとなので、葉を食害する害虫対策は万全に

※浸透移行性 根から薬の成分が吸収され、植物自体が殺虫効果を持つ。その葉を食害する害虫を防除する。

農薬散布  早めの予防

赤星病や炭そ病などの病気の発生もみられますので、ベンレー卜やダコニールなどの殺菌剤を定期的に散布します。毎日のおもと観察で、病気や虫害の兆候をとらえたらすぐに抑え込むことが大切です。病原菌が活発になる高温多湿の場所を作らなすように通風は充分に確保します。また、羅病した葉は元に は戻りませんので、切除後、薬剤散布をして予防に努めます。

 

 

専用のおもと小屋で管理。乾いた寒風に当たらない ように側面にすだれを張って風よけをしている。前 面は可動式の白色寒冷紗

愛知県岡崎市 おもと

4月 毎年第三 (土)・(日) おもとを楽しむ会

春のおもとを楽しむ会、出品は無料 一般参加受付します。豊明園に連絡ください。℡0564-51-4714

岡崎市 場所 おかざき農遊館 展示室 電話 0564-46-4700        愛知県岡崎市阿知和町字乗越12番地    春の展示は培養鉢で出品可能です。いつもの状態を一般の方々に見ていただきます。又出品作品は趣味の山野草に掲載されます。

4月9日 おもとの植え替え  水洗いしてきれいにします。

おもとの植え替えについて

 

おもとの花 開花 5月31日  この頃になると花芽が上って花が開花します。

おもとの実をつけるには

5月31日 芋吹きの新芽動き出す。

お正月プレゼント

2019.1.1

新春お年玉 プレゼント

HP掲載、おもと・錦鉢を1万円以上お買い上げの方に錦鉢を1鉢
又は萬年青の歴史、萬風展記念帳などを進呈

HP 販売ページ

注文時にお年玉プレゼントの番号を記入願います。重なることも多いので、ご希望に添えないかもしれませんが、第二希望、第三希望、、、もお教えください。
2019年1月より (先着順20名様)

新春プレゼント1

A44 小菊鉢 外形約10.5cm

贈呈済み

新春プレゼント2

P61 扇画菊鉢 外径約11.2cm

贈呈済み

新春プレゼント3

Q73 織部変わり鉢 外径約 短い方10.2㎝長い方10.8㎝

贈呈済み

新春プレゼント4

扇面 牡丹

贈呈済み

新春プレゼント5

K914 菊花 約10.5㎝

贈呈済み

新春プレゼント6

立て湧く 吉祥柄

贈呈済み

新春プレゼント7

鳳凰

贈呈済み

新春プレゼント8

P51 草菊鉢 外径約11.2cm

贈呈済み

新春プレゼント9

贈呈済み

新春プレゼント10

竹8 花 外径 約7.9cm

贈呈済み

新春11 L605 花八角鉢 外形約9.5~10.1cm ※皿付き 新春12 おもと醤油さし 受け台付き

贈呈済み

 


始めよう万年青 新刊本
新春13 始めよう万年青

贈呈済み

新春14 おもと急須 特別製

贈呈済み

新春15  萬風展記念帳第17回 新春16  萬風展記念帳第15回

贈呈済み


特製ねり炭セット
セット内容 特製ねり炭50cc入、瓶、スポイト、筆

萬年青の歴史
新春17贈呈済み

まだ一つあります

新春18贈呈済み

まだ一つあります

お客様から新しいお客様へと寄付して頂いたものもあります。
使ってある物もあります。(中古~古鉢)

 

豊明園 販売ページ

 

 

 

 

 

 

万年青の育て方 2月 岡崎

おもとの冬 岡崎 豊明園 栽培管理

2月10日  獅子系の棚

おもと冬の管理2月

おもと岡崎豊明園第二温室 凍らせないように不織布で覆う。

夜間の冷え込みに対する備えをうっかり怠り、翌朝、オモトも鉢の中もすっかり凍らせてしまうことがあり、ひどいときには、鉢が割れてしまう事すらあります。このように、オモトを凍らせてしまった場合、急に暖かい室内へオモトを置き換えたり、ぬるま湯や水をかけて、早く凍結を解くのは良くありません。翌朝の冷え込みが予想されるときは、たとえハウスの中にあっても、古新聞などいっぱいに広げ、オモトの上にふんわりと載せておくだけでも、オモトを凍結から守ることが出来ます。

灌水

屋内に取り入れた場合は、おおむね3日おきにやればよろしい。屋外に出す場合は表面だけ乾くときがあるので、オモトのようすを見てふり水をして、換水の間隔を伸ばします。

2月7日 おもと瑞泉 新根が活動し始める。

水の乾き具合を表土(富士砂)や楊枝の色の変わり具合を観察して灌水の間隔を見ます。

採光

2月24日 豊明園 外展示棚 やわらかい日が差し込みます。

直射の場合は午前中の採光をします、1日中の場合は不織布や寒冷紗ごしの採光です。葉の薄い薄葉系統は直射をさけ不織布・寒冷紗などの下゛て管理します。

防風

屋外に置く場合は、つねに不織布・寒冷紗を張りめぐらして風を防ぎます。この時期オモトを風にあてますと、葉の縁や葉先、あるいは斑や柄の白い部分などが葉焼けをおこして褐色になり、たいへんみにくくなります。

2月14日 不織布・寒冷紗で風を防ぎます。

防寒

とくに暖房する必要はありませんが、明け方の冷え込みに対する備えは充分にし、朝、オモトも鉢の中もすっかり凍ってしまっていることのないようにしましょう。ハウスなどの中に取り入れている場合、晴天の日は室内温度が高くなることがあるので、換気には充分注意し、オモトが蒸れないようにします。

2月18日 おもと岡崎 豊明園

施肥

梅の花が咲く頃ぼつぼつオモトの根が活動し始めるので、寒肥を与えます。固形肥料ならば2個を鉢の縁にのせます。水肥は晴天の日の朝に与えます。多すぎたり、濃すぎたりしてはかえって害をおよぼします。

2月13日 桜岳錦(おうがくにしき) 新根活動しています。

水苔

2月2日 温室内で管理している生水苔、寒さに当たると芽が茶色に変わってきます。

 

万年青の育て方 3月 岡崎

おもとの春 岡崎 豊明園 栽培管理

 

お彼岸の声を聞くとともに、植え替えを始めます。材料の準備は早めにしておきます。鉢も、各サイズ取り揃えておいた方が便利です。植え替え間近になってからは業者にも在庫が少なくなります。

3月8日 植え替え

灌水

この時期に水切れすると、根の先端の活動がとまり、葉焼けを起こしやすくなります。潅水するときはしっかりとおこないます。

採光

3月14日 ビニールこしの採光と50%の遮光ネットで柔らかい陽をとる。

植物にとって、最も光線の必要な時期で、オモトもその例外ではありません。この時期充分に光線をあてますと、オモトの芋は充実し、眼たりも大きくふくらみ、葉のつけ根、腰のあたりも太ってきます。寒冷紗で囲って、充分採光してやります。

防風

3月22日 日射しがきつく50%の遮光ネットを張る。

2月下旬から3月中旬にかけての風は意外に冷たく、しかも乾燥していますから風には絶対あてないようにします。

3月19日  不織布で囲う、夜間は上のビニールを張る。

防寒

関東から西の地方でも、思わぬ雪の降ることがあります。朝目が覚めたら一面均世界だった、ということもあります。また、急に寒さがぶりかえしたりして、天候が不安な時期でもありますから、充分注意しましょう。

3月27日 岡崎 豊明園外棚

施肥

3月7日 天光冠(てんこうかん) 肥料をきかせる時期です。

芋吹きする親木で植え替えするものは植え替え予定日20日前に固形肥料を取り除きます。植え替えするまで肥料を施しておると芋が腐るおそれがあるからです。

3月22日 阿賀野川(あがのがわ) 根っこの状態

 

3月8日 種まき

飛鳥錦 (あすかにしき)

分類    羅紗系統
作出年代    昭和10年頃
登録    昭和年
作出者   不詳(愛知県)
命名者   青麗会 (愛知県)
登録者

中型種。葉長10㎝・葉幅3㎝内外。紺青色やや薄く。葉肉やや薄く、葉先鋭く尖って垂れる。折熨斗芸と長い本剣を現す。昭和22年頃、青麗会で命名して発表した。28年頃覆輪の完成したものが完成した。子上げが良く作りやすい。

豊明殿 (ほうめいでん)

分類    羅紗系統
作出年代    昭和初期
登録    昭和9年
作出者   山本歌吉 (愛知県幡豆郡)
命名者   榊原純平 (愛知県知多郡)
登録者   水野淳治郎 (豊明園初代)

羅紗地系。中型種。葉は淡い緑色で白の覆輪が深くかかる。葉の中ほどで折り下げのある木で、葉芸は背の低い甲竜、二面竜、雅糸竜をあらわし、熨斗葉も出す。性質は丈夫で作りやすい。

おもとの実をつけるには

 

おもとの実 品種 錦秀の松(きんしゅうのまつ)      12月8日の写真

おもとの実をつけるには  時期

来年のお正月に向けて、万年青に実をつけてみてはどうでしょうか?おもとは、4~8年で親になると言われていますが、なかなか毎年は実がつきません。

万年青の実を毎年楽しんでいる人は、万年青を3~8本立の大株にして、どれかが花芽がくるようにしています。

万年青の花

【花芽】がでてきたら、チャンスです。花芽が伸びきって、クリーム色から黄色に変わっていくときにおしべをめしべにつけてあげましょう。おもとは自分のおしべとめしべでも実がなりますが、他のおもとのおしべの方が実がつきやすいです。

上の写真のように、触ってもふにゃふにゃの柔らかい筆で、2つのおもとの花芽を撫でてやります。両方交互に撫でることで、片方の花粉がもう片方につきます。

おもとの花 中心がメシベで蜜が出ている状態(交配適期)

5~6月、1本の花穂に多数の花を咲かせる。仏炎苞のないミズバショウのような花。花を咲かせるには大葉系と薄葉系・実親系が主

 

交配は花粉のみを取りだしメシベにつける自家受粉よりも他家受粉のほうが実付きが良い

おもとの花 実

おもと 品種 国の花(くにのはな)  6月8日の写真

約2週間でめしべが膨らみ、青い実ができてきたら成功!肥料を切らさず、育てていきましょう。

花芽が出るのは力のある証拠ですが、人間の出産と同じで非常に体力を消耗します。花芽があるとわかったら、その木はちょっと多めの肥料をして、花芽を助けてあげてください。

始めよう!伝統園芸 万年青 より

おもとの実

おもと 品種 国の花(くにのはな) 7月10日の写真

おもとの実

おもと品種 錦秀の松(きんしゅうのまつ) 11月13日写真 

おもとの実

おもと品種 黄金宝(おうごんたから) 12月28日写真

おもと 品種 縞獅子竜のり 実が深紅の色に色づく 12月5日写真

おもと品種 雪月花(せつげっか) 12月6日の写真  艶やかな深紅の実

おもと 2月11日写真

おもと 2月11日写真

万年青 実がならない

おもとの花 実の付け方

万年青の実の付け方

1月岡崎 おもと

 

 

千両 赤い実と黄色の実  鳥が喜んで食べに来ます。

太陽 実が深紅の色になりました。

新生殿(しんせいでん) 1月5日の根っ子の状態。根毛が元気にしています。

岡崎市5日の気温5℃~10℃   1月1日の写真 凍りが張る

おもと正月花と実

    おもとは万年青と書き、その常緑が永遠に続くかのように栄えていったので、万年、青々と栄えるという意味で、万年青と書きます。

 

花言葉は

一番は冬でも常緑なことから

「永遠の繁栄」 「長寿」

そこから派生して、

「長寿」「崇高な精神」「長命」「母性の愛」「相続」

心をこめた贈り物に最適のおもと

正月花材 おもと 品種 秋津島(あきつしま) 

おもとの真の葉 長さ45cm、幅8cm  濃紺緑色の葉に乳白色の覆輪が太く入り『都の城』よりも覆輪にあたたかみがあり、実付きの良い品。又縞柄の『秋津島』を使うとより一層豪華になります。おもとの花材としても良い品種。露地植えにして栽培すると株立ちになり実付きの良い品種。鉢植え、3本立ちでひと花生けれました。(2019年)

『牡蠣殻錦福』カキガラ錦福(かきがらきんぷく) (V)

『カキガラ錦福』から加藤庄市氏が作出『寿冠』が出てから有名になる。羅紗系のメス木・オス木に最適。
やはり実親で有名な岡山の小野田氏も面白い羅紗が多くでて、Vとして、VC~、BOV、VA、として多用した。今も万年青のトップと言われる『寿冠』を出しただけあり、『カキガラ錦福』も実親で横綱である

富士の泉(ふじのいずみ) 角巻の獅子を生やす実親。

『BO10』は大宝×大判から生まれました。

広い葉巾に雅糸竜<甲竜を見せる。羅紗おもとの出る確率が高い。葉肉の厚い実生が生える縞羅紗を作る雄木・雌木に最適。性質は強、肥料強め。

蝋梅(ロウバイ) 香りの良い花。1月に咲く花

愛知県 岡崎市 おもと豊明園

天気3℃~8℃ 1月3日 潅水はなし 天気がよく、日射しが強い。 鉢の中が寒くて、陽が強かったり、風が強く乾燥するようなら葉焼けを起こすことがあります。寒風、強風に特に注意。

温室夜間も天窓は開けた状態で管理しています。外の外気温と同じです、温室内は横窓が少し開けてあります。葉が垂れないようにするため。垂れたもとは棚の下へ置きます。

 

羅松 (らしょう)

分類    薄葉系統   千代田羅紗系
作出年代  昭和年
登録    平成年
作出者    熊谷善幸 (福島県)
命名者     (県)
登録者    熊谷善幸 (福島県) 林田三男

羅紗千代田として愛好家垂涎の的となつている。中型種。肉厚の葉に鮮明な千代田斑を現し、あれ気味の地合いとの調和も良く、味わい深さを一層引き立たせている。葉幅の広い葉はゆったり波打ち、熨斗芸など見せる。葉繰りは良く葉先は丸く、格調高い風格のある姿となる。性質は強健で子上げも良い。芋はそれほど丈夫なほうとはいえず、多肥は禁物である。採光は普通にして栽培すると魅力ある葉姿に育つ。

羅松(らしよう)2年生  千代田羅紗系の丸い葉に深い紺覆輪を現し鮮明な千代田斑を現す。丸みのある独特の葉型は特徴があり魅力的。