おもとを楽しむ会 岡崎市 農遊館

春 農遊館の展示会 愛知県岡崎市

日時 2019年4月20日(土) 21日  (日)

展覧時間 午前9時~午後5時   21日3時まで

場所 おかざき農遊館 展示室

愛知県岡崎市阿知和町字乗越12番地

電話 0564-46-4700

2018年度の展示会風景

久能山東照宮へおもとを植栽に伺った時に分けていただいた双葉葵(右)

福包を作った松平(大河内)伊豆守信古 間部下総守詮勝の次男(中)

伏見錦(左)    今年度は江戸万年青の展示をします。

『古於茂と那よせ』
天保3年(1832年) 幕臣水野忠暁が選び、絵師関根雲停に描かせた。

『古於茂と那よせ』

錦鉢 販売

春 農遊館の展示会

おもとの展示即売あり、引越しおもとや羅紗・鉢・おもと資材など会場には、豊明園即売所もあり、1000円の丈夫なおもとから高級品まで取り揃えています。ご注文ありましたら金曜日までに御連絡ください。

出品協力される方は

2019年度は江戸おもとの展示をしたいと思います。江戸万年青をお持ちの方はご連絡を。

春の展示会はいつもの姿のままの展示をします。素焼き鉢・黒楽鉢・オモトに肥料がのせていても大丈夫です。ただし正面の金屏風に展示していただく品は錦鉢でお願いいたします。

一般参加受付いたします、出品料は無料。 連絡 豊明園まで

春のおもとを楽しむ会 に関するお問い合わせ
連絡先 豊明園 電話  0564-51-4714
Eメール  omoto@houmeien.co.jp

福錦 (ふくにしき)

分類    羅紗系統
作出年代  不明
登録    不明
作出者    坂井寅市 (兵庫県)
命名者    常川保太郎 (愛知県)
登録者    日本萬年青連合会

福錦(ふくにしき) 『お多福』の縞入り。濃緑色の丸葉に縞柄を現す。
性質は強健、繁殖特に良い。柄により価格の差があります。

可愛らしい中型種。「お多福」を元木とした、縞の入る「福錦」。性質は強く、採光・肥料は普通。

福錦(ふくにしき)2年生  丸い葉型に縞柄を現し熨斗芸を見せています。

福錦(ふくにしき)2年生  丸い葉型に縞柄を現し熨斗芸を見せています。

図柄 (ずがら)

   万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸 図柄 (ずがら)

品種 天旭宝(てんきょくほう)
縁の葉の中に白い大小の柄が混ざる白い斑ことを、図柄と言います。
図柄の形はさまざまで、木目の形や網目の形又図柄が流れるように入ったり星の様に見えたりとさまざまな形で見える物です。図柄は白く鮮明に入った物ほど価値が高いです。

葉芸 図柄  品種 残雪(ざんせつ)

境のはっきりとしたモザイク状の白い斑。柄は毎年変わる。絞りを現すことも。

絞り (しぼり)図があることで、葉が絞ったようによじれること。

葉芸 図柄  品種 残雪(ざんせつ)

図(ず)白い大小の斑点状の斑が葉の基部から葉先にかけて現れるもので、この斑が現れると値打ちが数倍、数十倍となり大変喜ばれるが、遺伝性のないキメラ斑である。斑の形状によって木目状に入る木目図、網目状に入る網目図、大小の図が流れるようにつながった流れ図、雪白の図が打ち込まれたように凹凸となった打ち込み図など変化に富んでいる。雪白なものほど上質で、品種によっては血統(性)がある『地球宝』『根岸松の図』『お多福の図』『家宝都の図』など多くの品種がある。

葉芸 図柄  品種 家宝都の図(かほうみやこのず)

図柄の品種
小葉系統 玉雀の図お多福の図長生殿の図寿
獅子系統 輪波獅子
中葉系統 世界の図富士の図雪中の松地球宝根岸松の図
大葉系統 聖紀の誉大観大雪山天旭宝家宝都の図聖光都の図

紺覆輪 (こんふくりん)

万年青の葉芸 斑の種類(柄)


葉芸   紺覆輪(こんふくりん)・青覆輪(あおふくりん)

葉の縁が濃緑色に縁取った物を言う。縞や覆輪が変化してなります。

葉芸   中透け(なかすけ)
葉の中部分が黄色又は白色に抜けている状態を言う。縞が変化しておこります。

葉芸   紺覆輪(こんふくりん)・青覆輪(あおふくりん)
葉の縁が濃緑色に縁取った物を言う。縞や覆輪が変化してなります。通常、紺覆輪と呼ばれ、葉の縁を青く縁どっている斑のこと。

打ち込み柄 (うちこみがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸  打ち込み柄(うちこみがら)・打ち込み斑 品種(三光の松)
細かく斑点のように流れた斑このような物を千代田斑とも言う。
葉の縁、濃紺緑色の部分を青覆輪(紺覆輪)とも言う。

通常、千代田斑と呼ばれている斑の中でも、根岸斑とほとんど同じ斑模様ながら、白地と線状の青斑が凹凸となっているためこの名があり、根岸斑より鮮明どが高く美しい。千代田系に見られる斑で遺伝性がある。

 

葉芸  打ち込み斑(うちこみふ)
品種(三光の松)

半柄 (はんがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸   半柄(はんがら)・半白柄(はんぱくがら) 

品種  錦麒麟(きんきりん)
葉の片側半分が黄色や白くなったものを『半白柄』とも言う。縞や覆輪が変化して葉の片側半分が黄色や白に抜き取ったように入る斑。

半柄  品種 縞柄のおもとにおこりやすい。

葉芸   半柄(はんがら) 品種  錦麒麟(きんきりん)
葉の片側半分が黄色や白くなったものを『半白柄』とも言う。
縞や覆輪が変化してなります。

胡麻斑柄 (ごまふがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸   柄 胡麻斑(ごまふ) 

品種  (鳳)
葉一面に散りばめられたようなこまかくて小さな白又は黄色い斑模様をいう。

葉芸   柄 胡麻斑(ごまふ) 品種 錦明鳳 (きんめいほう)
黄色や白の小さな斑点状の斑が葉全面に入るもので、胡麻を散りばめられたようなこまかくて小さく入ることからこの名がある。この系統の多くは、後ろに『鳳』の字が付けられている物が多い。

胡麻斑 品種
羅紗系統 寿岳萬寿鳳
薄葉系統 錦明鳳天司鳳・金剛錦

 

 

駿河柄 (するががら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸 駿河柄(するががら) 

品種 駿河富士(するがふじ) 9月撮影
濃緑色の葉に白色のちり斑を現す。涼しい場所で管理すると鮮やかさが増す。

 

葉芸 駿河柄 品種 駿河富士(するがふじ) 12月撮影
濃緑色の葉全体に雪白の虎斑が散りばみ美しい。

白斑柄 (しらふがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸   白斑(しらふ)

品種 錦秀の松(きんしゅうのまつ)

葉の色が薄緑色で細かい霧を吹いたような物を言う。

葉芸   白斑(しらふ)
葉の色が薄緑色で細かい霧を吹いたような物を言う。品種 虎額宝(こがくほう)

葉芸   白斑(しらふ)  品種 瀬戸の松(せとのまつ)

根岸斑、打ち込み斑と同様で、よく似ているが冴えや鮮明度に欠けて、やや濁りのある斑という印象となる。根岸斑、打ち込み斑より遺伝性が強く、獅子系など多くの実生品種が作出されている。『美鳳』 『金城の松』などがある。

砂子柄 (すなごがら)

万年青の葉芸 斑の種類 柄

葉芸 砂子柄 (すなごがら)

品種 砂子獅子(すなごしし)
葉の縁から中央の緑に混ざるまでの白い斑ことを、砂子斑と言います。
白と緑の斑が交じり合い砂を散りばめたように見える物です。

葉芸 砂子柄 品種 砂子獅子(すなごしし)

淡い緑色の葉の縁に砂子斑が現れる

葉芸 砂子柄 品種 阿賀野川(あがのがわ) 

白っぽい葉の中央部は帯状の青があり、白地の部分に向けて細かい青砂を吹きかけたように入る斑。『錦王雀』など群雀系の品種に多い。

 

砂子柄の品種
小葉系統 玉雀・錦王雀・瑞雲海豊年雀白鶴楊貴妃
獅子系統 砂子獅子
中葉系統 錦昇龍大王雀
大葉系統 阿賀野川出水の光江戸川