富貴殿 (ふうきでん)

分類    羅紗系統
作出年代  大正初年
登録    昭和9年
作出者    古橋善造(愛知県)
命名者   大辻久一郎(京都府)
登録者    日本萬年青連合会

富貴殿(ふうきでん) 6年生 3.8号鉢  昭和9年に発行された日本萬年青連合会の第1号銘鑑から記載されている。中型種。濃緑色の地は艶消しで、葉長10㎝、葉幅は1㎝内外。覆輪が深く、葉先にかけてよく折り下げる。芸としては甲竜の葉ぐらいである。樋葉の細長い葉は年に7~8枚葉繰りし、腰太く襟組み良く、葉を重ねた容姿は乱れず、美しい品種である。古くは『湖上の月』ともいわれていたという。繁殖は普通。採光・施肥は強め。

濃緑色の艶消し地で葉繰りが良く姿の乱れない美しい品種。
性質は強健で作りやすい品種。

富貴殿(ふうきでん) 3年生 3.5号鉢 あっさりとした葉。細葉で、整った姿が楽しめます。細葉の品種は、葉が細い分、葉数が多く、そのため葉姿が整いやすいですね。年に4~8枚ほど葉がでます。葉先が少し垂れます。

富貴殿(ふうきでん) 4年生 3.5号鉢

天嶺 (てんりょう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和 20年頃
登録    昭和56年
作出者   河内自徳(愛知県)
命名者   江田進(東京都)
登録者    日本おもと業者組合有志

天嶺(てんりょう) 6年生 鉢3.8号  昭和24年頃、作出者が大阪府の大川朝生氏に納めたことから、長い間『大川実生』と呼ばれて珍重された。その後、京都の専門店を経由して香川県の溝渕寿吉氏え納入され、昭和30年に覆輪が完成した。羅紗系の中型種。葉は濃緑色の緻密で柔らかな肌で、白覆輪が深く現れる。腰折れ良く、葉先へかけて折り下げる。厚い熨斗葉と雅糸竜に魅力があり、まれに剣葉を現す。変化の多い芸と葉姿は重厚で、味わい深いものがある。性質は強健だが、子上げは少ないので、芋吹きで殖やすと良い。

天嶺(てんりょう) 3年生 鉢3.8号 濃紺緑色の葉に芸を見せ始める。

天嶺(てんりょう) 6年生 鉢3.8号
濃緑色の厚い葉に雅糸竜、甲竜、のし葉を現す。腰太の重量感ある姿になります。繁殖は芋吹き、性質は強健で作りやすい品種です。

 

斑鳩 (いかるが)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和34年
登録    昭和年
作出者    前田茂弘(愛知県)
命名者    江田進 (神奈川県)
登録者     (愛知県)

中型種。『大宝』×『晃明殿』の交配で生まれる。柔らかい緑色の葉は立ち葉性で、葉先鋭く葉芸は粗い雅糸竜を現し、時折り葉裏に裏芸琴糸をだす、若いうちは筒葉の様相を現しがちである。採光は強めに、肥料は普通、繁殖は良いが現在は見かけなくなってきました。

来歴 前田茂弘の出。『最晃閣』と実兄弟と言われていた。36年に3才であった。水野豊明園→北海道畠氏→服部弘氏→榊原八郎→江田進氏と殖え木が分譲され、江田氏が命名する。

東三宝(あづまさんぽう) 

分類    羅紗系統
作出年代  昭和初期
登録    昭和54年
作出者   岡田和吉 (愛知県)
命名者   溝渕寿吉 (香川県)
登録者   溝渕寿吉 (香川県)

東三宝(あづまさんぽう) 4年生 鉢 3.8号  中型種。独特の光沢ある葉は紺性が特に強く、葉肉があり、葉先が鋭く尖り葉に力がある。葉幅も広く首元の太い力量感のある、気品の高い品種である。盛り上がる雅糸竜を葉面一杯に現し、剣葉、鈴虫剣をあらわしても葉姿は崩れることはない。葉姿は中型種の中でも均整がとれ、片繰りすることはない。整然とした雅糸竜は独特であり、人気の長さもうなずける。性質は普通だが、子上げ・芋吹きともに良く、採光は強めで、施肥は普通である。


紺性の強い葉は葉肉があり葉先鋭く尖る。雅糸竜、剣葉、鈴虫剣を現わす。性質は強く作りやすい品種。

奈良錦 (ならにしき)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和20 年頃
登録    昭和23年
作出者    不詳 (愛知県)
命名者    留永金兵衛 (愛知県)
登録者    河内自徳 (愛知県)

奈良錦(ならにしき) 4年生 鉢 3.5号 葉長7㎝、葉幅3㎝内外の中型種。首元が太く、腰折れの良い中立ち葉の容姿に、葉先は丸止めになる。地合いは粗れ地で、深い覆輪がかかり、熨斗葉、甲竜を主体にした葉芸は、年とともに雅糸竜、跳ね竜、玉竜など多彩な芸を現し、個性的で作り込む楽しみがある。性質は丈夫で作りやすく、繁殖も良い。採光は強めで良い。作出後かなり年数がたつが、最近全国的に数が少なく、価格的に割安なため、じっくりと作り込むマニアにお勧めしたい。

葉肉の厚い葉に折り熨斗葉と剣葉・跳ね竜を見せる。
性質は強い中型種。

能登 (のと) 

分類    羅紗系統
作出年代  昭和年頃
登録    平成5年
作出者     (愛知県)
命名者   (愛知県)
登録者

能登(のと) 3年生 鉢 4.0号

濃緑色の葉に雅糸竜と盛り上がる玉を見せる。

性質は強健品種。

 

白麟 (はくりん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和10年頃
登録    昭和年
作出者    (愛知県三河)
命名者    水野淳治郎 (愛知県)
登録者     日本萬年青連合会

白麟(はくりん) 4年生 鉢 3.8号  葉長13㎝、葉幅5㎝内外。白い粉を吹いたような濃紺緑色の地に白覆輪で覆う。滑らかな感じの地合い。幅広でありながら葉先は急に尖る。高い甲竜、熨斗葉、本剣、鈴虫剣を現す多芸品。剣葉は多く出るが、片繰りになることがない、採光は強め、施肥を弱めにする。性質は少し弱い品種。

昭和10年頃、大分県中津市の浜野義次氏が数本繁殖していた実生。

天童 (てんどう)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和40年
登録    昭和61年
作出者     森嶋豊一  (愛知県幡豆郡)
命名者     牧野博  (埼玉県)
登録者     牧野博  (埼玉県)

 

中型種。実生の収集家として有名であった小田井律樹氏が培養し始めての子を登録者に棚割りした。その後順調に殖えて命名した。全体の葉姿と若きの頃の愛嬌あるところが、その名の由来である。艶消し地の粗れ地で、白い覆輪がその輪郭を鮮明にする。熨斗葉、雅糸竜、鈴虫剣、剣葉などを現す。性質は強健、繁殖は芋吹きによって殖やす。

天童(てんどう) 芋吹き2年目 鉢3.0号 濃緑色の葉に熨斗葉、二面竜を見せ、薄い覆輪を現す。

天童(てんどう) 3年生 鉢3.3号 覆輪が深く入り熨斗葉の芸も一段と厳しく見せる。

天祐冠 (てんゆうかん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和23年頃
登録    昭和年
作出者     (愛知県)
命名者    水野淳蔵 (愛知県)
登録者  

天祐冠(てんゆうかん) 6年生 鉢 3.5号

葉長7㎝、葉幅1.7㎝内外。細葉の中型種。二筋の高い竜は葉先まで伸び、葉先で跳ね返る。折り葉の竜頭は粗い波をうつ。葉面にこんにゃく玉の表のような凹みがあり、地質は堅い感じ、葉先は尖らず、白い覆輪が鮮明である。中立ち葉。

天竜(てんりゅう) 

分類    羅紗系統
作出年代  昭和年
登録    昭和年
作出者    不詳 (愛知県)
命名者     不詳()
登録者     ()

天竜(てんりゅう) 4年生 鉢 3.8号

濃緑色の葉に折熨斗、雅糸竜を現し葉の縁にビリを見せます。垂れ葉の葉姿は優美さを感じさせます。性質は強健、繁殖は芋吹き法