錦慶賀 (きんけいが)

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  明治
登録    昭和 9年
作出者   (愛知県)
命名者   水野淳治郎 (愛知県)
登録者   日本おもと連合会

明治35年、名古屋の石原宗三郎氏の棚で「慶賀」に覆輪が出たもの「慶賀覆輪」これの斑の綺麗な物を「錦慶賀」と命名。
明治40年慶賀覆輪金壱萬円  昭和9年慶賀覆輪登録
細い四方葉に胡麻斑を現わし白覆輪が回る。葉の裏面に立て筋も見せる特徴があります。胡麻斑は鮮明 性質は弱い、裏芸系統。

胡麻斑系。中型種。葉幅やや細く、葉肉やや厚く、淡い黄色みを帯びた大きな胡麻斑が葉全面に散り、これを乳白色の覆輪が縁取っている。葉の裏に折熨斗の芸を現す。性質はやや弱い。繁殖は普通。現在は希少品種。

 

慶賀覆輪 (けいがふくりん)

錦明鳳 (きんめいほう)

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  大正年
登録    昭和 9年
作出者   榊原八曽松(愛知県)
命名者   榊原清一 (東京都)
登録者   日本おもと連合会

『明鳳』の作出者 伊藤林右衛門氏(愛知県)で作出され 大正頃
大正始め水野淳治郎が「明鳳」と名前を付け覆輪の現われた物を
大正8年に覆輪が回り『錦明鳳』と改名された。

葉先は少し丸く一本竜を見せます、波打つ葉に胡麻斑を現す品種。性質は強健で繁殖も良い。胡麻斑の鮮明なものは「桑名性」という。

葉長13㎝、葉幅3㎝内外の中型種。黄白色の胡麻斑で葉先はやや丸く、高い甲竜、深覆輪を現す。葉繰は4~5枚だす。襟組みは整い腰が太い。愛知県の伊藤林右衛門氏で作出され水野淳治郎が買い出し名古屋の榊原八曽松氏に売却、『明鳳』と呼ばれていたが、大正8年に覆輪が回り『錦明鳳』となる。性質は強健で繁殖も良い。

錦明鳳(きんめいほう) 4年生 鉢4.0号 採光を強くし管理、性質は丈夫で作り易い。

錦明鳳(きんめいほう) 4年生 鉢4.0号

錦明鳳の虎(きんめいほうのとら) 4年生 鉢4.0号

錦明鳳に美しい虎斑の現れたもの。

白斑獅子 (しらふじし)

分類    獅子系統
作出年代  昭和 年
登録
作出者   不詳(愛知県)
命名者   不詳
登録者

白斑獅子(しらふじし) 8年生 鉢 5.0号

葉長18㎝、葉幅5㎝内外の白斑系獅子。首元太く、幅広の葉がおおらかに柔らかく巻き込む。白斑は明るい、中に緑色の筋が線のように見せる。

白い斑に巻き込む葉はボリュウムあり、性質は強健で作りやすい。
実付き良い。性質は中、肥料強め。

白い斑が美しく、実も白斑柄を見せます。9月の実、葉と同じ柄を見せています。

白い斑が美しく、実も赤くなります。白い斑の実が12月に入ると実の色が赤くなります。赤の中に斑の柄も見せています。

国の花 (くにのはな)

分類   実親系統 縞柄
作出年代 昭和12年
登録   昭和年
作出者  中島種三郎(愛知県)
命名者
登録者  日本萬年青実生研究会

昭和12年当時優秀な実親として珍重された『錦蝶』(群宝に類似した形)×晃明殿を交配して生まれた。濃紺緑色の葉肉厚く照り葉で葉縁には白覆輪を見せます。『晃明殿』の特徴である櫛目の雅糸竜を現す。

5月13日の写真 『国の花』は花穂が大きいのが特徴 メシベは大きく粘液を非常によく分泌するため交配がしやすい。メシベとオシベの開花期が一致する。両親の優性(竜・しかみ竜・剣・地合い・紺性)等が実生に現れる。最近は獅子系の♂ ♀木として見直されています。

7月3日の写真 実が膨らみ始める

12月19日 写真 実が色づく

仁平大宝×国の花 青海波

麒麟獅子×国の花 獅子王

BO10 (びーおー10)

分類   実親系統 縞柄
作出年代 不明
登録   昭和44年
作出者  小野田敏男 (岡山県)
命名者
登録者  日本萬年青実生研究会

広い葉巾に雅糸竜<甲竜を見せる。羅紗おもとの出る確率が高い。葉肉の厚い実生が生える縞羅紗を作る雄木・雌木に最適。性質は強、肥料強め。

『BO10』は大宝×大判から生まれました。

岡山の小野田敏男氏が大福大宝に大判を交配して 作出した実親。大福大宝は、愛知県の尾崎清 一郎氏の大宝で、大宝のF1だそうです。広い葉に二面があり、葉尺はあまり長くならない。実つきは、大宝より多い。メス木として羅紗が良く生えるがオス木としても評判の良いい実親です。

実が色づく 11月30日

BO10×太陽  鉢外形約10㎝
太陽型実生を狙った交配。葉肉非常にあり、雅糸竜 芸 姿よい
葉巾広く若い縞柄生え1本物

太陽の実生  太陽型の素晴らしい姿を受け継いでいます。今では稀少になり史的な価値もあり価格もあがってきた四海波、青海波、月光などの縞甲系、光陽のように小型縞甲とよばれ、迫力をそのままに羅紗と縞甲の間の大きさになたもの、太陽、萬陽が人気のように、そこから幅広で迫力のある姿をしたもの。歴史的にみても面白いこれらのシリーズですが、この実生はその先の未来を見せてくれるのかもしれません。

より広い葉幅、より丸い葉姿、それでいて太陽の雅糸龍を彷彿とさせる荒々しくも品のある芸。縞も太陽らしく黄色が強く、将来覆輪が回り雅糸龍がのれば、太陽のようなあかるさ、輝きをもって、人を笑顔にするおもとになるでしょう。羅紗の神秘的な芸の奥深さや大葉の雄大さ、太陽型の明るさ、輝く魅力はおもとの美しさですね。

『BO10』の実縞羅紗系の中では実付きが特に良い。

大判 (おおばん)

分類    実親系統
作出年代     昭和初期頃
登録    昭和38年
作出者   生田 肇 (愛知県)
命名者  小島栄太郎 (愛知県)
登録者  小島栄太郎 (愛知県)

『大宝』の実返しを親木にしたものです。濃紺緑色の葉は肉厚く、幅の広い葉にガシ竜、甲竜をのせ、大柄の葉はやや立ちぎみで虎斑が入る場合があります。秋にはほとんど消えてしまうほど後くらみの虎。

銘草『旭翠』(大判×大宝)を生んでいちやく有名になった品種、♀・♂両方に使います。

 

大車 (おおぐるま)

分類   実親系統 縞柄
作出年代 明治34年
登録   昭和年追認
作出者  不詳
命名者  不詳
登録者  日本萬年青実生研究会

細長く伸びた葉にひくくビリを打った二面竜、甲竜をのせます。葉の地肌は櫛目に荒れて、腰の折下げの良い物です。実生は紺地が強く、細葉か中葉にでた葉は地合い良く光沢があり、出世率は最高です。『大車』から多くの銘品を輩出しています。♀・♂両方に使います。

大車 (おおぐるま)  実付きの良い品種。

大車に関係した品種

富貴錦 (出世鏡×大車)  笠置錦(大車×出世鏡)  瑞泉(大宝×大車)

麒麟錦 (大宝×大車) 長生殿・錦玉殿・国光殿・豊綬楽・東亜冠・幸錦・愛玉殿

葉は細長く葉の中にびりをうつ二面竜を見せる。羅紗おもとの出る確率が高い。葉肉の厚い実生が生える縞羅紗を作る雄木・雌木に最適。性質は強、肥料強め。
最近、幾種類もの大車が出てきて何々の大車と呼ばれているようになりました。

羅紗・縞甲系♂♀木に最適
優秀な羅紗を生む実親
初めてのかたでも、ベテランも楽しめる実親
ご自宅にある他の親と交配を楽しんでも面白い

羅紗交配の父ともいわれる大車。華やかな甲竜と気持ち細めで長い葉が特徴の大車。羅紗の素晴らしい木はこの木から生まれたものも少なくありません。葉が長いことから、獅子とも相性がよく、獅子に大車をカケル、またその逆もよくされます。葉が長いからと言って、羅紗が出たときに葉が長いものができるというわけでもなく、葉の詰まった、凛々しい羅紗が生まれます。多くの人がいうには、実付きがよいのも人気の理由の一つ。おもとの種は大きいため、赤い実の中に1~3つの種しかまず入っていません。多くの種を蒔こうと思えば、実をたくさんつければよいので、実の付きやすいこの木は重宝します。どんな実親も気勢がつけばたくさん実をとれますが、ついつい小さいうちに実をつけようと思いがち。まずは気勢第一で、じっくりと実親を育てていきましょう。

琴治大車

実親中の代表品種

江戸時代から、原種の大きなおもとから小さな、かつ葉の厚い羅紗を育種していくことに日本中の実生家が挑戦してきました。原種の大きなおもとの中で、実をまいたとき葉の厚いもの、かつ、小型になるものを選抜しそれが、羅紗の世界の始まりです。

この琴治大車は、琴治を生んだ金子琴治さんが大切にした小型羅紗をはやす実親で、長年の選抜に耐えてきた実親の一級品です。琴治さんの実生は覆輪の回りや葉の厚さ、雅糸龍にとくちょうがあり、他にも琴宝 きんぽう 月光 げっこうなど芸がよく、長く愛されている木が多いです。是非蒔いてみてください!

 

 

 

舞子獅子 (まいこじし)

分類      薄葉系統 獅子系
作出年代    不明
登録    平成40年
作出者   不詳
命名者   渡辺忠武 (福島県)
登録者   渡辺忠武 (福島県)

濃緑色の葉の中央に甲竜を現し、葉にしかみ程度の雅糸竜を現す。角巻きに巻き込む葉はボリュウムあり、性質は強健で作りやすい。実付きも良く実親にしても良い。

舞子獅子(まいこまいこじし) 鉢4.5号 4年生
いつ頃どこで出現したか不明である。葉の中央に甲竜を現し、その外側にしかみ程度の低い雅糸竜を現す。葉芸は角巻に大きく巻き、時に巻き上がる。葉幅が広く獅子の中でも大型種に属する。紺性強く黄金色の縞と乳白色の虎を現す。覆輪、虎の無いものが多い。性質は強健です。採光は普通、施肥はやや強めが良い。

舞子獅子(まいこまいこじし)  3年生  獅子系。中型種。葉はあかるい緑色で、葉幅があり、黄緑色の縞柄が美しく、初夏の頃、新葉に乳白色の虎斑が現れる。虎斑はいわゆるのち暗みで秋には消えてしまう。葉芸は背の高い甲竜、雅糸竜を現し、獅子芸はあまり激しくなく上品。性質は強く。繁殖も良い。来歴早くから福島県いわき市周辺にあったよう。山一芳樹園氏が昭和35年頃縞・虎斑と揃ったよいものを探し出し、育成昭和40年に命名登録される

2月4日立春 舞子獅子 獅子系の根は葉と同じようにカールしています。芋の部分が長いため芋を切り若返らせます。

舞子獅子 芋を切って見ました。切った部分を桑炭を磨り潰した物(ねり炭)を塗ります。下の芋の表面は塗りません。

獅子の花 (ししのはな)

分類      薄葉系統 獅子系
作出年代    昭和31年
登録    昭和41年
作出者   愛知県
命名者   伊藤八郎(福岡県)
登録者   伊藤八郎(福岡県)

獅子の花(ししのはな) 濃緑色の葉に白い柄を見せ低い甲竜を現します。大柄に入る矢筈柄葉の裏から見ると矢羽の模様が良く分かります。性質は強健で作りやすい品種。新芽の伸びる時期に日光を充分に採ると柄が出やすい。

矢筈虎斑を現す獅子。性質は強健で作り易く株立ちになりやすい。出芽の時、午前中の日光を充分当てると柄の白さが増します。濃緑色の葉に白い柄を見せます。葉の裏から見ると矢羽の模様が良く分かります。性質は強健で作りやすい品種です。

獅子の花(ししのはな) 葉幅が6㎝内外と広く、葉肉は厚く濃緑色の地合いで、葉芸は低い甲竜が主体で、独特な二面のビリを現す。巻き方は大きくゆったりと巻く丸巻きで、ボリュウム感あふれる品種。遺伝性のある矢筈虎が本種の特徴で、大柄に入る矢筈虎は純白で美しい。虎が出やすいと言えるが、作り方によっては青くなることもある。新芽の伸びる時期から夏にかけて、直射光を十分に採ることが肝要。性質は強健で、繁殖は良い。採光・施肥ともに十分行って栽培するとよい。

神楽獅子 (かぐらじし) 

分類      薄葉系統 獅子系
作出年代    不明
登録    昭和9年
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

 

神楽獅子(かぐらじし) 4年生 鉢3.5号
矢筈虎斑を現す獅子。性質は強健で作り易く株立ちになりやすい。出芽の時、
午前中の日光を充分当てると柄の白さが増します。矢筈柄をきれいに現すには十分な採光を行うことがポイントで、葉の幅が狭くなりやすいので、採光に見合った肥料を十分に与える。繁殖は良好で株立ちになりやすい。

濃緑色の葉に白い柄を見せます。葉の裏から見ると矢羽の模様が良く分かります。性質は強健で作りやすい品種です。