秋の管理

おもと秋の管理

寒さ暑さも彼岸まで、とはよくいったもので9月下旬になってようやく秋の管理にステッチできるようになります。 おもとは1年中楽しめますが、本年の葉がでそろう秋が最も充実し美しい時期になります。また植え替えに適した季節であり、新しい環境に順応しやすいため、おもとを買い入れるのにも良い季節のひとつだといえます。

首元や根が砂利の表面から出ていたり、水はけが悪くなっていたら、10月前後に植え替え、砂足し(おもとが成長して上に上がってきた時、砂を足して新根を隠す。増し土)を行います。根や芋の様子を確認する意味でも1~2年に1度を目安に植え替えましょう。植え付け用土は伊勢砂(朝明砂)・矢作砂・軽石・富士砂などを基本に、各々の作場環境や管理方法に合うようにアレンジしていきます。こまめに水やりの出来る方は水はけのよぃ用土で植え付け、乾きやすい環境や水やりの少ない方は水持ちの良い混合土などで植えておいたほうが管理しやすくなるでしょう。ご自分のお棚で芸も良く、葉数も多い、展示会に出品したいと思うような木があればその木だけは展示会の1週間ほど前に錦鉢に植え替えするようにしてください。植え替えの刺激と環境の変化で下葉が落ちてしまうことがあります。

置き場所

夏の間遮光していた寒冷紗はまだ付けたままにしておきます。地域にもよりますが、寒さを感じるようになる11月までは日中の強い日射しは避け、朝の柔らかい光で作っていたほうが安心です。また、この時期は台風等の接近で強風が吹くことがあります。葉を大きく揺すられたり、鉢を倒されてしまわないように注意しましょう。風を除けられる場所に避難させる場合、日頃から金枠に入れて管理すると移動がらくです。

 

水やり

残暑が終わり、彼岸を過ぎた秋の生育期になると葉や根が伸びる季節ですから水も欲しがります。鉢がよく乾くようになったら、春と同じく根どまりしないよう、朝か夕の涼しい時期にしっかりと水をやります。

肥料

9月下旬になり、暑さが落ち着いてきたら肥料を与えます。春同様に鉢縁に有機質の玉肥を置くほかに、ワラ灰のアク汁(ワラ灰約10gに水10リットル)を2回与えます。ワラ灰に含まれるカリ分によって根や芋が丈夫になります。

病害虫対策

まだまだ病害虫に油断はできません。夏の猛暑時よりも幾分涼しくなった秋に病害虫がみられます。春同様にベンレートなどの殺菌剤やオルトラン粒状剤を活用し予防に努めましょう。