おもとの錦鉢








手に持っている鉢が錦鉢 にしきばち
植えてある華やかな縞獅子にあう
豪華な錦鉢
六角帯吉祥万年青錦鉢

縁起ものにふさわしく、青海波、七宝、亀甲など
祝い尽くしで装飾され、色使いも華やか。
金も金箔をはってあり、
結婚式やお正月、長寿のお祝いにぴったり。








おもとの錦鉢について

錦鉢 にしきばち


江戸時代から続く伝統的な“楽焼”でつくられている

彩色も美しく、特に素晴らしい物は金や銀、赤など色の数だけ窯に入れることもある。

茶道で有名な楽焼なので、1200℃の高温で焼き、それを一気に水の中に入れる急熱急冷という方法で焼いていて、それがガラス質の釉薬に細かなカンニュウを沢山つくり、通気性のよい鉢が出来上がった。
特に、1200℃で焼くことで色が現れる黒に味があり、
“黒楽”として時間がたってより美しさが際立つ黒です。


どの錦鉢も、すべて日本の職人が長い時間をかけて造った1点物(One off 一点品)ということは特筆に値する。

どの鉢も作者の味、人間味がでるような幾何紋や動物絵で
上の鉢のような華やかな物から、落ち着いたシックなものまで様々。

細かなところまで見ていくと、錦鉢の絵はどれもイッチンの絞り出しの技法で
作られているものが多く、繊細な凹凸、また、ダイナミックな凹凸を
作品に合わせて使っています。



使い方は鉢植えに使うことも、鉢自体を美術品として飾っておくことも、中にコップを入れて花瓶として使うこともできます。

日本では植物を植えて育てるとき、また、床の間や玄関などに飾りたいときにこの錦鉢に植え、ドレスアップして飾ります。育てることを念頭に置いているので、下に大きな穴が開いていて、通気性は抜群です。

その美しさから、多くの人が錦鉢の飾り棚をこしらえて
おもとを植えてないときでも、それで観賞する人は多いです。





























第16回おもとを楽しむ会
    三河おもと同好会主催
日時 29年4月15日(土) 展覧時間午前9時~午後5時
       4月16日(日) 展覧時間午前9時~午後4時
会場 おかざき農遊館 展示室
    愛知県岡崎市阿知和町字乗越12番地
        電話 0564-46-4700

大会事務所 豊明園
        電話 0564-51-4714

両日とも、先着10名様、おもとプレゼント!


一般のかたも自由に参加できます
参加出品される方は豊明園4月10日までに連絡お願いします




おもとについて

おもとの豊明園



萬年青の栽培
 
おもとの豊明園(ほうめいえん)
 
他の記事もついつい見入ってしまう記事ばかり
こちらで立ち読み出来ます
趣味の山野草 栃の葉書房
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/sanyaso_top.html
 
 
 
《山野草マニアックス vol.26》 別冊 趣味の山野草
出版社 栃の葉書房
P93から102まで 豊明園(ほうめいえん) 水野雅章
おもと協会青木会長 久能山東照宮
静岡おもと大会 新潟赤塚おもと美術品評会
 
 
《趣味の山野草4月号》に、おもとのコラム『おもとのもと』第23回目の連載
今回は、【太陽】水野豊隆
趣味の山野草 栃の葉書房
http://www.tochinoha-shobo.com/sanyaso/sanyaso_top.html
 

1日1回のクリックが励みになります^^

淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」
http://www.kisekinohoshi.jp/



花と緑のある暮らし
「温故知新―美意識が生んだ日本の伝統園芸―」
オモト・・・2016年 9月24日(土)~10月7日(金)

万年青栽培の歴史は300年とも400年以上とも言われます。江戸時代は主に大名のもとで栽培が行われていました。

元禄から享保のころより、栽培がある程度一般庶民にも広がったようです。文化文政のころには、縞や矮性のものも栽培されるようになりました。
盆栽・・・10月8日(土)~11月13日(日)
古典菊・・・10月29日(土)~11月13日(日)





ワラ灰
しっかりやりましょう。
K(カリ分)の補給にもなり、
根芋が強くなり、病害虫にも強くなります。




第16回萬風展記念帳
5000円
萬風展全出品作品326点
昨年の名品展特別最優等57点
第19回萬遊会全出品作品160点
スナップ写真
ソフトカバー、オールカラー
素晴らしいコメント付き

送料1冊100円(クロネコメール便)
      360円(レターパック)





徳川家康公も実を付けて楽しんだおもと
400年前の寺社に実付きのおもとが沢山残っています
是非楽しんでください
静岡 久能山東照宮



国宝 久能山東照宮の石の間
桐の花に舞い降りる、飛び立つ鳳凰の上に
実付きのおもと かえるまたの中
かえるまたには徳川の三つ葉葵が

久能山東照宮
422-8011
静岡県静岡市駿河区根古屋390




江戸のおもと彫刻 三峰神社


徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社

おもとの彫刻 久能山東照宮   福岡 英彦山神宮
京都 北野天満宮摂社 地主神社





おもとのご質問
メールでご質問いただきますと、
こちらでお答えいたします。
メール omoto@houmeien.co.jp




久能山東照宮
おもとの彫刻
岡崎 六所神社のおもとの彫刻
江戸時代

国宝 久能山東照宮のおもとの彫刻

桐と鳳凰の上におもとが彫られています

徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
『始めよう伝統園芸おもと』の本
おもとの豊明園 引越しおもと 趣味者のおもと
http://www.houmeien.co.jp/

鉢とおもとの裏表

おもとについて
おもと通信販売
引越しおもと1
Omoto English
万年青 品種紹介
おもと 品種紹介2
万年青
おもとを楽しむ
2016/12