蓬春 (ほうしゅん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和年頃
登録    不詳
作出者    不詳(愛知県大野)
命名者     (愛知県)
登録者

蓬春 (ほうしゅん)  3年生 鉢3.5号濃紺緑色の葉に折熨斗葉と剣葉を見せます。葉繰りよく丈夫な品種。

大和 (やまと)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和20年頃
登録    昭和47年
作出者    (愛知県)
命名者    服部弘 (京都市)
登録者    服部弘 (京都市)

羅紗地系の中型種。葉は淡い緑色で白い覆輪が深くかかり、葉先に丸みがある。葉芸は背の低い甲竜、二面竜を現し、ときには本剣を出す。性質はやや弱く、繁殖は普通。

濃緑色の葉に深覆輪折り熨斗芸を見せる品種

矢筈獅子 (やはずしし)

分類      薄葉系統 獅子系
作出年代    昭和年
登録
作出者   不詳 (愛知県)
命名者   不詳 (愛知県)
登録者   不詳 (愛知県)

矢筈獅子(やはずしし) 5年生 鉢5.0号
濃緑色の葉に白い柄を見せ低い甲竜を現します。大柄に入る矢筈柄葉の裏から見ると矢羽の模様が良く分かります。性質は強健で作りやすい品種です。実付きも良いです。

矢筈獅子(やはずしし) 2年生 鉢3.3号

濃緑色の葉に白い柄を見せ大柄に入る矢筈柄葉の裏から見ると矢羽の模様が良く分かります。性質は強健で作りやすい品種。新芽の伸びる時期に日光を充分に採ると柄が出やすい。

八重錦 (やえにしき)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和15年頃
登録
作出者  不詳(愛知県西尾市)
命名者   小林秀暢 (愛知県)
登録者   (愛知県)

八重錦(やえにしき) 4年生 3.8号鉢  羅紗地系の中型種。葉は濃い緑色。葉肉厚く、地合いは柚子肌。葉芸は甲竜、雅糸竜を現し、本剣、鈴虫剣を出し、折熨斗の縁にビリを打つ。性質・繁殖ともに普通。

八重錦(やえにしき) 4年生 3.8号鉢

八重錦(やえにしき) 3年生 3.8号鉢

 

豊年雀 (ほうねんじゃく)

分類    薄葉系統  群雀系
作出年代  昭和35年頃
登録    昭和年
作出者   豊明園 (愛知県)
命名者   豊明園 (愛知県)
登録者

豊年雀(ほうねんじゃく) 4年生 鉢 3.3号
昔からの小型品種 雀芸を楽しむ。『群雀』(ぐんじゃく)  葉の先端に白く雀のくちばし状のように見える葉。成長すると小さくなります。先端の白く膨らんだ部分の葉を言います。

豊年雀(ほうねんじゃく) 4年生 鉢 3.3号
砂子斑が美しく、雀芸はぷくっとしていて愛嬌がある
富久雀よりも球に近い雀芸。良く殖え作りやすい。

濃緑色の葉に砂子斑を現し葉に白い虎斑を見せる。葉の先部分、雀のくちばしに似ているところを現した品種を群雀と呼びます。性質は強健で作り易い。

富久雀 (ふくすずめ)

分類    薄葉系統  群雀系
作出年代  昭和35年頃
登録    昭和年
作出者   豊明園 (愛知県)
命名者   豊明園 (愛知県)
登録者

福を呼ぶおもと  富久雀(ふくすずめ) 3年生  鉢3.5号
濃緑色の葉に砂子覆輪を現します。性質は中、作り易く株立ちになりやすい。葉の先端に白く雀のくちばし状のように見える葉(雀芸)を見せまる可愛らしいおもと。

出芽の時期、葉先部分、雀のくちばしに似ているところを現した品種を群雀と呼びます。  岩付けに最適品種。用土は矢作砂・伊勢砂の小粒を好みます。少し細かめな砂に腐葉土2割混ぜた用度にして作ると良できます。

萬世の光 (ばんせいのひかり)

分類    大葉系統  曙系
作出年代  昭和年
登録    平成  1年
作出者    不明 (鹿児島県)
命名者    宮本松太郎 (鹿児島県)
登録者

 

広い葉幅に曙柄と縞柄を見せる。性質は強く作りやすい品種。

大型種で農緑色の葉に卵色の曙色現す。性質は強健で作りやすい品種。採光を強く採ると写真のような色に出来上がります。又日光が不足する場合緑の葉が多くなります。露地植え可 実付き良い品種。

武州 (ぶしゅう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和50年頃
登録    平成19年
作出者    根本武男 (茨木県)
命名者    酒井英明 (茨木県)
登録者    大野仁・高田徹雄 (千葉県)

武州(ぶしゅう) 3年生 鉢 3.5号 葉長10㎝、葉幅5㎝内外。丸型の愛嬌のある立ち葉の容姿は個性的で魅力がある。力強い葉肉厚く荒々しい雅糸竜を見せます。性質は丈夫で採光は強めにすると芸が激しくなり、全体に魅力的な形に仕上がります。施肥は多め繁殖は芋吹き。

白鳳獅子 (はくほうじし)

分類    獅子系統
作出年代  不明
登録    平成7年
作出者  不詳
命名者   酒井英明 (茨城県)
登録者   神谷辰之助 (福井県)

白鳳獅子(はくほうじし) 4年生 鉢 4.0号 白斑の葉は幅広くゆったりと大きく葉巻きします。白虎が大柄に現れます。性質は強く子上しやすい品種。

鳴門の松 (なるとのまつ)

分類    薄葉系統   千代田系
作出年代  昭和49年
登録    昭和63年
作出者    原重太郎 (長野県)
命名者    原公一  (長野県)
登録者    原公一  (長野県)

鳴門の松(なるとのまつ) 5年生 鉢 13.5cm(4.5号)  葉長20㎝、葉幅2㎝内外濃紺緑色の覆輪 葉の全面を千代田斑が覆い。雅糸龍・玉龍を見せる。葉先はとがり、採光を強くして栽培すると葉巾は広くなり見ごたえのある姿を見せる。子上の良い品種性質も強いい採光 強~中施肥 強~中繁殖 普通 葉繰り 普通 4~5枚

縞甲千代田の良さを見せつける。玉雅糸龍が魅力。千代田斑鮮明で美しい、姿よく、華やか素晴らしい木。丈夫、千代田の中でもこれほど、雅糸龍強い品種はない。堂々とした姿、今でこそ非常に優しい、買いやすいものになっていますが、千代田で、ここまで強い雅糸龍がのり、玉竜までみせてくれるこの品種が、この値段なのはありえないことです。特に初心者から玄人まで魅了する濃紺の地肌は鳥肌がたつほど美しい。おもとを楽しむ人ならではの、侍が楽しんだおもとの魅力です。

鳴門の松(なるとのまつ)  雅糸龍・玉雅糸龍が魅力